【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

【文字&レイアウト】画像と文字を配置したポストカードをつくる

【Photoshop基本操作】画像や文字をキレイにプリント出力するには、大きな画像解像度が必要です。高品質な商業印刷で求められる数値を設定して、年賀状にも応用できるカンタンなポストカードを作成しましょう。


適切な解像度で滑らかな文字に!
文字に限られてはいませんが、プリント出力で気になる「ギザギザ」は、ドキュメントの解像度が低いために起こる現象です。高解像度になればなるほど、文字はどんどん滑らかになります。ドキュメントを出力サイズで作成し、解像度に 350 pixel/inch を設定しましょう。

プリント出力用データを作成する

これから行う操作は、ポストカードのプリント出力用データを作成する方法です。ベクトル画像とビットマップ画像の配置や、フレーム内でのトリミングなど、印刷用紙面をデザインする基本作業を学びましょう。
官製はがきサイズのドキュメント → 画像と文字を配置したポストカード

レイアウト用のガイドを引く

官製はがきサイズで出力することを前提とした、新規ドキュメントを作成します。
[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規] ダイアログで、[幅] に「148」mm、[高さ] に「100」mm、[解像度] に「350」pixel/inch を入力します。[カラーモード] に [CMYK カラー]、[カラープロファイル] に [Japan Color 2001 Coated] を選択し、[作成] をクリックします。
[新規ドキュメント] ダイアログを設定

[新規ドキュメント] ダイアログを設定
官製はがきサイズの、新しいドキュメントが作成できました。
新規ドキュメントを作成

新規ドキュメントを作成
解像度とは?
[新規ドキュメント] ダイアログで設定する [解像度] は、一辺1インチあたりに含まれるピクセル数で、画像の密度を表すものです。プリント出力を目的とする場合、[解像度 : 300 pixel/inch] が推奨されています。ここで設定した [解像度 : 350 pixel/inch] は、商業印刷で推奨される画像解像度です。
基本がわかる!画像解像度の設定
CMYK カラーとは?
CMYK カラーは、商業印刷で用いられる4色に分解されたカラーモードです。色の見え方で分けると、RGB カラーは「透過する光の色」、CMYK カラーは「反射するモノの色」です。
加色混合の RGB カラー・減色混合の CMYK カラー
ここでは、商業印刷で推奨される [CMYK カラー] を設定していますが、一般的な家庭用プリンターは、プリンター側に独自の変換機能が備わっているため、[RGB カラー] が推奨されている場合もあります。用途によって、適切なカラーモードを設定してください。
基本がわかる!RGBとCMYK
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】画像と文字を配置したポストカードをつくる
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

新規ガイドレイアウトの設定

[表示] メニューから、[新規ガイドレイアウトを作成] を選択します。[新規ガイドレイアウトを作成] ダイアログで、[既存のガイドを消去] にチェックマークを入れます。
[マージン] にチェックマークを入れ、すべてのボックスに「69 px」を入力します。
[マージン] を設定

[マージン] を設定
すると、4辺から 69 px の位置にマージンガイドが作成されます。
マージンガイドを確認

マージンガイドを確認
[列] にチェックマークを入れ、[数] に「5」、[間隔] に「69 px」を入力します。
[行] にチェックマークを入れ、[数] に「4」、[間隔] に「69 px」を入力して、[OK] をクリックします。
[列] と [行] を作成

[列] と [行] を作成
すると、幅を5等分、高さを4等分した割付ガイドが作成されます。
割付ガイドを確認

割付ガイドを確認
ガイドとは?
ガイドとは、プリント出力では反映されない仮の基準線です。合成画像や文字などの配置を目安にしたり、スナップで吸着させたい場合などに使用します。
ガイドの作成方法を大まかに分類すると、フリーハンド (手動方式) と、レイアウト (割付方式) があります。基本的なフリーハンドの操作については、以下のページで詳しく解説しています。
基本がわかる!ガイドの作成
フリーハンド (手動方式) → レイアウト (割付方式)
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク