写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方

写真をイラスト調に!マンガ風景の描き方

ハーフトーンをかける

モノクロにした画像を4段階の階調に分け、その塗り面にハーフトーンをかけます。白地を活かすため、全体を明るくして、4段階から3段階の調整を行います。
カラー画像をモノクロにする (部分) → ハーフトーンをかける (部分)
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [ポスタリゼーション] を選択します。[ポスタリゼーション] ダイアログで、[階調数] に「4」を入力し、[OK] をクリックします。
[ポスタリゼーション] ダイアログを設定

[ポスタリゼーション] ダイアログを設定
モノクロにした画像を4段階の階調に分けることができました。
[ポスタリゼーション] を適用

[ポスタリゼーション] を適用
各階調層の明度を知る!
[ポスタリゼーション] で設定した [階調数] は、256階調を割った数です。256階調を 100% とする明度に換算すると、明度 (B) : 0%、33%、67%、100%です。B : 0% はブラック、B : 100% はホワイトの階調層に当たります。
[シャドウ・ハイライト] を無効 (部分) → [量] に「100」% を設定 (部分)
ブラックの領域は、メリハリをつける重要な部分なので、特にその状態を確認しておきます。たとえば、暗い写真ではブラックが同化してしまって、形状がわかりにくくなる場合があります。[シャドウ・ハイライト] の設定値を変更すると、各階調層の領域をコントロールできます。
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[レベル補正] ダイアログで、[入力レベル] に「0 / 1.00 / 164」を入力し、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定

[レベル補正] ダイアログを設定
4段階の階調を3段階に調整して、白地の領域を多くすることができました。
白地の領域を多くすることができた

白地の領域を多くすることができた
明るい階調を削る!
[レベル補正] ダイアログには、画像のピクセル分布が確認できる「ヒストグラム」があります。作例の場合、[ポスタリゼーション] で4段階の階調をつくっているので、ヒストグラムには、4つの棒グラフが分布されています。
ヒストグラムの4つの棒グラフ

ヒストグラムの4つの棒グラフ
ハイライト点の位置を、「255」レベルから「170」レベル以下にすると、「170」レベルの階調が「255」になり、明るいグレーからホワイトに調整されます。初期設定では、中間点が「1.00」をキープしますが、これを調整することで、中間の階調の濃淡を調整できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[カラーハーフトーン] の設定

[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択します。[カラーハーフトーン] ダイアログで、[ハーフトーンスクリーンの角度] にすべて「45」を入力します。
[最大半径] に「4」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定

[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
各階調層にハーフトーンをかけることができました。
ハーフトーンをかけることができた

ハーフトーンをかけることができた
ハーフトーン最大半径とは?
[カラーハーフトーン] のドットの大きさは、対象画像の明度によって変わります。[最大半径] は、「ドット密度」を示し、ドットの中心から隣り合う(対角)ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので、[半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (ガウス)] を選択します。[ぼかし (ガウス)] ダイアログで、[半径] に「1.0」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (ガウス)] ダイアログを設定

[ぼかし (ガウス)] ダイアログを設定
ハーフトーンを緩和させることができました。
[カラーハーフトーン] を適用 (部分) → ハーフトーンを緩和 (部分)
モアレを防止するぼかし!
細かいハーフトーンは、モアレ (干渉縞) が発生しやすくなります。これは画像データに問題があるのではなく、規則正しいリズムから生じる視覚的な現象です。画像を少しだけぼかすことで、モアレを防止することができます。
続きは↓下の番号をクリック!

123

スポンサード リンク