【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

表面に質感を加える

木板の表面には、縞状の木目模様より細かい溝のデコボコがあります。この効果を加えることで、木の質感がグッと向上します。
[レイヤー] パネルで、[新規レイヤーを作成] をクリックし、[レイヤー 2] を作成します。
[レイヤー 2] を作成

[レイヤー 2] を作成
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし] ダイアログで、[内容] に [50%グレー] を選択して、[OK] をクリックします。
[塗りつぶし] ダイアログを設定

[塗りつぶし] ダイアログを設定
[フィルター] メニューから、[スマートフィルター用に変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを活用!
スマートオブジェクトは、ピクセルを含まない透明のレイヤーでも変換することができますが、フィルター適用が目的の場合は、元のピクセルに対して効果をつけるため、あらかじめ、レイヤーを塗りつぶしておきます。
[command (Ctrl)] + [T] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示

変形のバウンディングボックスを表示
オプションバーで、[縦横比を固定] を無効にします。
[水平比率を設定] に「102.50%」を入力し、[enter] キーを押して、変形を確定します。
[水平比率を設定] に「102.50%」を入力

[水平比率を設定] に「102.50%」を入力
[50%グレー] で塗りつぶした [レイヤー 2] を、左右に引き伸ばすことができました。
[レイヤー 2] を左右に引き伸ばす

[レイヤー 2] を左右に引き伸ばす
エッジに出る影響を隠す!
STEP 1 と同じく、[レイヤー 2] にも [ぼかし (移動)] を適用するので、エッジに出る影響を隠すため、左右に少し余裕を設けます。
拡大率は、カンバスサイズの幅より 32 〜 64 pixel 大きければ十分です。計算式は、(カンバスサイズの幅 + 余裕の幅) ÷ (カンバスサイズの幅) × 100 で求めることができます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[粒状] の設定

[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択します。[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[テクスチャ] → [粒状] を選択します。
[粒状] を選択

[粒状] を選択
[粒状] ダイアログで、[粒子の種類] に [凝集] を選択します。
[密度] に「10」、[コントラスト] に「50」を入力します。
[粒状] ダイアログを設定

[粒状] ダイアログを設定
単調な色に深みを出す!
[粒状] の役割は、カラーノイズを加えることで、単調な色に深みを出すことです。[粒子の種類] に選択した [凝集] は、粗いカラーノイズにぼかしを加えたもので、[密度] によって適用度を調整し、[コントラスト] によって強さを調整します。

[テクスチャライザー] の設定

[フィルターギャラリー] 操作パネルで、[新しいエフェクトレイヤー] をクリックし、[粒状] を複製します。
[新しいエフェクトレイヤー] をクリック

[新しいエフェクトレイヤー] をクリック
[テクスチャ] → [テクスチャライザー] を選択します。
[テクスチャライザー] を選択

[テクスチャライザー] を選択
[テクスチャライザー] ダイアログで、[テクスチャ] に [砂岩] を選択します。
[拡大・縮小] に「100」%、[レリーフ] に「4」、[照射方向] に [左上へ] を選択して、[OK] をクリックします。
[テクスチャライザー] ダイアログを設定

[テクスチャライザー] ダイアログを設定
[50%グレー] で塗りつぶした [レイヤー 2] に、[粒状] と [テクスチャライザー] を適用することができました。
[粒状] と [テクスチャライザー] を適用

[粒状] と [テクスチャライザー] を適用
フィルターの掛け合わせが可能!
[フィルターギャラリー] では、複数のフィルターを掛け合わせることができます。前回の設定がそのまま受け継がれるため、[新しいエフェクトレイヤー] をクリックすると、現在のエフェクトレイヤーが複製されるカタチになります。
[エフェクトレイヤーを削除] をクリック

[エフェクトレイヤーを削除] をクリック
エフェクトレイヤーの削除は、対象のエフェクトレイヤーを選択して、[エフェクトレイヤーを削除] をクリックします。すべてをクリアしたい場合は、[command (Ctrl)] キーを押すと、[キャンセル] が [すべてクリア] に変わるので、[command (Ctrl)] キーを押しながら、[すべてクリア] をクリックします。

[ぼかし (移動)]の設定

[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (移動)] を選択します。[ぼかし (移動)] ダイアログで、[角度] に「0」°、[距離] に「16」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (移動)] ダイアログを設定

[ぼかし (移動)] ダイアログを設定
[フィルターギャラリー] で作成したテクスチャを、[ぼかし (移動)] で水平方向に引き伸ばすことで、木板の表面のような細かい溝をつくることができました。
[フィルターギャラリー] を適用 (部分) → [ぼかし (移動)] を適用 (部分)
角度は木目模様に合わせる!
作例では、木目模様に「横目」を想定しているので、[ぼかし (移動)] の [角度] は、水平方向になる「0」°を設定します。「縦目」の場合は、垂直方向になる「90」°を設定します。

描画モードの設定

[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
描画モードに [オーバーレイ] を選択

描画モードに [オーバーレイ] を選択
単調でフラットだった木目模様の表面に、木の質感を加えることができました。
表面に質感を加えることができた

表面に質感を加えることができた
下のレイヤーがそのまま反映される!
描画モード [オーバーレイ] の中性色は「50% グレー」です。50% グレーの部分は、合成色として影響しないので、下のレイヤーの基本色がそのまま反映されます。
[レイヤー 2] の効果がない場合 (部分) → [レイヤー 2] の効果がある場合 (部分)
[レイヤー 2] の効果は、「50% グレー」をベースとし、それより明るい部分と暗い部分をつくり、立体的に見える細かい溝の効果のみを適用しています。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク