基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方

【Photoshop基本操作】レイヤーは、Photoshop の中心的な役割を果たす大変重要な機能です。オブジェクトの配置を自由に移動できるほか、レイヤー同士を透かしたり混ぜ合わせてみたり、さまざまな方法で表現できる描画モードを持っています。まずは [レイヤー] パネルの基本的な操作を知ることから始めましょう。



時短技をマスターしよう!
レイヤーの操作は、そのほとんどが [レイヤー] パネルに集約されています。レイヤーの選択や重ね順などを、サムネールで確認しながら直感的に操作できます。頻繁に使う機能だからこそ、ショートカットキーも多く割り当てられています。何よりも先に、[レイヤー] パネルを使いこなせるようになりましょう。

レイヤーとは?

レイヤーとは、画像のパーツを層に分ける「透明シート」のようなものです。画像を含まない部分では、背面のレイヤーが透けて見えます。
レイヤーの概念図
レイヤーの概念図
[Photoshop] 操作パネル
[Photoshop] 操作パネル
レイヤーに含まれる画像や、レイヤーマスク、レイヤーグループなどを視覚的に管理できるのが [レイヤー] パネルです。
[レイヤー] パネル
[レイヤー] パネル
レイヤーパネルの表示
画像を開く、またはドキュメントウィンドウを選択すると、[レイヤー] パネルにそのドキュメントの内容 (レイヤー構造) が表示されます。画面の構成に [レイヤー] パネルがない場合は、[ウィンドウ] メニューから、[ワークスペース] → [初期設定]、または [レイヤー] を選択します。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】基本がわかる!レイヤーの使い方
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

レイヤーの選択

すべての操作は、レイヤーを選択してから行います。クリックしたレイヤーサムネールは、アクティブ (反転または強調) 表示され、現在の選択レイヤーであることを示します。
初期の選択レイヤー → レイヤーをクリックして選択

選択レイヤーの切り替え

選択レイヤーを切り替える場合は、[option (Alt)] + []] キーで前面へ、[option (Alt)] + [[] キーで背面へ切り替えることができます。
[option (Alt)] + []] キーで前面へ → [option (Alt)] + [[] キーで背面へ

レイヤーの自動選択

[ツール] パネルで、[移動ツール] を選択、または [V] キーを押して、ドキュメント内で選択したいレイヤーオブジェクト (塗りの部分) を [command (Ctrl)] + クリックします。すると、ドキュメントでクリックしたオブジェクトのレイヤーが選択されます。
[移動ツール] を選択 → 一時的な [自動選択] の有効を確認
オブジェクトを[command (Ctrl)] + クリック
オブジェクトを [command (Ctrl)] + クリック
これは、オブジェクトをクリックすると、レイヤーが自動的に選択される機能を一時的に使用したもので、オプションバーの [自動選択] は、一時的に有効 (チェックマークが入った状態) となります。
ほかのレイヤーが選択されている → ドキュメントでクリックしたレイヤーを選択
[自動選択] は無効にしておく!
初期設定時の [自動選択] は、無効 (チェックマークが外された状態) になっています。通常の作業では、誤って他のレイヤーを選択してしまうかも知れないので、必要な場合はショートカットキーで操作するようにしましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーの表示 / 非表示

レイヤー内容を一時的に見えなくすることができます。表示 / 非表示の設定と解除は、[レイヤーの表示 / 非表示] をクリックして行います。この場合、レイヤーを選択する必要はありません。[レイヤーの表示 / 非表示] をクリックすると、目のアイコンが消えて、現在、このレイヤーが非表示されていることを示します。
[レイヤーの表示 / 非表示] をクリック → 目のアイコンが消える
レイヤーの表示 → レイヤーの非表示
レイヤー内容を変更できない!
非表示のレイヤーは、アクティブレイヤーにしても、[画像ピクセルをロック]、[位置をロック] と同様で、レイヤー内容の変更ができません。

ほかのレイヤーをすべて非表示

[レイヤー] パネルで、表示したいレイヤーの [レイヤーの表示 / 非表示] を [option (Alt)] + クリックします。一回のクリックで、ほかのレイヤーをすべて非表示にすることができます。レイヤーの表示を元の状態に戻すには、同じ操作を繰り返します。
[option (Alt)] + クリック → ほかのレイヤーをすべて非表示
ほかのレイヤーをすべて表示→クリックしたレイヤーだけが表示される

ほかのレイヤーをすべて表示

複数の非表示レイヤーをすべて表示したい場合は、[control] キーを押しながらクリック、または右クリックしてコンテキストメニューを表示し、[ほかのレイヤーをすべて表示 / 非表示] を選択します。
コンテキストメニューを表示
コンテキストメニューを表示

新規レイヤーを作成

新しいレイヤーを追加することを [新規レイヤーを作成] といいます。新規レイヤーの作成方法には、用途によりさまざまなアプローチがあります。基本的には、[レイヤー] パネルの [新規レイヤーを作成] をクリックすれば、すばやく作成できます。
[新規レイヤーを作成] をクリック → [レイヤー 1] の作成を確認
コピー&ペーストもポピュラー!
新規レイヤーの作成は、ほかのドキュメントからオブジェクトをコピー&ペーストしたり、[レイヤー] パネルからレイヤーをドラッグ&ドロップする方法もポピュラーです。
コピー&ペーストで新規レイヤーを作成する場合は、コピー元のオブジェクトに選択範囲を作成し、[command (Ctrl)] + [C] キーを押してコピーします。ペーストするドキュメントをアクティブ状態にして、[command (Ctrl)] + [V] キーを押してペーストします。選択レイヤーの前面に画像がペーストされるので、配置したい層のレイヤーを選択しておきましょう。

[新規レイヤー] ダイアログの表示

[新規レイヤー] ダイアログを表示したい場合は、[shift] + [command (Ctrl)] + [N] キー、または [新規レイヤーを作成] を [option (Alt)] キーを押しながらクリックします。
[新規レイヤーを作成] を [option (Alt)] + クリック
[新規レイヤーを作成] を [option (Alt)] + クリック
[新規レイヤー] ダイアログでは、レイヤー名や描画モードなどをまとめて設定できます。
[新規レイヤー] ダイアログ
[新規レイヤー] ダイアログ
レイヤー名
作成するレイヤーの名前を入力します。名前を入力しない場合は、「レイヤー 1」、「レイヤー 2」、「レイヤー 3」…のように自動設定されます。
下のレイヤーを使用してクリッピングマスクを作成
チェックマークを入れると、これから作成するレイヤーが、下 (背面) のレイヤーの塗り部分だけに影響を与えます。
描画モード
作成するレイヤーの描画モードを設定します。初期設定は [通常] が設定されています。
カラー
[レイヤー] パネルでレイヤーを見分けやすくするカラーラベルを選択します。初期設定は「なし」が設定されています。
不透明度
作成するレイヤーの不透明度を設定します。初期設定は [100%] が設定されています。
[新規レイヤー] ダイアログの設定ができたら、[OK]をクリックします。すると、設定した名前のレイヤー (透明ピクセル) が作成されます。
新しく作成されたレイヤーを確認
新しく作成されたレイヤーを確認
レイヤーが表示されない?
ほかのドキュメントから、オブジェクトをドラッグ&ドロップした場合、新しいレイヤーはちゃんと最前面で作成されているのに、表示されるはずの画像が表示されないことがあります。これはドロップ時の座標が適切でないために起こるもので、オブジェクトがカンバスの外側に配置されている可能性があります。そんな時は、[移動ツール] の [整列] を利用しましょう。
まず、[command (Ctrl)] + [A] キーを押して、すべてを選択します。[ツール] パネルから [移動ツール] を選択し、オプションバーで、[垂直方向中央揃え]、[水平方向中央揃え] をそれぞれクリックします。すると、カンバスの中央にオブジェクトが移動されます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

レイヤーを削除

[レイヤー] パネルで、削除したいレイヤーを選択し、[レイヤーを削除] をクリックします。
[レイヤーを削除] をクリック → レイヤーの削除を確認
すると、「(選択中の)レイヤーを削除しますか?」というアラートが表示されます。レイヤーを削除する場合は、操作を再確認するためアラートを表示させます。[はい] をクリックします。
[Adobe Photoshop] アラート・[はい] をクリック
[Adobe Photoshop] アラート・[はい] をクリック

アラートを表示させずにレイヤーを削除

アラートを表示させずにすばやく削除するには、[レイヤー] パネルで、削除したいレイヤーサムネールを [レイヤーを削除] へドラッグ&ドロップします。すでに選択しているレイヤーの場合は、[delete] キーを押すと削除できます。
[レイヤーを削除] へドラッグ&ドロップ → レイヤーの削除を確認

複数のレイヤーを同時に削除

複数のレイヤーを同時に削除したい場合は、[command (Ctrl)] キーを押しながら複数のレイヤーを選択し、[レイヤーを削除] へドラッグ&ドロップ、または [delete] キーを押します。
[レイヤーを削除] へドラッグ&ドロップ → レイヤーの削除を確認

レイヤーを複製

[レイヤー] パネルで、複製したいレイヤーサムネールを [新規レイヤーを作成] へドラッグ&ドロップします。すでに選択しているレイヤーの場合は、[command (Ctrl)] + [J] キーを押すと複製できます。
[Photoshop] 操作パネル・素材画像を開く

[レイヤーを複製] ダイアログの表示

[レイヤーを複製] ダイアログを表示したい場合は、[option (Alt)] キーを押しながら、[新規レイヤーを作成] へドラッグ&ドロップします。[レイヤーを複製] ダイアログでは、新規名称やドキュメントなどが設定できます。
[新規レイヤーを作成] へ [option (Alt)] + ドラッグ
[新規レイヤーを作成] へ [option (Alt)] + ドラッグ
[レイヤーを複製] ダイアログ
[レイヤーを複製] ダイアログ
複製元
[レイヤー] パネルで選択、または [新規レイヤーを作成] へ [option (Alt)] + ドラッグ&ドロップしたレイヤー名が表示されます。
新規名称
複製されるレイヤーの名前を入力します。名前を入力しない場合は、複製元と同じ名前、保存先が同じ画像(ドキュメント)の場合は、「〜のコピー」が自動設定されます。
ドキュメント
現在、開いている画像 (ドキュメント) から保存先を選択します。[新規] の場合は、新規で作成する画像 (ドキュメント) の名前を入力します。名前を入力しない場合は、「名称未設定」が自動設定されます。
コピー&ペーストでもレイヤーは作成される!
他のドキュメントから画像をコピー&ペーストしたり、ドラッグ&ドロップしたりすると、新規レイヤーは自動的に作成されます。

レイヤー名の変更

[レイヤー] パネルで、レイヤー名をダブルクリックします。すると、テキストボックスがアクティブ状態になります。新しいレイヤー名を入力します。入力できたら、[enter] キーを押して確定します。
レイヤー名をダブルクリック → 新しいレイヤー名を入力
CS 5 ではプロパティを表示!
バージョン CS 5 の場合は、[option (Alt)] + ダブルクリックで、[レイヤーのプロパティ] ダイアログを表示することができます。

レイヤーのロック

誤って操作しないように、選択したレイヤーの内容をロックできます。ロックの設定と解除は、[レイヤー] パネル上部の [ロック] をクリックして行います。ロックされているレイヤーには鍵のアイコンが表示されます。ただし、[背景] だけは例外で、最初から [位置をロック] が設定され、[ロック] では解除できません。
レイヤーのロック
レイヤーのロック
ロック
透明ピクセルをロック
レイヤーの透明部分を変更、追加できないようにします。
画像ピクセルをロック
ペイントツールでピクセル部分を変更、追加できないようにします。
位置をロック
カンバス、アートボードに対して、[移動ツール] などでレイヤー内の位置を移動できないようにします。
アートボードの内外への自動ネストを防ぐ
自動ネスト (入れ子構造) を無効にし、アートボード間でのドラッグ&ドロップによる要素の移動を防ぎます。
すべてをロック
[透明ピクセルをロック]、[画像ピクセルをロック]、[アートボードの内外への自動ネストを防ぐ]、[位置をロック]、すべてをロックします。
レイヤーのサイズ変更は?
レイヤーの領域はカンバスの外側にも存在しているので、[カンバスサイズ] のように、個別の「レイヤーサイズ」を変更することはできません。しかし、ほかのドキュメントからオブジェクトをコピー&ペーストしたときなど、カンバスの外側にはみ出しているレイヤーをカンバスサイズ内に小さくしたい場合は多くあります。これはオブジェクトを拡大・縮小する「変形」の操作になります。
変形の操作は、[command (Ctrl)] + [T] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。カンバスの外側の画像を削除したい場合は、[command (Ctrl)] + [A] キーを押してすべてを選択し、[イメージ] メニューから、[切り抜き] を選択します。すると、切り抜いたピクセルを削除し、レイヤーオブジェクトの領域がカンバスサイズ内だけに限定されます。

背景を削除

[背景] は、必ずレイヤーの最背面にあって、台紙のような働きをする特別なレイヤーです。[背景] が選択されている場合は、各設定項目がグレー表示になり設定できません。レイヤーが [位置をロック] されているので、[移動ツール] などで画像を移動することができません。
他にレイヤーがあれば、[背景] を削除することができます。[レイヤー] パネルで、[背景] を [レイヤーを削除] にドラッグ&ドロップ、または [delete] キーを押します。[背景] を削除すると、画像 (ピクセル) のない箇所に透明部分ができます。
[レイヤーを削除] にドラッグ&ドロップ → [背景] が削除される
[背景] を削除する前のドキュメント → 画像がない箇所に透明部分ができる
透明部分の表示をカスタマイズ!
レイヤーの透明部分は、チェッカー模様のグリッドカラーで表示されます。グリッドカラーの変更は、[Photoshop (編集)] メニューから、[環境設定] → [透明部分・色域] を選択します。

背景からレイヤーへ

[レイヤー] パネルで、[背景] レイヤーサムネールを [option (Alt)] キーを押しながらダブルクリックします。すると、[背景] を「通常」のレイヤーへ変換することができます。初期設定のレイヤー名は「レイヤー 0」です。[レイヤー] パネル上部の各設定項目が表示され、通常のレイヤーと同じ設定や操作ができるようになります。
[背景] を[option (Alt)] + ダブルクリック → [レイヤー 0] に変換される

[新規レイヤー]ダイアログの表示

[新規レイヤー] ダイアログを表示したい場合は、[背景] レイヤーサムネールをダブルクリックします。[新規レイヤー] ダイアログでは、[レイヤー名] に加えて、[描画モード] や [不透明度] なども同時に設定できます。
[背景] をダブルクリック
[背景] をダブルクリック
[新規レイヤー] ダイアログ
[新規レイヤー] ダイアログ
レイヤーから背景へ!
レイヤーから背景への変換は、[レイヤー] メニューから、[レイヤーから背景へ] を選択します。この場合、以前のレイヤー名は破棄され、初期設定の [背景] に変更されます。

レイヤーの重ね順を入れ替え

[レイヤー] パネルで、重ね順を入れ替えたいレイヤーサムネールをドラッグ&ドロップします。レイヤーをドラックして、入れ替えたい層に二重線が表示されたらマウスボタンを離します。マウスボタンを離すと、レイヤーの重ね順の入れ替えが完了します。
テープがレイヤーの背面になっているドキュメント → テープをレイヤーの最前面へ
レイヤーを移動させたい層へドラッグ&ドロップ → レイヤーの重ね順を入れ替えることができた

複数のレイヤーの重ね順を入れ替え

複数のレイヤーの重ね順を同時に入れ替えるには、[command (Ctrl)] キーを押しながら、対象のレイヤーを選択してアクティブ状態にし、入れ替えたい層にドラッグ&ドロップします。
[command (Ctrl)] + クリックで複数のレイヤーを選択
[command (Ctrl)] + クリックで複数のレイヤーを選択

選択レイヤーの重ね順を入れ替え

選択レイヤーの入れ替えは、[command (Ctrl)] + []] キーを押すと前面へ、[command (Ctrl)] + [[] キーを押すと背面へ、それぞれ入れ替えることができます。
選択レイヤーはキー操作で入れ替えられる
選択レイヤーはキー操作で入れ替えられる

最前面と最背面に入れ替え

[shift] キーを加えることで、最前面へ、最背面へ、それぞれ入れ替えることができます。
最前面と最背面に入れ替え
最前面と最背面に入れ替え
レイヤーを反転したい!
レイヤーオブジェクトを鏡像のように反転する操作は「変形」の操作になります。[編集] メニューから、[変形] → [水平方向に反転]、または [垂直方向に反転] を選択します。

レイヤーの結合

レイヤーの結合とは、複数のレイヤーを合成して一枚のレイヤーに変換することをいいます。レイヤーの透明部分はそのまま維持され、ピクセルの領域は合成結果に基づいて、ひとつのピクセルデータに変換されます。

下のレイヤーと結合

選択レイヤー (前面) と下のレイヤー (背面) を結合したい場合は、[command (Ctrl)] + [E] キーを押します。
結合する前面のレイヤーを選択 → [command (Ctrl)] + [E] キーを押す

表示レイヤーを結合

現在、表示しているレイヤーだけを結合したい場合は、[shift] + [command (Ctrl)] + [E] キーを押します。
背景を非表示 → [shift] + [command (Ctrl)] + [E] キーを押す

レイヤーをリンク

複数のレイヤーをリンクさせ、移動や変形を共通して行えます。リンクの設定と解除は、リンクさせたい複数のレイヤーを選択して、[レイヤー] パネルの下部にある [レイヤーをリンク] をクリックして行います。
2枚以上のレイヤーを選択 → [レイヤーをリンク] をクリック
[ツール] パネルから、[移動ツール] を選択し、ひとつのオブジェクトをドラッグして移動します。
レイヤーオブジェクトをドラッグして移動
レイヤーオブジェクトをドラッグして移動
[レイヤーをリンク] を設定した複数のレイヤーオブジェクトが、同時に移動できたことを確認します。他のツールを使用時には、[command (Ctrl)] キーを併用することで移動できます。
リンクしたオブジェクトの移動を確認
リンクしたオブジェクトの移動を確認

リンクの解除

[レイヤーをリンク] の解除は、設定と同じ操作方法で解除を行います。リンクを解除したレイヤーは、リンクアイコンが削除され、単体での編集が可能となります。[レイヤーをリンク] は、リンクを一時的に無効にすることもできます。
リンクを解除したいレイヤーを選択 → [レイヤーをリンク] をクリック

リンクの一時的な無効

リンクを無効にしたいレイヤーのリンクアイコンを [shift] キーを押しながらクリックします。すると、赤い[×] マークが表示され、リンクが一時的に無効になります。リンクを再び有効にするには、リンクアイコンを [shift] + クリックします。
リンクアイコンを[shift] + クリック → 赤い [×] マークが表示される

描画モードの変更

[shift] + [+] キーを押すと、メニューの順に描画モードが変更できます。[shift] + [-] キーを押すと、メニューの逆順に描画モードが変更できます。2つのショートカットキーで、次々に繰り出される適用結果からすばやく選出しましょう。
描画モード [通常] → 描画モード [ハードライト]
[shift] + [+] キーでメニュー順に変更 → [shift] + [-] キーで逆順に変更
ショートカットが使えない?
描画モードを変更するショートカットキーは、ペイント系ツールの選択時には使用できません。これは、描画モードの操作が重複するためで、オプションバーの選択が優先されるからです。

レイヤーの不透明度

選択レイヤーの不透明度をダイレクトに指定できます。[(設定値)] キーの [1] は 10%、[0] は 100% です。[(設定値)] キーを2回連続して押すと、1桁めの数値も設定することが可能です。たとえば、[7]、[0] は 70%、[0]、[1]は 1% です。
[不透明度] に「100%」を設定 → [不透明度] に「50%」を設定
1桁めの数値 [5] キーを押す → [不透明度] に「20%」が設定される

入力ボックスの数値をキーで調整

[不透明度] の入力ボックスをクリックしてアクティブ表示、またはスライダ表示中に [↑] キー、または [↓] キーを押すと 1% ずつ、[shift] キーを押しながら [↑] キー、または [↓] キーを押すと 10% ずつ数値を調整できます。
[不透明度] の入力ボックス
[不透明度] の入力ボックス

塗りの不透明度

選択レイヤーの塗りの不透明度をダイレクトに指定できます。設定値には [shift] キーを併用します。[(設定値)] キーの [1] は 10%、[0] は 100% です。[(設定値)] キーを2回連続して押すと、1桁めの数値も設定することが可能です。たとえば、[5]、[0] は 50%、[0]、[1] は 1% です。
[塗り]に「50%」を設定 → [塗り] に「20%」を設定
[shift] キーと1桁めの数値 [2] キーを押す → [塗り] に「20%」が設定される

入力ボックスの数値をキーで調整

[塗り] の入力ボックスをクリックしてアクティブ表示、またはスライダ表示中に [↑] キー、または [↓] キーを押すと 1% ずつ、[shift] キーを押しながら [↑] キー、または [↓] キーを押すと 10% ずつ数値を調整できます。
[塗り] の入力ボックス
[塗り] の入力ボックス
フツウの不透明度とどこがちがう?
[塗り] は、塗りの不透明度だけを調整することができます。つまり、レイヤースタイルの効果には影響を与えず、ピクセルがある塗りの部分だけに設定できる不透明度です。レイヤースタイルが設定されていなければ、表面上は [不透明度] と変わりありません。

クリッピングマスクを作成

[クリッピングマスクを作成] を設定すると、背面以外のレイヤーに影響を及ぼさないレイヤー (塗りつぶしまたは調整レイヤーを含む) を作成することができます。シェイプや文字などように、オブジェクト以外の領域に透明部分が含まれていると、その形状のみに前面のレイヤーが適用されるので、レイヤーマスクのような働きで表示領域をコントロールすることもできます。
クリッピングマスク設定後のドキュメント
クリッピングマスク設定後のドキュメント
ドキュメントに、2枚以上のレイヤーを作成します。ここでは、古い壁掛け時計の画像の [背景] に、「CLIP」を入力したテキストレイヤー、他のドキュメントからコピー&ペーストで配置した錆びた鉄板の画像の [レイヤー 1] を作成しました。いずれのレイヤーも、描画モードは [通常] で、[不透明度] は「100%」です。
ドキュメントに画像をコピー&ペースト
ドキュメントに画像をコピー&ペースト
テクスチャ (前面画像)
クリッピングマスクの設定を行う画像です。このレイヤーをテキストレイヤーの前面に置くことで、文字の形状部分だけに画像を適用させます。
クリッピングマスクを設定するレイヤー (前面)
クリッピングマスクを設定するレイヤー (前面)
テキストレイヤー (背面画像)
文字を入力して作成したテキストレイヤーには、オブジェクト以外の領域に透明部分が含まれています。
透明ピクセルを含むレイヤー (背面画像)
透明ピクセルを含むレイヤー (背面画像)
背景 (最背面画像)
ドキュメントを構成する元となる画像です。
背景 (最背面画像)
背景 (最背面画像)
[レイヤー] パネルで、クリッピングマスクの設定を行う画像を選択し、[option (Alt)] + [command (Ctrl)] + [G] キーを押します。すると、レイヤーサムネールの左側に鍵矢印が表示され、背面のレイヤーにクリップした状態へ変更されます。クリッピングマスクの解除は、同じ操作を繰り返します。
クリッピングマスクの設定を確認
クリッピングマスクの設定を確認
クリッピング操作いろいろ!
クリッピングマスクの操作は、[レイヤー] メニュー、または [レイヤー] パネルメニューでも同様に選択できます。また、調整レイヤーの [属性] パネルには、クリックで簡単にオン/オフできるボタンがあります。

スポンサード リンク