【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【Photoshop基本操作】配置したい画像を開かず、ドキュメント内にファイルアイコンを直接ドラッグ&ドロップすることで、[埋め込みを配置]コマンドと同じ操作が行えます。あらかじめ選択範囲を作成しておくと、配置画像を中心点に合わせることができます。


配置ファイルをまとめて表示しよう!
ファイルからの直接配置は、ドキュメントにファイルアイコンをドラッグ&ドロップできる状況であれば行えます。しかし、その度にファイルを探しているようでは非効率になるので、あらかじめ材料を集めておく感覚で、ひとつのフォルダーにまとめておきましょう。[アプリケーションフレーム]を非表示にすることも有効な方法です。
ファイルから画像を直接配置する方法
これから行う操作は、ファイルから画像を直接配置する方法です。画像の配置は大まかに分類して、[配置]コマンドによる外部画像の読み込み(埋め込み&リンク)、コピー&ペーストによる外部画像の貼り込みです。両者は似て非なる特性があり、それらは用途によって使い分けなければなりません。ファイルからの直接配置は、[配置]コマンドの操作に属します。
ドキュメントとファイルアイコンを同時に表示→ドラッグ&ドロップで画像を直接配置
配置元のドキュメントを開く
配置元のドキュメントを作成、または開きます。
配置元のドキュメントを開く
配置元のドキュメントを開く
[レイヤー]パネルで、画像を配置するレイヤー階層を選択します。
配置するレイヤー階層を選択
配置するレイヤー階層を選択
ガイド作成は必須!
作業を効率よく行うために、ガイドを作成してレイアウトを設計しておきましょう。ガイドの表示・非表示の切り替えは、[command(Ctrl)]+[:]キーを押します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ファイルのウィンドウを表示する
[ウィンドウ]メニューから、[アプリケーションフレーム]を選択して、[アプリケーションフレーム]を非表示にします。
[アプリケーションフレーム]のチェックマークを外す
[アプリケーションフレーム]のチェックマークを外す
配置するファイルのウィンドウをドキュメントに並べて表示します。
ウィンドウをドキュメントに並べて表示
ウィンドウをドキュメントに並べて表示
配置できる画像ファイル!
ドラッグ&ドロップで配置できるファイルは、PSD、JPEG、PNG 形式などの画像ファイルです。配置される画像の大きさは、ドキュメントの解像度によって統一されるので、配置後に拡大する場合は、十分な解像度がなければ画質が劣化してしまうので注意しましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
選択範囲を作成する
[ツール]パネルから、[長方形選択ツール]を選択します。
[長方形選択ツール]を選択
[長方形選択ツール]を選択
ファイルを配置したい領域に選択範囲を作成します。
配置したい領域に選択範囲を作成
配置したい領域に選択範囲を作成
選択範囲の中心点に配置!
通常の操作では、ドキュメントの中心点に合わせて配置されますが、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、選択範囲の中心点に合わせて配置することができます。
ドキュメント内にファイルをドラッグ&ドロップします。すると、ファイルを開かず直接配置することができます。
ドキュメント内にファイルをドラッグ&ドロップ
ドキュメント内にファイルをドラッグ&ドロップ
アクティブで離す!
ドラッグ&ドロップする箇所は、ドキュメント内ならどこでもかまいません。ドラッグ先のウィンドウがアクティブしてからマウスボタンを離します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
配置を確定する
バウンディングボックスのコーナーハンドルを[shift]+[option(Alt)]キーを押しながらドラッグして、配置した画像の大きさを調整します。
配置した画像の大きさが決まったら、[enter]キーを押して配置(変形)を確定します。
[shift]+[option(Alt)]+ドラッグ→[enter]キーを押して配置を確定
配置を確定した画像は、スマートオブジェクトで保存されます。
スマートオブジェクトで保存される
スマートオブジェクトで保存される
同様にして、他のファイルをドキュメントにドラッグ&ドロップして、画像を配置します。ファイルから画像を直接配置することができました。
ファイルから画像を直接配置することができた
ファイルから画像を直接配置することができた
スマートオブジェクトに変換!
配置を確定した画像は、スマートオブジェクトとしてレイヤーに保存されるので、画質を劣化させることなく何度でも、拡大・縮小などの編集を加えられます。ただし、変形後の大きさが、元のピクセル数を超えると劣化してしまいます。

スポンサード リンク