【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

ロゴを配置する

あらかじめ作成したロゴタイプをドキュメントに配置しましょう。ここでは、Illustrator で作成したベクトル画像を [配置] コマンドで読み込み、配置する方法を取ります。
割付ガイドを作成 → ロゴタイプと地図を配置する
[ツール] パネルで、[長方形選択ツール] を選択します。
[長方形選択ツール] を選択

[長方形選択ツール] を選択
ファイルを配置したい領域に選択範囲を作成します。
配置したい領域に選択範囲を作成

配置したい領域に選択範囲を作成
選択範囲の中心点に配置!
通常の操作では、ドキュメントの中心点に合わせて配置されますが、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲の中心点に合わせて配置することができます。
[ファイル] メニューから、[埋め込みを配置] を選択します。[配置] ダイアログで、配置するファイルを選択して、[配置]をクリックします。
配置するファイルを選択

配置するファイルを選択
埋め込みとリンク!
[配置] コマンドには、[埋め込みを配置] と [リンクを配置] があります。[埋め込みを配置] は、配置する画像データをドキュメント側のファイルにすべて読み込みます。
[リンクを配置] は、配置する画像データを外部からのリンクとして表示します。[リンクを配置] を選択した場合は、ドキュメントファイル (PSD 形式) と画像ファイル (JPEG 形式など) を同じフォルダー内に格納しておく必要があります。
[スマートオブジェクトとして開く] ダイアログで、[選択] セクションに [ページ] を選択します。
[オプション] セクションの [トリミング] に [バウンディングボックス] を選択して、[OK] をクリックします。
[スマートオブジェクトとして開く] ダイアログを設定

[スマートオブジェクトとして開く] ダイアログを設定
すると、選択範囲の基準点 (中心点) に合わせて、Illustrator で作成したベクトル画像が配置されます。
ベクトル画像が配置される

ベクトル画像が配置される
ベクトル画像の場合は?
配置する画像が、Illustrator などで作成したベクトル画像の場合は、[配置] ダイアログに続いて、[スマートオブジェクトとして開く] ダイアログが表示されます。
これは、ベクトル画像に解像度の概念がないため、元のアートワークをそのまま保持したスマートオブジェクトに変換し、Photoshop のドキュメントに表示する機能です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

大きさと位置の調整

バウンディングボックスのコーナーハンドルを、[option (Alt)] キーを押しながらドラッグして、ロゴタイプの大きさを調整します。
ロゴの大きさを調整

ロゴの大きさを調整
バウンディングボックスの内側をドラッグして、ロゴタイプの位置を調整します。
ロゴの位置を調整

ロゴの位置を調整
大きさと位置の調整ができたら、[enter] キーを押して、変形を確定します。
[enter] で変形を確定

[enter] で変形を確定
ベクトル画像は劣化しない!
配置した画像がベクトル画像の場合、変形に伴う画素の劣化はありません。バウンディングボックスの基準点 (中心点) を固定した変形を行いたい場合は、[option (Alt)] キーを併用します。
縦横比を固定した変形は、各ハンドルをドラッグすれば行えますが、縦横を個別に変形したい場合は、[shift] キーを併用します。

オブジェクトカラーの変更

[レイヤー] パネルで、ロゴのレイヤーが選択されていることを確認します。
[レイヤースタイルを追加] をクリックし、メニューから、[カラーオーバーレイ] を選択します。
[カラーオーバーレイ] を選択

[カラーオーバーレイ] を選択
[レイヤースタイル] ダイアログで、[表示色] の [オーバーレイのカラーを設定] をクリックします。
[オーバーレイのカラーを設定] をクリック

[オーバーレイのカラーを設定] をクリック
[カラーピッカー] ダイアログで、[C : 0 % / M : 60 % / Y : 100 % / K : 40 %] を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定

[カラーピッカー] ダイアログを設定
[レイヤースタイル] ダイアログで、[不透明度] に「100」% を入力して、[OK] をクリックします。
[不透明度] に「100」% を入力

[不透明度] に「100」% を入力
ロゴタイプのオブジェクトカラーを変更することができました。
[カラーオーバーレイ] の適用前 → [カラーオーバーレイ] の適用後
Photoshop で色を設定する!
配置したベクトル画像は、元のコンテンツを Illustrator で編集できるスマートオブジェクトです。なので、オブジェクトカラーの変更は、Illustrator で行うことができますが、対象のオブジェクトが単色に限り、Photoshop でも変更することができます。[レイヤースタイル] の [カラーオーバーレイ] を活用すれば、Illustrator をわざわざ起動しなくてもいいメリットがあります。

地図の配置

ロゴタイプと同様にして、地図も配置しましょう。[長方形選択ツール] を選択して、ファイルを配置したい領域に選択範囲を作成します。
選択範囲を作成

選択範囲を作成
バウンディングボックスのコーナーハンドルを、[option (Alt)] キーを押しながらドラッグして、地図の大きさを調整し、[enter] キーを押して、変形を確定します。
[option (Alt)] + ドラッグで大きさを調整

[option (Alt)] + ドラッグで大きさを調整
設定単位の大きさで配置!
Illustrator で作成したベクトル画像を配置する場合は、元のアートワークの設定単位がそのまま適用されます。たとえば、Illustrator で作成した 100mm のアートワークを、Photoshop のドキュメントに配置すると、100mm が優先され、そこにドキュメントで設定した解像度が適用されます。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク