【ロゴ】フォントでつくる!かすれたステンシル文字

【ロゴ】フォントでつくる!かすれたステンシル文字

【Photoshop講座】型紙で吹き付けられた「ステンシル文字」は、古く朽ち果てた退廃的なイメージがよく似合います。背景素材のキズやかすれを活かして、グランジ風のオシャレな演出を施しましょう。


ブレンド条件を調整してみよう!
[ブレンド条件] とは、[レイヤー効果] にある機能で、合成する条件を詳細に調整するものです。基本画像と合成画像の暗い部分や明るい部分を、それぞれ別々に隠すことができます。たとえば、明るい表面にあるキズは、周辺よりも暗くなっていることが多いので、その階調レベルを設定すると、簡単にキズの部分をマスクすることができます。

文字にキズやかすれを加える

これから行う操作は、入力したテキストにキズやかすれを加える方法です。フィルターによって文字のエッジを崩し、背景素材との合成により、リアルなキズやかすれを抽出します。フォントは任意で設定しますが、十分な効果を得るには、サンセリフ系のできるだけ太い書体が適しています。
画像にテキストを入力 → 文字にキズやかすれを加える
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!かすれたステンシル文字
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

文字を入力する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 720 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
[ツール] パネルで、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択

[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「250 pt」を入力します。
「250 pt」を入力

「250 pt」を入力
[アンチエイリアスの種類を設定] に [滑らかに] を選択します。
[滑らかに] を選択

[滑らかに] を選択
ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。作例では「GRUNGE」を入力しました。
文字が入力できたら、[enter] キーを押して、文字の入力を確定します。
ドキュメント内で文字を入力

ドキュメント内で文字を入力
文字の間隔に注意!
テキストレイヤーの作成は、文字の選択範囲を得るためなので、[テキストカラー] を設定する必要はありません。入力した文字の位置を調整するには、[command (Ctrl)] キーを押しながらドラッグします。
入力した文字の文字間を調整したい場合は、オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え] をクリックし、[文字] パネルで、[文字間のカーニングを設定] や [選択した文字のトラッキングを設定] などの調整を行ってください。
[文字] パネルを設定

[文字] パネルを設定
作例では、[文字間のカーニングを設定] に [オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定] に [50] を設定しています。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク