【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

【ロゴ】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字

べた塗りマスクでラスタライズする

[レイヤー] パネルで、[レイヤーの表示 / 非表示] をクリックして、テキストレイヤー、またはシェイプレイヤーを非表示にします。
レイヤーサムネールを [command (Ctrl)] キーを押しながらクリックして、文字列の選択範囲を作成します。
[command (Ctrl)] + クリック

[command (Ctrl)] + クリック
文字列の選択範囲が作成されたことを確認します。
文字列の選択範囲を確認

文字列の選択範囲を確認
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから、[べた塗り] を選択して、[べた塗り 1] を作成します。
[べた塗り 1] を作成

[べた塗り 1] を作成
[カラーピッカー] ダイアログで、新しい色に [H : 336°/ S : 100% / B : 77%] を設定して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定

[カラーピッカー] ダイアログを設定
[べた塗り 1] で、テキストレイヤー、またはシェイプレイヤーがラスタライズできました。
[べた塗り 1] でラスタライズできた

[べた塗り 1] でラスタライズできた
ラスタライズとは?
ラスタライズとは、ベクトル画像をビットマップ画像に変換する操作です。テキストレイヤーやシェイプレイヤーは、その塗りの領域を、数式で定義された、直線と曲線の集まりで表します。
ベクトル画像は、ハッキリした塗り分けを得意としますが、曖昧で細かい表現は苦手です。ビットマップ画像に変換すると、色情報が小さなピクセル単位に分散されるので、ノイズやぼかしなどの加工が柔軟に行えます。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!透明アクリルの押し出し文字
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[レイヤー] パネルで、[べた塗り 1] レイヤーマスクを選択します。レイヤーマスクが選択されていることを、必ず確認してください。
[べた塗り 1] レイヤーマスクを選択

[べた塗り 1] レイヤーマスクを選択
[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (移動)] を選択します。[ぼかし (移動)] ダイアログで、[角度] に「-60」°、[距離] に「40」pixel を設定して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (移動)] ダイアログを設定

[ぼかし (移動)] ダイアログを設定
[レイヤー] パネルで、描画モードに [ハードライト] を選択します。
[ハードライト] を選択

[ハードライト] を選択
ベースの文字列を、べた塗りマスクに変換してラスタライズし、空の背景と合成することができました。
文字列をぼかす → [ハードライト] で背景と合成
色の印象を担うレイヤー!
べた塗りマスクで、ラスタライズした文字列は、色の印象を担う重要なレイヤーです。透明アクリルの質感では、光が屈折するレンズのような表現が必要なため、背景がそのまま透けて見えるのではなく、明るさやカラーが強調されるような工夫をします。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク