【文字&レイアウト】ペーパークラフトのフキダシをつくる【ライブシェイプの属性】

【文字&レイアウト】ペーパークラフトのフキダシをつくる【ライブシェイプの属性】

【Photoshop基本操作】立体的な効果をデザインに取り入れたいとき、課題となることは、必要とされるピクセル数に対応できることや、内容に合わせたオブジェクトの再編集ができることです。二重枠の角丸では、内側と外側のバランスを取ることに苦戦します。それらの課題を克服できるフキダシを作成しましょう。


大きさが自由に変えられる角丸!
角丸は文字を囲むフレーム処理としてよく使います。しかし、その大きさを決めるのは難しいですね。角丸をできるだけ大きくして可愛く見せたいけど、中身に入る文字とのバランスというものもあるし、読みやすい余白をあけることも必要です。そんなときは、[ライブシェイプの属性]を使いましょう。角張った長方形のシェイプが、数値を入力するだけでいろんな角丸に調整できます。
ライブシェイプで角丸フレームを作成
これから行う操作は、再編集が可能な角丸フレームを作成する方法です。[ライブシェイプの属性]により、難易度の高い二重枠の角丸フレームを作成し、レイヤースタイルでペーパークラフト風の効果をつけます。再編集が可能なデザインパーツとして、他のドキュメントに配置しましょう。
ライブシェイプで角丸フレームを作成→ペーパークラフト風の効果をつける
新しいドキュメントを作成する
角丸フレームを効率よく設計するため、ドキュメントに表示するグリッドを設定しましょう。[Photoshop CC(編集)]メニューから、[環境設定]→[ガイド・グリッド・スライス]を選択し、[環境設定]ダイアログで、[グリッド]の[グリッド線]に「64」pixel、[分割数]に「4」を入力して、[OK]をクリックします。
[環境設定]ダイアログでグリッドを設定
[環境設定]ダイアログでグリッドを設定
[ファイル]メニューから、[新規]を選択し、[新規]ダイアログで、[幅]に「704」pixel、[高さ]に「512」pixel、[解像度]に「72」pixel/inchを設定して、[作成]をクリックします。
[新規]ダイアログを設定
[新規]ダイアログを設定
新しいドキュメントが作成できたら、[command(Ctrl)]+[@]キーを押して、グリッドを表示します。
新しいドキュメントを作成してグリッドを表示
新しいドキュメントを作成してグリッドを表示
これから作成するフキダシの要素を、ひとつのグループ内に作成していきます。[レイヤー]パネルで、[新規グループを作成]をクリックし、[グループ 1]を作成します。名前をダブルクリックして、[フキダシ]に変更します。
グループ[フキダシ]を作成
グループ[フキダシ]を作成
グループとは?
複数のレイヤーをひとつにまとめて、ドキュメント内の整理や管理を効率化できる機能です。フキダシがテキストレイヤーと複数のシェイプレイヤーで構成されるので、ひとつのグループとしてまとめておくと、他のドキュメントにドラッグ&ドロップするときや、デザインパーツとして整理しやすくなります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
フォントを入力する
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。オプションバーで、[フォントファミリーを設定]、[フォントスタイルを設定]に任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定]に[60 pt]を選択します。
任意のフォントを設定して[60 pt]を選択
任意のフォントを設定して[60 pt]を選択
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかさ]を選択、[整列オプション]に[テキストの左揃え]をクリックします。
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかさ]を選択
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかさ]を選択
ドキュメントをクリックし、「LET’S GO TOGETHER!」を入力して、オプションバーで、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して、入力を確定します。
フキダシに入れる文字を入力
フキダシに入れる文字を入力
グリッドに文字を当てはめよう!
文字の大きさは、グリッドに当てはめるフォントサイズを設定します。作例では、欧文の大文字を使用しているので、行送りを含め、文字の高さがグリッドの太いマス目「1 x 1」に入るように調整しています。[文字]パネルで、[行送りを設定]に「64 pt」、[文字間のカーニングを設定]に[オプティカル]を選択します。
[文字]パネルで行送りを設定
[文字]パネルで行送りを設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
内側のフレームを作成する
内側のフレーム領域をグリッド上で定義します。作例の場合、文字の行送りに空間があるので、2行分の仮想領域は上下に拡がっています。上下の仮想領域と同じ空間を左右にも設け、文字全体の仮想領域をそのまま拡大し、内側のフレーム領域を決定します。
内側のフレーム領域を定義
内側のフレーム領域を定義
それでは、定義したフレーム領域にシェイプを作成しましょう。[ツール]パネルから、[長方形ツール]を選択します。オプションバーで、[ツールモードを選択]に[シェイプ]を選択、[シェイプの塗りを設定]をクリックし、[スウォッチ]から、[10%グレー]を選択します。
[シェイプの塗りを設定]に[10%グレー]を選択
[シェイプの塗りを設定]に[10%グレー]を選択
グリッドにスナップ(吸着)させながら、内側のフレーム領域をドラッグします。
内側のフレーム領域をドラッグ
内側のフレーム領域をドラッグ
シェイプが作成できたら、[command(Ctrl)]+[[]キーを押して、レイヤーの重ね順を背面へ移動します。
[長方形 1](内側のフレーム)を背面へ移動
[長方形 1](内側のフレーム)を背面へ移動
デザインはモノクロで考える!
デザインに色はつきものですが、色の塗り分けだけに頼ると、その組み合わせが見えにくい場合があります。デザインには、そのような視認性や可読性といった「見やすさ」が求められます。究極の塗り分けは白と黒です。しかし、これでは背景色を含む2色しか表せないのでグレーを中間調として使います。無彩色で考案したデザインは、色をつけても見やすさが維持できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
外側のフレームを作成する
新しいレイヤーを作成することで、現在の選択を切り替え、新しいオプション設定が行えます。[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックし、[レイヤー 1]を作成します。オプションバーで、[シェイプの塗りを設定]をクリックし、[スウォッチ]から、[ブラック]を選択します。
[シェイプの塗りを設定]に[ブラック]を選択
[シェイプの塗りを設定]に[ブラック]を選択
外側のフレームは、内側のフレームから均等な幅で大きく作成します。グリッドの3/4、48 px 外側の範囲をドラッグします。
外側のフレーム領域をドラッグ
外側のフレーム領域をドラッグ
[長方形 2](外側のフレーム)を作成し、[command(Ctrl)]+[[]キーを押して、レイヤーの重ね順を背面へ移動します。
[長方形 2](外側のフレーム)を背面へ移動
[長方形 2](外側のフレーム)を背面へ移動
内側と外側のフレームが作成できました。
内側と外側のフレームが作成できた
内側と外側のフレームが作成できた
グリッドの表示 / 非表示
グリッドの表示 / 非表示は、[表示]メニューから、[表示・非表示]→[グリッド]を選択、または、[command(Ctrl)]+[@]キーを押すと切り替えることができます。
ライブシェイプで角丸を設定する
まず、内側のフレームの角丸を設定しましょう。[レイヤー]パネルで、[長方形 1]を選択します。
[長方形 1]を選択
[長方形 1]を選択
[属性]パネルで、[ライブシェイプの属性]ダイアログをクリックして表示します。[角丸の半径値をリンク]をクリックし、[左上の角丸の半径]に「32 px」を入力します。すると、内枠の四隅が、設定した同じ数値の角丸に変更されます。
ライブシェイプで角丸を設定
ライブシェイプで角丸を設定
内側のフレームの角丸が設定できました。
内側のフレームの角丸が設定できた
内側のフレームの角丸が設定できた
続いて、外側のフレームの角丸を設定しましょう。[レイヤー]パネルで、[長方形 2]を選択します。
[長方形 2]を選択
[長方形 2]を選択
[ライブシェイプの属性]ダイアログで、[左上の角丸の半径]に「76 px」を入力します。すると、外側の四隅が、設定した同じ数値の角丸に変更されます。
ライブシェイプで角丸を設定
ライブシェイプで角丸を設定
外側のフレームの角丸が設定できました。
外側のフレームの角丸が設定できた
外側のフレームの角丸が設定できた
角丸の視覚調整はデザインの鉄則!
二重枠の角丸では、内側のフレームの半径を基本とした場合、外側のフレームの角丸半径は、「内側の半径」+「内側から外側までの距離」で計算します。作例の場合、内側のフレームの半径が「32 px」、内側から外側までの距離が「48 px」なので、32+48=80(px)になります。
角丸の半径を「80 px」に設定→角丸の半径を「76 px」に設定
しかし、この計算値は、あくまでも論理的なもので、視覚的には直線より曲線の方が細く見えます。外側のフレームをちょっと太らせた方が同じ太さに見えるので、計算値より小さい数値を設定するようにしましょう。
フキダシの矢印を作成する
[レイヤー]パネルで、[長方形 2]を選択します。オプションバーで、[パスの操作]に[シェイプを結合]を選択します。
[パスの操作]に[シェイプを結合]を選択
[パスの操作]に[シェイプを結合]を選択
グリッドにスナップさせながら、外側のフレームと同じ箇所をドラッグし、フレームの高さを1辺とした正方形のシェイプを作成します。
フレームの高さを1辺とした正方形のシェイプを作成
フレームの高さを1辺とした正方形のシェイプを作成
[ライブシェイプの属性]ダイアログで、[左上の角丸の半径]に「32 px」を入力します。
ライブシェイプで角丸を設定
ライブシェイプで角丸を設定
[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
オプションバーで、[回転を設定]に「45」°を入力し、[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、変形を確定します。
[回転を設定]に「45」°を入力
[回転を設定]に「45」°を入力
すると、正方形の角丸シェイプが45°回転しました。
正方形の角丸シェイプが45°回転
正方形の角丸シェイプが45°回転
変形するとライブシェイプが無効になる!
変形を確定すると、「この操作を行うと、ライブシェイプが標準のパスに変わります。続行しますか?」というアラートが表示されます。これから行う操作には影響しないので、[はい]をクリックしてください。
警告アラート
警告アラート
再び、[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。オプションバーで、[水平比率を設定]に「25%」を入力します。
[水平比率を設定]に「25%」を入力
[水平比率を設定]に「25%」を入力
すると、シェイプの左右幅が狭くなりました。変形を確定せず、続けて回転の設定を行います。
シェイプの左右幅が狭くなった
シェイプの左右幅が狭くなった
オプションバーで、[回転を設定]に「45」°を入力し、[変形を確定]をクリック、または[enter]キーを押して、変形を確定します。
[回転を設定]に「45」°を入力
[回転を設定]に「45」°を入力
すると、菱形の角丸シェイプが45°回転しました。
菱形の角丸シェイプが45°回転
菱形の角丸シェイプが45°回転
菱形の角丸シェイプの内側を[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグして、矢印の位置を調整します。
[command(Ctrl)]+ドラッグで位置を調整
[command(Ctrl)]+ドラッグで位置を調整
矢印の位置が調整できたら、フキダシのシェイプ(モノクロ)は完成です。
フキダシのシェイプが完成した
フキダシのシェイプが完成した
変形の確定とは?
変形のバウンディングボックスが表示されているとき、操作を何度行っても変形は確定されません。これは、ビットマップ画像において、複数回の変形による画質の劣化を防ぐ大変有効な機能となります。しかし、変形しても画質が劣化しないベクトル画像(シェイプやパス)においては、変形を確定する手間を省いただけの平凡な機能なのかも知れません。なので、操作が複雑で理解しにくい場合は、ひとつの変形ができたら確定してもかまいません。
テキストカラーを設定する
ここからは、着色や効果をつける作業になります。[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを選択します。
テキストレイヤーを選択
テキストレイヤーを選択
[属性]パネルで、[テキストカラーを設定]をクリックして、[カラーピッカー]ダイアログを表示します。
[テキストカラーを設定]をクリック
[テキストカラーを設定]をクリック
[カラーピッカー]ダイアログで、[H:195° S:70% B:70%]を設定して、[OK]をクリックします。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
テキストカラーを設定することができました。
テキストカラーを設定することができた
テキストカラーを設定することができた
キーカラーを決めよう!
キーカラーとは、ひとつの制作物の中心として使う色です。複数の色を使う場合でも、まず、キーカラーとサブカラーを決めて、その他の配色を考えていくと、アピール力のある統一した視覚効果が生まれます。作例では、テキストカラーをキーカラーとして、それを基にフレームのグラデーションを設定しています。
ペーパークラフト風の効果をつける
フキダシの立体的な効果は、すべてレイヤースタイルで設定していきます。多くの項目において詳細な設定を行いますので注意してください。[レイヤー]パネルで、[長方形 2]を選択します。[レイヤースタイルを追加]をクリックして、[グラデーションオーバーレイ]を選択します。
[グラデーションオーバーレイ]を選択
[グラデーションオーバーレイ]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[グラデーション]セクションを設定します。[グラデーションオーバーレイ]は、キーカラーを基にしたグラデーションを設定するために使用します。フキダシの立体的な効果の大部分を占める、色の印象を決める大変重要な設定項目です。
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[境界線]をクリックします。[境界線]は、フキダシのエッジを強調するために使用します。強調というよりは、ハイライト部分からキーカラーを残す役割だと考えた方がわかりやすいかも知れません。
[境界線]を設定
[境界線]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[光彩(内側)]をクリックします。[光彩(内側)]は、フキダシの形状を隈取るために使用するもので、ペーパークラフトが皿状に反っているイメージに使います。
[光彩(内側)]を設定
[光彩(内側)]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[ベベルとエンボス]をクリックします。[ベベルとエンボス]は、フキダシのエッジにハイライトとシャドウを入れて、立体的な効果をよりリアルに演出するために使用します。ペーパークラフトは薄くて平面的なものなので、立体的というよりは、紙の厚みを表現する控えめな設定になりますが、光の入射角に影響を与える重要な役割があります。
[ベベルとエンボス]を設定
[ベベルとエンボス]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[ドロップシャドウ]をクリックします。[ドロップシャドウ]は、フキダシに影をつけるために使用します。オブジェクトを浮いたように演出する有効な方法ですが、影を濃くしてしまうと違和感が強くなり、カラーの印象も濁ったものになるので注意が必要です。
[ドロップシャドウ]を設定
[ドロップシャドウ]を設定
すべての項目が設定できたら、[レイヤースタイル]ダイアログの[OK]をクリックします。[長方形 2]の効果をつけることができました。
[長方形 2]の効果をつけることができた
[長方形 2]の効果をつけることができた
レイヤースタイルとは?
レイヤーの塗りの部分(外形)に対して、陰影や質感などの視覚効果をすばやく適用できる機能です。適用後も編集が可能なダイアログを備え、立体的な表現やアーティスティックな表現が簡単に行えます。
内側のフレームに効果をつける
内側のフレームにも、外側のフレーム同様の効果をつけていきます。[レイヤー]パネルで、[長方形 1]を選択します。[レイヤースタイルを追加]をクリックして、[グラデーションオーバーレイ]を選択します。
[グラデーションオーバーレイ]を選択
[グラデーションオーバーレイ]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[グラデーション]セクションを設定します。外側のフレームでは、キーカラーを基にしたグラデーションを設定しましたが、ここではホワイトに調子をつけるグラデーションを設定します。
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[グラデーションオーバーレイ]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[境界線]をクリックします。[境界線]は、フキダシのエッジを強調するために使用します。内側のフレームはホワイトなので、無彩色の明るいグレーを設定します。
[境界線]を設定
[境界線]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[光彩(内側)]をクリックします。[光彩(内側)]は、フキダシの形状を隈取るために使用するもので、ペーパークラフトが皿状に反っているイメージに使います。
[光彩(内側)]を設定
[光彩(内側)]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[ベベルとエンボス]をクリックします。[ベベルとエンボス]は、フキダシのエッジにハイライトとシャドウを入れて、立体的な効果をよりリアルに演出するために使用します。ペーパークラフトは薄くて平面的なものなので、立体的というよりは、紙の厚みを表現する控えめな設定になりますが、光の入射角に影響を与える重要な役割があります。
[ベベルとエンボス]を設定
[ベベルとエンボス]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログの左側にあるメニューから、[ドロップシャドウ]をクリックします。内側のフレームは、外側のフレームに重ねているイメージなので、ドロップシャドウの距離を短くします。外側のフレームのシャドウに比べ、影を落とす距離が近いので、少し濃く見えるように設定します。
[ドロップシャドウ]を設定
[ドロップシャドウ]を設定
すべての項目が設定できたら、[レイヤースタイル]ダイアログの[OK]をクリックします。[長方形 1]の効果をつけることができました。
ペーパークラフトのフキダシが完成した
ペーパークラフトのフキダシが完成した
包括光源を使用とは?
[包括光源を使用]を有効にすると、包括光源を使用した他の設定のどれかひとつの[角度]を変更しても、連動して同じ設定値に変更されます。たとえば、陰影の角度とドロップシャドウの角度を合わせたいときに使います。[包括光源を使用]を無効にすると、他の設定に影響しない単独の数値が設定できます。
フキダシを画像に配置する
完成したフキダシを他のドキュメントに配置しましょう。配置する任意のドキュメントを開きます。作例では、[ウィンドウ]メニューから、[アレンジ]→[2アップ-横]を選択して、2つのドキュメントを表示しています。[レイヤー]パネルで、グループ[フキダシ]を折りたたんで、他のドキュメントにドラッグ&ドロップします。
他のドキュメントにドラッグ&ドロップ
他のドキュメントにドラッグ&ドロップ
配置されたフキダシを[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグし、配置位置を調整します。キャッチーなコピーを可愛く演出するフキダシの出来上がり!
フキダシを画像に配置することができた
フキダシを画像に配置することができた
グループの描画モードに注意!
グループの描画モードの初期設定は[通過]です。これはレイヤーの描画モードの初期設定である[通常]と同じ働きをするものですが、グループ外にも影響を及ぼします。なので[通過]という差別化が行われています。グループ内の描画モードや調整レイヤーなどの効果を、背面のレイヤーに影響させたくない場合は[通常]を選択します。

スポンサード リンク