写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩 (ウォーターカラー) という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。


絵具のにじみを再現しよう!
絵具が乾かないうちに他の色を塗ってにじませる「たらし込み技法」では、ぼかしやにじみの他に、境界線が際立った絵具溜めの効果も、水彩画のタッチを再現する大きなポイントだと思います。
[ドライブラシ] フィルターで写真の生っぽさを消し、この絵具溜めの効果をプラスしたら、どんな風景写真だって水彩画に早変わりします。

風景写真を水彩画風に加工

これから行う操作は、風景写真を水彩画風に加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。
元画像 → 水彩画の風景スケッチ風に加工
元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。

水彩画のタッチを加える

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1920 pixel]、[高さ : 1280 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。加工する素材は、色彩を多く含む風景写真が好ましいです。
素材画像を開く

素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
これから複数のレイヤーで作業するので、それぞれの役割を確認しやすくするため、レイヤー名を「彩色」に変更します。
レイヤー名を「彩色」に変更

レイヤー名を「彩色」に変更
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換] を適用すると、[背景] やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。
[背景] に適用すると、レイヤー名が [レイヤー 0] に変更され、[背景] では設定できなかった [描画モード] や [不透明度]、[位置をロック] などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

[ドライブラシ] の設定

[フィルター] メニューから、[フィルターギャラリー] を選択し、[アーティスティック] → [ドライブラシ] を選択します。
[ドライブラシ] を選択

[ドライブラシ] を選択
[ドライブラシ] ダイアログで、[ブラシサイズ] に「10」、[ブラシの細かさ] に「0」、[テクスチャ] に「1」を設定して、[OK] をクリックします。
[ドライブラシ] ダイアログを設定

[ドライブラシ] ダイアログを設定
水彩画のぼかし効果を加えることができました。
水彩画のぼかし効果を加えることができた

水彩画のぼかし効果を加えることができた
[ドライブラシ] 設定のコツ!
[ドライブラシ] の設定は、まず、[ブラシサイズ] を調整しましょう。[ブラシサイズ] は、ピクセルをブレンドする大きさを調整するもので、数値が大きくなるほど、単純化される範囲が広くなり、大きなブラシで描いたようなタッチになります。初期設定は「2」です。ここでは、できるだけ大まかなぼかし効果を加えたいので、最大値の「10」に設定しました。
[ブラシの細かさ] は、ブラシを強調するエッジの幅を調整するもので、数値が大きくなるほどエッジの幅が小さくなり、適用画像のディテールを残せます。初期設定は「8」です。ここでは、ディテールを大きく崩したいので、最小値の「0」に設定しました。
[テクスチャ] は、ブラシのハロー (光りがぼやけて見える現象) を調整するもので、数値が大きくなるほどハローが強くなり、ランダムなタッチが現れます。初期設定は「1」です。ここでは、できるだけフラットな彩色を表現したいので、最小値の「1」に設定しました。

[ぼかし (ガウス)] の設定

[フィルター] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (ガウス)] を選択します。[ぼかし (ガウス)] ダイアログで、[半径] に「0.5」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[ぼかし (ガウス)] ダイアログを設定

[ぼかし (ガウス)] ダイアログを設定
[ドライブラシ] の適用で目立ったジャギーをぼかすことができました。
[ぼかし (ガウス)] 適用前 (200% 拡大) → [ぼかし (ガウス)] 適用後 (200% 拡大)
ジャギーをぼかして緩和!
[ドライブラシ] の効果は、色域で測定した範囲のコントラストを高めるため、境界線にジャギー (ギザギザの線) が発生します。
効果的には、このコントラストを維持したいので、[ぼかし (ガウス)] には、「0.5」pixel から「1」pixel を適用し、ジャギーを少しだけ緩和させます。
続きは↓下の番号をクリック!

1234

スポンサード リンク