【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

【ロゴ】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字

金属の質感をつける

[スタイル] メニューから、[パターンオーバーレイ] を選択します。

[パターンオーバーレイ] を選択

[パターンオーバーレイ] を選択
[クリックでパターンピッカーを開く] をクリックし、[サテン] を選択します。
[サテン] を選択

[サテン] を選択
【設定値】
● [描画モード] に [通常] を選択
● [不透明度] に「100」% を入力
● [パターン] に [サテン] を選択
● [比率] に「100」% を入力
● [レイヤーにリンク] オン
文字列の表面にパターンを敷くことができました。

適用前 → パターンを敷く

[サテン] がない?
パターンピッカー内に [サテン] がリストアップされなかったら、パターンピッカーメニューから [パターン] を選んでください。バージョン 2020 以降では、[従来のパターンとその他] を選択すると読み込まれるプリセットフォルダー [従来のパターン] → [パターン] に含まれています。

[サテン] を選択

[サテン] を選択
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!キラキラ輝く金属文字
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

エッジを立体的にする設定

[スタイル] メニューから、[ベベルとエンボス] を選択します。

[ベベルとエンボス] を選択

[ベベルとエンボス] を選択
[構造] セクションを設定します。
[構造] セクションを設定

[構造] セクションを設定
【設定値】
● [スタイル] に [ベベル (外側)] を選択
● [テクニック] に [シゼルハード] を選択
● [深さ] に「100」% を入力
● [方向] に [上へ] を選択
● [サイズ] に「11」px を入力
● [ソフト] に「0」px を入力
サイズは境界線より小さく設定!
[ベベルとエンボス] の効果を、文字の外側につけることがポイントです。[境界線] の [サイズ] は「12」px に設定していますが、[ベベルとエンボス] の [サイズ] では、それより「1」px 小さい「11」px を設定します。
[陰影] セクションを設定します。
[光沢輪郭] に [リング] を選択

[光沢輪郭] に [リング] を選択
[陰影] セクションを設定

[陰影] セクションを設定
【設定値】
● [包括光源を使用] オフ
● [角度] に「120」°を入力
● [高度] に「30」°を入力
● [光沢輪郭] に [リング] を選択
● [アンチエイリアス] オン
● [ハイライトのモード] に [スクリーン] を選択
● [不透明度] に「100」% を入力
● [シャドウのモード] に [乗算] を選択
● [不透明度] に「75」% を入力
[ベベルとエンボス] で、エッジを立体的に見せることができました。

適用前 → エッジを立体的にする

階調のねじれでエッジを強調!
[ベベルとエンボス] の設定は、文字の外側 (境界線の領域) に明暗をつけ、文字を立体的に見せるものです。通常では、光源の角度によって対比した、ハイライトとシャドウが用いられます。作例では、[高度] に最も陰影の差が出る「30」°を設定し、立体的なコントラストを強調します。金属の質感は、[光沢輪郭] で、階調をねじることがポイントです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

エッジに出っ張りをつける設定

[スタイル] メニューから、[輪郭] オプションを選択します。

[輪郭] オプションを選択

[輪郭] オプションを選択
[クリックで輪郭ピッカーを開く] をクリックし、[輪郭] に [リング] を選択します。
[輪郭] オプションを設定

[輪郭] オプションを設定
【設定値】
● [輪郭] に [リング] を選択
● [アンチエイリアス] オン
● [範囲] に「100」% を入力
[ベベルとエンボス] の [輪郭] オプションで、エッジを出っ張りをつけることができました。

適用前 → エッジに出っ張りをつける

さらに「ねじれ」で強調!
[輪郭] オプションの効果は、[ベベルとエンボス] で設定した、立体に見せるエッジのみに適用されます。作例では、文字の外側に向けて、11 px の範囲です。この領域の階調をさらにねじって、金属の質感を強調するため、エッジに出っ張りをつけます。

文字列の中央を明るくする設定

[スタイル] メニューから、[グラデーションオーバーレイ] を選択します。

[グラデーションオーバーレイ] を選択

[グラデーションオーバーレイ] を選択
[クリックでグラデーションを編集] をクリックします。

[クリックでグラデーションを編集] をクリック

[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定します。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定

[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 230° / S : 60% / B : 30%]
[位置 : 100%] [H : 0° / S : 0% / B : 100%]
[グラデーションオーバーレイ] を設定します。
[グラデーションオーバーレイ] を設定

[グラデーションオーバーレイ] を設定
【設定値】
● [描画モード] に [オーバーレイ] を選択
● [ディザ] オフ
● [不透明度] に「75」% を入力
● [グラデーション] を設定
● [逆方向] オン
● [スタイル] に [円形] を選択
● [シェイプ内で作成] オン
● [角度] に「0」°を入力
● [比率] に「150」% を入力
[グラデーションオーバーレイ] で、
文字列の中央を明るくすることができました。

適用前 → 中央を明るくする

50% グレーが基準!
[グラデーションオーバーレイ] の設定は、[描画モード : オーバーレイ] で合成することから考えます。[オーバーレイ] の中性色 (結果色に反映されない境界の色) は、50% グレーなので、それよりも暗い合成色ではより暗く、明るい合成色ではより明るくなります。作例では、中央がホワイトで、周囲が青くなるように設定します。あまり明るくならないように、[不透明度] で調整します。

ドロップシャドウの設定

[スタイル] メニューから、[ドロップシャドウ] を選択します。

[ドロップシャドウ] を選択

[ドロップシャドウ] を選択
[画質] セクションの [クリックで輪郭ピッカーを開く] をクリックし、[半円] を選択します。

[半円] を選択

[半円] を選択
[ドロップシャドウ] の [構造] セクションを設定します。

[構造] セクションを設定

[構造] セクションを設定
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。

[OK] をクリック

[OK] をクリック
文字列に立体的な金属の質感をつけることができました。

金属の質感をつけることができた

金属の質感をつけることができた
[輪郭] で影を太らせる!
[ドロップシャドウ] の設定は、背景に文字列の影を落とし、浮かび上がる効果を加えます。[境界線] で文字を太らせているため、[輪郭] に [半円] を設定して、ドロップシャドウも太らせておきます。ドロップシャドウの [不透明度] は、背景に敷く素材により調整してください。
[輪郭 : 半円] のマッピング

[輪郭 : 半円] のマッピング
[ドロップシャドウ] は、オブジェクトの輪郭を出力して影をつくる機能です。[輪郭エディター] の [マッピング] は、輪郭の階調レベルに変化を加えます。グラフの対角線からポイントが超えると、それぞれの比率で明るさが調整されます。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク