【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

【テクスチャ】ゼロからつくる!木目調のテクスチャ

テクスチャを着色する

作例では、オイルフィニッシュ風の色を想定します。後の手順で加える反射光に備えて、少し暗めに設定しておくことがポイントです。
縞状の木目模様を生成する (部分) → テクスチャを着色する (部分)
[レイヤー] パネルで、[レイヤー 1] を選択します。
[レイヤー 1] を選択

[レイヤー 1] を選択
[イメージ] メニューから、[グラデーションマップ] を選択します。[グラデーションマップ] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックし、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック

[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定

[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [H : 30° / S : 60% / B : 50%]
[位置 : 100%] [H : 30° / S : 90% / B : 35%]
[グラデーションエディター] ダイアログで、次のグラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションマップ] ダイアログを設定

[グラデーションマップ] ダイアログを設定
オイルフィニッシュ風に、テクスチャを着色することができました。
テクスチャを着色することができた

テクスチャを着色することができた
白黒を塗り分ける!
[グラデーションマップ] は、対象となる画像の「明度の違い」によって着色する機能です。たとえば、画像内の最も明るい色であるホワイトは、グラデーションバーの [位置 : 100%] で、色や不透明度を指定することができます。
[逆方向] をクリック

[逆方向] をクリック
[グラデーションマップ] ダイアログの [逆方向] は、現在のグラデーションバーを逆方向にするオプションです。指定した色の [位置] が逆転するので、対象となる画像の、白黒で塗り分けた領域も逆転します。
[逆方向] が無効の場合 (部分) → [逆方向] が有効の場合 (部分)
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク