【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

縞模様をつける

筋入りクラフト紙の特徴的な細かい縞模様をつくります。作成には [ハーフトーンパターン] を用いて、それを [レベル補正] で補正することにより、線の太さを調整します。モノクロのパターンを描画モード [スクリーン] で合成します。
[レイヤー] パネルで、[新規レイヤーを作成] をクリックし、[レイヤー 2] を作成します。
[新規レイヤーを作成] をクリック

[新規レイヤーを作成] をクリック
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし] ダイアログで、[内容] に [50% グレー] を選択して、[OK]をクリックします。
[塗りつぶし] ダイアログを設定

[塗りつぶし] ダイアログを設定
[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを活用!
スマートオブジェクトは、ピクセルを含まない透明のレイヤーでも変換することができますが、フィルター適用が目的の場合は、元のピクセルに対して効果をつけるため、あらかじめ、レイヤーを塗りつぶしておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

縞模様の設定

[ツール] パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックし、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定します。
描画色と背景色を初期設定に戻す

描画色と背景色を初期設定に戻す
[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[スケッチ] → [ハーフトーンパターン] を選択します。
[ハーフトーンパターン] を選択

[ハーフトーンパターン] を選択
[ハーフトーンパターン] ダイアログで、[パターンタイプ] に [線] を選択します。
[サイズ] に「4」、[コントラスト] に「5」を入力して、[OK] をクリックします。
[ハーフトーンパターン] ダイアログを設定

[ハーフトーンパターン] ダイアログを設定
[50% グレー] の塗りつぶし画像が、白黒の縞模様になりました。
[50% グレー] の塗りつぶし (部分) → [ハーフトーンパターン] を適用 (部分)
コントラストには中間値を用いる!
[ハーフトーンパターン] の効果は、現在の描画色と背景色に影響されます。適用前に必ず、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定、または、確認してください。
[コントラスト] の設定値を大きくすると、境界線がハッキリします。しかし、縞模様の太さが均等なため、ここでは少しぼかす中間値にしておき、後の補正で太さを調整することにします。

縞模様の太さを調整

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、[入力レベル] に [0 / 1.00 / 128] を入力して、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定

[レベル補正] ダイアログを設定
すると、ホワイトの領域が増え、ブラックの領域が減ります。
[ハーフトーンパターン] を適用 (部分) → [レベル補正] を適用 (部分)
白色点を移動して明るくする!
筋入りクラフト紙の縞模様は、ロウ引きされた箇所が少し明るくなっています。[レイヤー 2] は、その明るくする部分を抽出するものです。
[レベル補正] の設定は、最も明るい255階調レベルにある白色点を、128階調レベルの中間調へ移動することにより、画像のホワイトから 50% グレーまでの階調領域を、完全なホワイトに調整しています。

縞模様の合成

[レイヤー] パネルで、[レイヤー 2] を選択し、描画モードに [スクリーン] を選択します。
描画モードに [スクリーン] を選択

描画モードに [スクリーン] を選択
すると、[レイヤー 2] の暗い領域に、背面の [レイヤー 1] が反映されます。
[通常] を選択 (部分) → [スクリーン] を選択 (部分)
[レイヤー] パネルで、[不透明度] に「15%」を入力します。
[不透明度] に「15%」を入力

[不透明度] に「15%」を入力
不透明度を調整して、[レイヤー 2] の影響を弱めます。
[スクリーン] を選択 (部分) → 不透明度を調整 (部分)
ベースカラーの印象に近づける!
縞模様は濃淡で表されるので、どちらかの領域を基本にするのではなく、全体でベースカラーの印象に近づける設定値を探ります。
[不透明度] が「0%」で、完全なベースカラーになります。あたりまえ(笑)。不透明度の設定値が小さいほど、ベースカラーの印象に近づき、縞模様の濃淡は、設定値が大きいほど強くなります。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク