基本がわかる!描画色と背景色

基本がわかる!描画色と背景色【1】色の確認と変更方法

【Photoshop基本操作】描画色とは、面を塗りつぶしたり、線を描いたりする「指定色」のことで、背景色とは、面で消去したり、線で消去したりする「指定色」のことをいいます。これらの指定色は、さまざまなツールやパネルで設定することができます。



消す色が背景色!
背景色は「下地色」として設定する色ですが、実は [消しゴムツール] の「描画色」でもあるのです。透明ピクセルを持たない [背景] では、このような「塗って消す」動作が行われていて、背景色の設定を見落としていると、あるとき、選択範囲内の画像を消去したら、とんでもない色が現れた…という失敗もあります。描画色と同様、背景色の設定も確認する習慣をつけましょう。
1   2   3   4   5

色の確認と変更方法

[ツール] パネルの下にある重なった2つの正方形は、描画色 (左上) と背景色 (右下) を示し、それぞれのボックス内をクリックして、 [カラーピッカー] ダイアログを表示させます。Photoshop の初期設定では、描画色に [ブラック]、背景色に [ホワイト] が設定されています。
描画色と背景色のカラーボックス
描画色と背景色のカラーボックス

描画色と背景色を初期設定に戻す

[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックすると、描画色と背景色を初期設定 (黒と白) に戻ります。
前回の描画色 → 初期設定に戻す

描画色と背景色を入れ替え

[描画色と背景色を入れ替え] をクリックすると、描画色と背景色が入れ替わります。
前回の描画色 → 背景色と入れ替え
選択レイヤーによる表示の違い
背景、または描画レイヤーの選択時は、描画色のカラーボックスに [ブラック]、背景色のカラーボックスに [ホワイト] が表示されています。(初期設定)
ブラック / ホワイト → 描画レイヤー選択時
調整レイヤーなどレイヤーマスクの選択時は、描画色のカラーボックスに [ホワイト]、背景色のカラーボックスに [ブラック] が表示されています。(初期設定)
ホワイト / ブラック → レイヤーマスク選択時
これは、[描画色と背景色を入れ替え] とは異なり、レイヤーマスク領域を表示するのが [ホワイト]、レイヤーマスク領域を隠すのが [ブラック] を示します。レイヤーマスクは、描画する部分が隠す領域となるので、初期設定では [ホワイト] のカンバスに、[ブラック] を描画する感覚です。レイヤーマスクは、グレースケール (黒から白の256階調) で表されます。
基本がわかる!レイヤーマスクの使い方

描画色を設定

[描画色を設定] をクリックすると、描画色の設定を行う [カラーピッカー] ダイアログが表示されます。
描画色をクリック → 新しい描画色を設定
[カラーピッカー] ダイアログで、任意の描画色を設定します。
カラーピッカーの使い方
[カラーピッカー] ダイアログを設定
[カラーピッカー] ダイアログを設定
スポイトツールでカラーを設定する
[ツール] パネルから、[スポイトツール] を選択、または [option (Alt)] キーを押しながら、ドキュメント内をクリックすると、クリックした箇所のカラーが描画色、または背景色に設定できます。
スポイトツールの使い方

背景色を設定

[背景色を設定] をクリックすると、背景色の設定が行える [カラーピッカー] ダイアログが表示されます。
背景色をクリック → 新しい背景色を設定
[カラーピッカー] ダイアログで、任意の背景色を設定します。
カラーピッカーの使い方
[カラーピッカー] ダイアログを設定
[カラーピッカー] ダイアログを設定
背景色って関係あるの?
背景色は、一部の描画系のフィルターを除き、レイヤー上で反映されることは少ないですが、[背景] では、[消しゴムツール] や選択範囲の消去などを行った場合に、カンバスカラー ([新規] ダイアログで設定する下地色) ではなく、背景色が適用されます。背景色は通常、カンバスカラー ([新規] ダイアログで設定する下地色) と同じ色を設定します。
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   4   5

スポンサード リンク