【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【テクスチャ】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板

【Photoshop講座】縞鋼板とは、滑り止めの出っ張りが付いた鉄板です。使い古された質感は、赤錆びから出っ張りの部分を擦り取ることで表します。シームレスパターンから、任意のドキュメントサイズへ展開しましょう。


出っ張り部分にパターンを使う!
縞鋼板の赤錆びたベースとは別に、出っ張り部分に立体的な効果をつけるパターンを作成します。白黒で塗り分けただけのパターンは、3D ソフトで初歩的に行われている「バンプマッピング (高低差を計算する平面地図)」と同じ手法です。立体的なエッジは、[ベベルとエンボス] で設定するので、滑らかにもハードにも変えることができます。

何もない状態から縞鋼板を描く

こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態から縞鋼板を描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「赤錆びた縞鋼板」が作成できます。最初に生成する「雲模様」がそのまま、出っ張り模様のあるリアルな縞鋼板に変身します。
ベースの [雲模様 1] を作成 → 何もない状態から赤錆びた縞鋼板を描く

ベースの雲模様を作成する

[幅 : 512 pixel]、[高さ : 512 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[カラーモード : RGB カラー / 8 bit] の新規ドキュメントを作成します。
新規ドキュメントを作成

新規ドキュメントを作成
シームレスパターンをつくる!
これから作成するテクスチャは、つなぎ目がないシームレスパターンをオブジェクトに展開して、レイヤースタイルで立体的な効果をつけます。
シームレスパターンのベースとなる模様は、ランダムな模様を生成する [雲模様 1] を利用します。[雲模様 1] は、128 x 128 pixel の倍数でシームレス化する特性があるため、作例ではドキュメントサイズに 512 x 512 pixel を設定しています。

雲模様をグループ内で作成

[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックして、[グループ 1] を作成します。
[新規レイヤーを作成] をクリックして、[レイヤー 1] を作成します。
[グループ 1] を作成 → [レイヤー 1] を作成

[レイヤー 1] を作成
[フィルター] メニューから、[描画] → [雲模様 1] を選択して適用します。
[雲模様 1] を適用

[雲模様 1] を適用
雲模様を適用する前に!
[雲模様 1] は、現在の描画色と背景色が反映されます。描画色と背景色を初期設定 (描画色 : ブラック / 背景色 : ホワイト) に戻すには、[ツール] パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックします。
雲模様をチェンジしよう!
[雲模様 1] が生成する模様は、適用するたびに変わります。その「偶然できた模様」が、テクスチャの仕上がりを左右することも多くあるので、[command (Ctrl)] + [F] キーを押して、気に入った模様が生成されるまで吟味しましょう。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロからつくる!赤錆びた縞鋼板
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク