【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

【テクスチャ】ゼロからつくる!筋入りクラフト紙

反射光を加える

筋入りクラフト紙のテクスチャを背景に使用する場合など、その空間の臨場感を演出したいときには、表面に少しだけ反射光を取り入れるいいでしょう。[グラデーション] 調整レイヤーを使用すると、作成後も編集可能なグラデーションが簡単に設定できます。
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから[グラデーション] を選択して、[グラデーション 1] を作成します。
[グラデーション 1] を作成

[グラデーション 1] を作成
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[クリックでグラデーションピッカーを開く] をクリックし、[描画色から背景色] を選択します。
[描画色から背景色] を選択

[描画色から背景色] を選択
[スタイル] に [線形] を選択し、[角度] に「120」°、[比率] に「153」%を入力して、[OK] をクリックします。
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定

[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
グラデーションの角度と比率が設定できました。
グラデーションの角度と比率を設定

グラデーションの角度と比率を設定
グラデーションの幅を調整!
[比率] では、グラデーションの階調幅をコントロールできます。階調幅を狭くするほど光沢感が増し、階調幅を広くするほどフラットな印象になります。
[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
[不透明度] に「25」% を入力します。
[不透明度] で反射光の明るさを調整

[不透明度] で反射光の明るさを調整
細い縞模様と紙のたわみを表現した、筋入りクラフト紙のテクスチャが完成しました。
筋入りクラフト紙のテクスチャが完成

筋入りクラフト紙のテクスチャが完成
透けて見える効果も兼ねる!
通常の反射光は「跳ね返す光」ですが、筋入りクラフト紙のような薄い紙では、光が透けて吸収し、全体の彩度が高くなる傾向が見られます。
反射光の明暗は、描画モード [オーバーレイ] の特性を生かし、黒から白へ変化するグラデーションを適用すると、彩度を高くしながら明るい部分と暗い部分が作り出せます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
1234

スポンサード リンク