基本がわかる!パネルの操作

基本がわかる!パネルの操作

基本がわかる!パネルの操作

prevnext

CHAPTER-07

処理系パネル

プリセットを設定したり一連の作業の記録・実行を操作するパネルです。操作をやり直すことができる [ヒストリー] パネルや、自動処理が行える [アクション] パネルは、効率的な作業を実現してくれる大変重宝するパネルです。
アクションで効率的な作業を実現

アクションで効率的な作業を実現

ヒストリー

操作を段階的に保存した履歴を表示するパネルです。画像に対して行った操作をヒストリーとして追加していき、[ヒストリースライダ] をドラッグすることによって履歴を戻し、操作をやり直すことができます。
[ヒストリー] アイコン

[ウィンドウ] → [ヒストリー]
[ヒストリー] パネル

[ヒストリー] パネル

アクション

一連の操作を記録して実行させるパネルです。新規アクションを作成して [記録開始] ボタンをクリックすると操作を記録します。[バッチ] コマンドなどに組み込むことができ、複数のファイルに対しても自動処理が実行できます。
[アクション] アイコン

[ウィンドウ] → [アクション]
[アクション] パネル

[アクション] パネル
基本がわかる!アクションの作り方

ツールプリセット

各ツールで設定されたツールプリセットを表示するパネルです。新しいツールプリセットを作成するには、ツールを選択してオプションバーを設定し、パネルメニューから [新規ツールプリセット] を選択します。
[ツールプリセット] アイコン

[ウィンドウ] → [ツールプリセット]
[ツールプリセット] パネル

[ツールプリセット] パネル

レイヤーカンプ

ひとつのファイルで、複数のレイアウトバリエーションを記録するパネルです。レイヤーごとに異なる表示 / 非表示、オブジェクトの位置、レイヤースタイルや描画モードの設定を、レイヤーカンプとしてスナップショットします。
[レイヤーカンプ] アイコン

[ウィンドウ] → [レイヤーカンプ]
[レイヤーカンプ] パネル

[レイヤーカンプ] パネル

注釈

注釈ラベルの内容を入力するパネルです。[注釈ツール] で画像内をクリックすると、注釈ラベルの作成と、自動的に [注釈] パネルが表示されます。ボックスに文字を入力、複数の注釈ラベルを統合的に管理できます。
[注釈] アイコン

[ウィンドウ] → [注釈]
[注釈] パネル

[注釈] パネル

タイムライン

動画編集ができるパネルです。MP4 形式で出力する [ビデオタイムラインを作成] と、GIF 形式で出力する [フレームアニメーションを作成] があります。[アニメーションフレームをトゥイーン] では、中間的な変化を生成することができます。
[タイムライン] アイコン

[ウィンドウ] → [タイムライン]
[タイムライン] パネル

[タイムライン] パネル

計測ログ

[ものさしツール] や [長方形選択ツール] などの計測値を記録できるパネルです。[計測ログ] パネルの項目は、並べ替えや削除することができ、テキストデータとして書き出すことも可能です。
[計測ログ] アイコン

[ウィンドウ] → [計測ログ]
[計測ログ] パネル

[計測ログ] パネル

3D

テキストレイヤーやシェイプレイヤーから、新規 3D オブジェクトを作成するパネルです。3D ワークスペースに切り替わると、[シーン全体] を表示し、その選択項目に対して、[プロパティ] パネルで詳細を設定する構造になります。
[3D] アイコン

[ウィンドウ] → [3D]
[3D] パネル (新規 3D オブジェクトを作成)

[3D] パネル (新規 3D オブジェクトを作成)
[3D] パネル (3D ワークスペース)

[3D] パネル (3D ワークスペース)
基本がわかる!パネルの操作

prevnext

スポンサード リンク