【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【画像の変形】カンタンに盛れる!デカ目&小顔に加工する方法【顔立ちを調整】

【Photoshop基本操作】目を大きくしたり、スッキリ小顔にする画像加工が、プロパティをコントロールするだけでカンタンにできてしまいます。[顔立ちを調整] は、画像から自動的に顔を検出して、目、鼻、口はもちろん、顔の形状や額の広さまで、それぞれが詳細に調整できるので、不自然になりがちな印象も解消できます。



左右対称に整える!
人の顔って、ホントは左右対称じゃないですよね? そのアンバランスさを整えるだけでも、[顔立ちを調整] の利用価値は大いにあります。盛るだけが顔面補正じゃない!(笑) 「目は口ほどに物を言う」ということわざ通り、目は重要な部位ですから、最後の仕上げに少しずつ数値を変えて見比べてみましょう。

目を大きくスッキリ小顔に補正する方法

これから行う操作は、[ゆがみ] フィルターの [顔立ちを調整] を使って、人物の顔を補正する方法です。作例では、明確な変化をわかりやすくするため、Max 値を基準に用いていますが、くれぐれも違和感のない補正を優先してくださいね。
元画像 → 目を大きくスッキリ小顔に補正

画像から顔を自動検出する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 1280 pixel]、 [解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
photo by TheDigitalArtist
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用
[スマートオブジェクトに変換] を適用
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった[描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
[レイヤー] メニューから、[ゆがみ] を選択します。[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔立ちを調整] セクションを展開します。
[顔立ちを調整] をクリック
[顔立ちを調整] をクリック
[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔ツール] を選択します。
[顔ツール] を選択
[顔ツール] を選択
すると、プレビュー画面に、自動検出されている顔マーカーが表示されます。
目、鼻、口などの部位にカーソルを合わせると、それぞれの形状を象ったコントローラーが表示されます。
画像から顔が自動検出される
画像から顔が自動検出される
直感的なドラッグ操作!
[顔立ちを調整] では、[顔ツール] により直感的なドラッグ操作が行えます。マーカー上にあるコントロールポイントをドラッグすることで、水平方向、または垂直方向、回転などの変形ができます。目、鼻、口は、部位単位で移動することもできます。
コントロールポイントをドラッグ → 直感的な変形が行える
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

顔の形状を設定する

[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔立ちを調整] → [顔の形状] セクションの [顔の幅] に「-100」を入力します。
[顔の幅] に「-100」を入力
[顔の幅] に「-100」を入力
すると、顔の幅が水平方向に縮小します。
顔の幅が水平方向に縮小
顔の幅が水平方向に縮小
外堀から埋める補正!
顔面補正は、まず顔の形状を決めてから、目、鼻、口の調整を行います。各プロパティは、後に再設定できるので、およその暫定値でかまいません。特定の部位から調整すると、お互いが影響し合ってなかなか定まりません。効率よく設定するために外堀を埋めて行きましょう。
[顎の輪郭] に「-100」、[顎の高さ] に「25」を入力します。
[顎の輪郭] と [顎の高さ] を設定
[顎の輪郭] と [顎の高さ] を設定
[額] に「-100」を入力します。
[額] に「-100」を入力
[額] に「-100」を入力
顔の形状を設定することができました。
元画像 → 顔の形状を設定する
複数の顔を選択できる!
たとえば、画像に3人の顔があるとき、その3人の顔を自動検出して、[顔を選択] メニューにリストアップします。プロパティは個別に働き、それぞれの顔に適した設定が行えます。
複数の顔をメニューにリストアップ
複数の顔をメニューにリストアップ
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

微笑む唇にする

[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔立ちを調整] → [口] セクションの [口の幅] に「25」を入力します。
[上唇] に「-100」、[下唇] に「50」を入力します。
微笑む唇のベースを設定
微笑む唇のベースを設定
[笑顔] に「50」を入力します。
[笑顔] に「50」を入力
[笑顔] に「50」を入力
STEP 2 → 口角を上げる
口角アップは控えめに!
微笑む唇は、口角を上げることで調整しますが、変形率を大きくすると不自然になりやすいです。なので、口角の変形は最低限度に抑えて、その他の変形でイメージに近づけることを目標とします。作例では、口の幅を少し広げて、上唇を薄く、下唇を厚くすることで、微笑む唇のベースを作成しています。

鼻を小さくする

[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔立ちを調整] → [鼻] セクションの [鼻の高さ] に「-25」を入力します。
[鼻の幅] に「-25」を入力します。
[鼻] セクションを設定
[鼻] セクションを設定
STEP 3 → 鼻を小さく持ち上げる
鼻の高さは長さ?
鼻を高くするのは、正面を向いた顔ではやりにくいですね。鼻の幅を狭くして鼻筋を通せば高く見えるかも知れませんが、[鼻の高さ] に正の数値を設定すると、鼻先の位置が下がってしまいます。ツンと持ち上げる感覚ならその逆、負の数値を設定した方が良さそうですね。

目を大きくする

[ゆがみ] プロパティパネルで、[顔立ちを調整] → [目] セクションの [目の間隔] に「-25」を入力します。
[目の傾き] の左目に「-25」、右目に「-75」を入力します。
目の間隔と傾きを設定
目の間隔と傾きを設定
STEP 4 → 目の形状を整える
ツリ目かタレ目かで間隔も変わる!
作例の場合、顔の幅を狭めているので、元の目の間隔は広がって見えます。ツリ目にすると緩和されますが、タレ目にすると、さらに広がって見えます。なので、タレ目にしたい場合は、負の数値をベースに目の形状を整えて行きます。まず、その第一段階として「-25」を [目の間隔] と [目の傾き] に入力し、傾きの左右の違いを大きくした負の数値で探ります。
[目の大きさ] の左目に「100」、右目に「75」を入力します。
[目の高さ] の左目に「50」、右目に「0」を入力します。
[目の幅] の左目に「50」、右目に「50」を入力します。
目の大きさを設定
目の大きさを設定
STEP 4 → 目を大きくする
すべての設定ができたら、[OK] をクリックします。
[OK] をクリック
[OK] をクリック
目を大きくスッキリ小顔に補正する操作が完了しました。
デカ目&小顔に加工
デカ目&小顔に加工
暫定値でバランスよく設定!
[顔立ちを調整] のようなプロパティが多くある機能は、一つの項目だけを先行しても時間の無駄です。たとえば、目を大きくしたいという目的なら、関連するすべての項目に正の数値「50」を入力します。[目の大きさ]、[目の高さ]、[目の幅] に該当します。すると、大きくはなったけど、左右のバランスが違って見える項目が出てきます。「50」は中間値なので、そこから大きくしたり小さくしたりして調整します。作例では4段階の数値 (0 / 25 / 50 / 100) を暫定値としています。

スポンサード リンク