【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【画像の配置】ファイルをドラッグ&ドロップして直接配置する方法【埋め込みを配置】

【Photoshop基本操作】配置したい画像を開かず、ドキュメント内にファイルアイコンを直接ドラッグ&ドロップすることで、[埋め込みを配置] コマンドと同じ操作が行えます。あらかじめ選択範囲を作成しておくと、配置画像を中心点に合わせることができます。


配置ファイルをまとめて表示しよう!
ファイルからの直接配置は、ドキュメントにファイルアイコンをドラッグ&ドロップできる状況であれば行えます。しかし、その度にファイルを探しているようでは非効率になるので、あらかじめ材料を集めておく感覚で、ひとつのフォルダーにまとめておきましょう。[アプリケーションフレーム] を非表示にすることも有効な方法です。

ファイルから画像を直接配置する方法

これから行う操作は、ファイルから画像を直接配置する方法です。画像の配置は大まかに分類して、[配置] コマンドによる外部画像の読み込み (埋め込み&リンク)、コピー&ペーストによる外部画像の貼り込みです。
ドキュメントとファイルアイコンを同時に表示 → ドラッグ&ドロップで画像を直接配置
両者は似て非なる特性があり、それらは用途によって使い分けなければなりません。ファイルからの直接配置は、[配置] コマンドの操作に属します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

配置元のドキュメントを開く

配置元のドキュメントを作成、または開きます。
配置元のドキュメントを開く

配置元のドキュメントを開く
[レイヤー] パネルで、画像を配置するレイヤー階層を選択します。
配置するレイヤー階層を選択

配置するレイヤー階層を選択
ガイド作成は必須!
作業を効率よく行うために、ガイドを作成してレイアウトを設計しておきましょう。ガイドの表示・非表示の切り替えは、[command (Ctrl)] + [:] キーを押します。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク