【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【Photoshop講座】アスファルトは、岩石や鉱物系でありながら、都会的でカッコいい印象がありますね。黒いタールと小石が入り混じったゴツゴツした質感を誇張させて、ゼロからアスファルトのテクスチャを作成しましょう。


固まりと溝を表現する!
「黒いアスファルト」が目指すものは、敷き詰められたばかりのアスファルトです。小石と液状のタールが混ぜられたものなので、細かいざらつきよりも、ギュッと凝縮された固まり部分と、その周囲に深い溝を設けることを優先します。

何もない状態からアスファルトを描く

こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態からアスファルトを描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「黒いアスファルト」が作成できます。
[点描] を適用 (部分) → 何もない状態からアスファルトを描く (部分)

ベースを作成する

アスファルトのテクスチャは、ランダムに生成される [点描] から、ゴツゴツした質感をつける技法を取ります。そのため、その元となるカラーノイズを [ノイズを加える] で発生させます。
[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規ドキュメント] ダイアログで、[幅] に「1280」pixel、[高さ] に「720」pixel、[解像度] に「300」pixel/inch、[カラーモード] に「RGB カラー」、[8 bit] を設定して、[作成] をクリックします。
[新規ドキュメント] ダイアログを設定

[新規ドキュメント] ダイアログを設定
新規ドキュメントを作成します。
新規ドキュメントを作成

新規ドキュメントを作成
どんなサイズにも対応!
ドキュメントサイズの [幅]、[高さ] には、大きさや比率の制限は特にありません。たとえば、512 x 512 pixel の正方形でも、同じ効果が得られます。ランダムに生成される模様をベースにしているので、シームレスパターンには対応していません。
[レイヤー] パネルで、[新規レイヤーを作成] をクリックし、[レイヤー 1] を作成します。
[新規レイヤーを作成] をクリック

[新規レイヤーを作成] をクリック
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし] ダイアログで、[内容] に [50%グレー] を選択して、[OK] をクリックします。
[塗りつぶし] ダイアログを設定

[塗りつぶし] ダイアログを設定
[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートフィルター用に変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、フィルター適用後の画像が再編集できます。
警告アラート

警告アラート
スマートオブジェクトは、ピクセルを含まない透明のレイヤーでも変換することができますが、フィルター適用が目的の場合は、元のピクセルに対して効果をつけるため、あらかじめ、レイヤーを塗りつぶしておきます。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロからつくる!黒いアスファルト
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[ノイズを加える] の設定

[フィルター] メニューから、[ノイズ] → [ノイズを加える] を選択します。[ノイズを加える] ダイアログで、[分布方法] に [ガウス分布] を選択します。
[量] に「50」% を入力して、[OK] をクリックします。
[ノイズを加える] ダイアログを設定

[ノイズを加える] ダイアログを設定
[50%グレー] で塗りつぶした [レイヤー 1] から、カラーノイズを発生させることができました。
[50%グレー] で塗りつぶし (部分) → [ノイズを加える] を適用 (部分)
分布方法とは?
[均等に分布] と [ガウス分布] の違いは、ノイズの階調をつくり出す方法にあります。設定値の [量] に対して、一定幅に分布された比較的きれいなノイズが [均等に分布] です。大から小へ分散した乱れたノイズが [ガウス分布] です。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク