基本がわかる!パネルの操作

基本がわかる!パネルの操作【1】パネルの分離とドッキング

【Photoshop基本操作】Photoshopのパネル機能は、作業スペースを確保したり、効率的に表示させたりする機能が備わっています。グループからの分離、ドッキングなど、用途に応じたカスタマイズも自由に組み合わせできます。


タブを掴んで移動する!
「タブ」とは、本やノートの端に付けられた出っ張りのことです。タブのおかげで、目的のページが素早く見つけられます。Photoshopのパネルにも、このようなタブが付けられていて、クリックすると目的のパネルが表示される仕組みです。しかし、それだけではありません。パネルを切り離したり、順番を入れ替えたり、自由自在のアレンジを可能にするのもタブなのです。操作はタブを掴んで移動する感覚です。
            

パネルの分離とドッキング

パネルの表示の切り替え、分離やドッキングは、パネル名を表示する上部のタブで行います。また、アイコン化して非表示にしたり、パネルメニューを表示するためのボタンもあります。まず、それらの位置と役割を確認しておきましょう。
パネルの主な操作部分
Photoshopのパネル(タブグループ)
タブ
タブグループの表示されていないタブをクリックすると、パネルを切り替えることができます。タブをドラッグして、個別のパネルに分離したり、他のパネルにドッキングすることもできます。
アイコンパネル化・パネルを展開
クリックすると、表示中のパネル(タブグループ)がたたまれ、省スペースのアイコンとパネル名だけの表示になります。
アイコンパネル化・パネルを展開
パネルメニュー
クリックすると、それぞれのパネルに含まれるオプションが選択できるパネルメニューが表示されます。
パネルメニュー

パネルの表示・非表示

[ウィンドウ]メニューから、[(パネル名)]を選びます。選択したパネルは、あらかじめ設定されたタブグループで表示されます。
初期設定では、一部のパネル(タブグループ)しか表示されていません。たとえば、[アクション]パネルや[ナビゲーター]パネルなどを表示したい場合は、[ウィンドウ]メニューから選択します。
パネルの表示・非表示
[ウィンドウ]→[ナビゲーター]を選択
パネルの非表示
クリックすると、表示中のパネルを非表示にします。
パネルの非表示
パネルの表示・非表示
クリックすると、パネルの表示・非表示が切り替えられます。

COLUMN
使うときだけ現れるパネル!
tabキーを押すと、パネルを完全に画面から消すことができます。非表示になったパネルは、マウスカーソルを画面の端に置くと表示され、離すと非表示になります。パネルが邪魔なときは便利ですね。再びtabキーを押すと通常の表示に戻ります。

パネルをタブグループから分離

タブをクリックし、分離させたいパネルを表示します。タブの上でマウスボタンを押したままにしてドラッグし、分離させたい位置まで移動してマウスボタンを離します
パネルをタブグループから分離(クリックホールド)
表示したタブをクリックホールド
パネルをタブグループから分離(ドラッグ)
タブをパネルグループの外へドラッグ&ドロップ
パネルをタブグループから分離(ドロップ)
パネルをタブグループから分離できた
タブグループとは、ひとつのパネルに複数のパネルをまとめたものです。使用するパネルをタブで切り替えることによって、作業スペースが確保できます。

パネルをタブグループにドッキング

ドッキングさせたいパネルのタブをクリックして表示します。タブの上でマウスボタンを押したままにしてドラッグし、ドッキングさせたいパネルのタブスペースまで移動します。移動先のパネルの枠が青くなったら、マウスボタンを離します。
パネルをタブグループにドッキング(クリックホールド)
表示したタブをクリックホールド
パネルをタブグループにドッキング(ドラッグ)
ドッキングさせたいパネルまでタブをドラッグ&ドロップ
パネルをタブグループにドッキング(ドロップ)
タブグループにドッキングできた

COLUMN
画像ウィンドウの操作も同じ!
複数のドキュメントを開くと、画像ウィンドウがドッキングされて、それぞれのファイル名のタブが上部に表示されます。この画像ウィンドウもパネルと同じく、タブをドラッグすることで、分離やドッキング、タブグループ内での順番の入れ替えが行えます。
タブの順番を入れ替え
タブを水平にドラッグして順番を入れ替え
続きは↓下の番号をクリック、またはタップしてください。
            

この記事を書いた人

古岡 ひふみ
グラフィックデザイナー。商業広告等の制作会社を経て1988年よりフリー。大阪府箕面市在住。公益社団法人 日本グラフィックデザイナー協会会員。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です