【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

出っ張り部分の色を塗り分ける

[ レイヤー ] パネルで、[ グループ 1 ] を選択します。
[ レイヤーマスクを追加 ] をクリックして、[ グループ 1 ] にレイヤーマスクを追加します。
レイヤーマスクサムネールを [ option ( Alt ) ] キーを押しながらクリックして、ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えます。
[ option ( Alt ) ] + クリック
[ option ( Alt ) ] + クリック
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードは必要ない?
レイヤーマスクモードへの切り替えは、解説の便宜上行っています。レイヤーマスクの編集は、レイヤーマスクサムネールを選択するだけで行えます。

出っ張りパターンの適用

[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ パターン ] を選択します。
[ オプション ] セクションの [ クリックでパターンピッカーを開く ] をクリックします。
パターンピッカーから、[ cp_pattern_a (128×128) ] を選択します。
[ cp_pattern_a (128x128) ] を選択
[ cp_pattern_a (128×128) ] を選択
[ カスタムパターン ] に「出っ張りパターン」が設定されていることを確認します。
[ 塗りつぶし ] ダイアログを設定
[ 塗りつぶし ] ダイアログを設定
[ 塗りつぶし ] ダイアログの設定ができたら、[ OK ] をクリックします。
出っ張りパターンが塗りつぶせた
出っ張りパターンが塗りつぶせた
出っ張りパターンを定義する!
作例で使用している出っ張りパターンは、あらかじめ Photoshop に登録しておきます。以下の画像をデスクトップなどにコピーして、[ 編集 ] メニューから、[ パターンを定義 ] を選択します。[ パターン名 ] ダイアログで、[ パターン名 ] に[ cp_pattern_a (128×128) ]、[ cp_pattern_b (128×128) ]、または、任意の名前を入力して、[ OK ] をクリックします。
cp_pattern_a128x128
cp_pattern_a128x128
cp_pattern_b128x128
cp_pattern_b128x128
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ノイズの設定

[ レイヤー ] パネルで、[ 背景 ] を選択します。
[ 背景 ] を選択
[ 背景 ] を選択
[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ 50% グレー ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ 50% グレー ] を選択
[ 50% グレー ] を選択
[ フィルター ] メニューから、[ ノイズ ] – [ ノイズを加える ] を選択します。[ ノイズを加える ] ダイアログで、[ グレースケールノイズ ] にチェックマークを入れます。[ 分布方法 ] の [ 均等に分布 ] を選択します。[ 量 ] に [ 10 ] % を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ノイズを加える ] ダイアログを設定
[ ノイズを加える ] ダイアログを設定
[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし (ガウス) ] を選択します。[ ぼかし (ガウス) ] ダイアログで、[ 半径 ] に [ 0.5 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし (ガウス) ] ダイアログを設定
[ ぼかし (ガウス) ] ダイアログを設定
出っ張り部分に、ノイズを加えることができました。
出っ張り部分にノイズを加える
出っ張り部分にノイズを加える

グラデーションの設定

[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックし、メニューから [ グラデーションマップ ] を選択して、[ グラデーションマップ 2 ] を作成します。
[ グラデーションマップ 2 ] を作成
[ グラデーションマップ 2 ] を作成
[ グラデーションエディター ] ダイアログで、図のようなグラデーションを作成します。設定値は以下のとおりです。
[ グラデーションエディター ] ダイアログを設定
[ グラデーションエディター ] ダイアログを設定
【設定値】
[ 位置 : 0 % ] [ H : 0° / S : 0 % / B : 0 % ]
[ 位置 : 50 % ] [ H : 36° / S : 59 % / B : 55 % ]
[ 位置 : 100 % ] [ H : 0° / S : 0 % / B : 100 % ]
出っ張り部分が着色できました。
出っ張り部分が着色できた
出っ張り部分が着色できた

擦れた鉄色の設定

[ レイヤー ] パネルで、[ 塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成 ] をクリックし、メニューから [ べた塗り ] を選択して、[ べた塗り 1 ] を作成します。
[ べた塗り 1 ] を作成
[ べた塗り 1 ] を作成
[ カラーピッカー ] ダイアログで、[ H : 210° / S : 5 % / B : 75 % ] を設定して、[ OK ] をクリックします。
[ カラーピッカー ] ダイアログを設定
[ カラーピッカー ] ダイアログを設定
レイヤーマスクサムネールを [ option ( Alt ) ] キーを押しながらクリックして、ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えます。

パターンで塗りつぶす設定

[ 編集 ] メニューから、[ 塗りつぶし ] を選択します。[ 塗りつぶし ] ダイアログで、[ 内容 ] に [ パターン ] を選択します。
[ オプション ] セクションの [ クリックでパターンピッカーを開く ] をクリックします。
パターンピッカーから、[ cp_pattern_b (128×128) ] を選択して、[ OK ] をクリックします。
[ cp_pattern_b (128x128) ] を選択
[ cp_pattern_b (128×128) ] を選択
カスタムパターンは事前に準備!
[ cp_pattern_b (128×128) ] は、あらかじめ作成したものを使用します。ドキュメントサイズは 128 x 128 pixel です。[ cp_pattern_a (128×128) ] に比べて、塗りの領域を 1/2 縮小しています。
カスタムパターンでの [ 塗りつぶし ] を確認します。
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ 階調の反転 ] を選択して適用します。
カスタムパターンでの [ 塗りつぶし ] を確認
カスタムパターンでの [ 塗りつぶし ] を確認
マスク領域を反転!
カスタムパターンは、設定中の描画色と関係なく、登録されている画像が塗りつぶされます。そのままでは、マスク領域が白黒逆です。したがって、階調を反転します。出っ張り部分が白、その他の領域が黒になるようにします。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

縞鋼板パターンの定義

[ レイヤー ] パネルで、[ グループ 1 ] を選択します。
[ グループ 1 ] を選択
[ グループ 1 ] を選択
レイヤーマスクモードから画像描画モードに切り替えると、市松模様の出っ張り部分以外がマスクされています。
レイヤーマスクの階調を反転 → 画像描画モードに切り替える
[ 編集 ] メニューから、[ パターンを定義 ] を選択します。[ パターン名 ] ダイアログで、[ パターン名 ] に [ checkered_plate (512×512) ] を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ パターン名 ] ダイアログを設定
[ パターン名 ] ダイアログを設定
ドキュメントに表示!
[ パターンを定義 ] で適用される画像は、現在ドキュメントに表示された画像です。非表示中のレイヤーや、レイヤーマスクなどが選択中の場合は、[ パターンを定義 ] が適用できないので注意してください。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク