【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

【テクスチャ】ゼロからつくる!黒いアスファルト

小石の形状を生成する

STEP 1 で発生させたカラーノイズを元に、[点描] を使用して「黒いアスファルト」のベースとなる、小石の形状をランダムに生成します。後の操作は、フィルターの掛け合わせができる [フィルターギャラリー] を活用します。
[ノイズを加える] を適用 (部分) → [点描] を適用 (部分)
[レイヤー] パネルで、[レイヤー 1] を選択します。
[レイヤー 1] を選択

[レイヤー 1] を選択
[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [点描] を選択します。[点描] ダイアログで、[セルの大きさ] に「32」を入力して、[OK] をクリックします。
[点描] ダイアログを設定

[点描] ダイアログを設定
小石の大きさを設定!
[セルの大きさ] には、カンバスサイズに対する小石の大きさを設定します。数値が小さいほど細かく、大きいほど粗くなります。適正値は 16 〜 64 の範囲です。
数値が小さいほど細かい → 数値が大きいほど粗い
[点描] は、スマートフィルターで適用しているので、再設定するたびに模様を変化させることができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[ちりめんじわ] の設定

[ツール] パネルで、[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックし、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定します。
[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリック

[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリック
フィルターを適用する前に!
これから使用するフィルターは、描画色と背景色が反映されます。作例と同じ結果を得るには、あらかじめ、[描画色と背景色を初期設定に戻す] をクリックして、描画色にブラック、背景色にホワイトを設定してください。
[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[スケッチ] → [ちりめんじわ] を選択します。
[ちりめんじわ] を選択

[ちりめんじわ] を選択
[ちりめんじわ] ダイアログで、[密度] に「6」、[描画レベル] に「40」、[背景レベル] に「6」を設定します。引き続き別のフィルターを適用するので、[OK] はクリックしません。
[ちりめんじわ] ダイアログを設定

[ちりめんじわ] ダイアログを設定
大まかな小石の形状やコントラストが調整できました。
[点描] を適用 (部分) → [ちりめんじわ] を適用 (部分)
初期設定から微調整!
[ちりめんじわ] の初期設定は、[密度:12]、[描画レベル:40]、[背景レベル:5] です。[密度] は模様の細かさを調整するもので、設定値が大きくなるほど、粒状のノイズの数が増えていきます。
[ちりめんじわ] の初期設定

[ちりめんじわ] の初期設定
[描画レベル] は、適用画像の階調を簡略化するもので、設定値に関係なく形状は一律です。設定値が大きくなるほど、シャドウ領域に描画色が乗算されていきます。[背景レベル] は、適用画像の「明度」を形状に反映させ、設定値が大きくなるほど、明度の適用量が多くなります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク