写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩 (ウォーターカラー) という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。


絵具のにじみを再現しよう!
絵具が乾かないうちに他の色を塗ってにじませる「たらし込み技法」では、ぼかしやにじみの他に、境界線が際立った絵具溜めの効果も、水彩画のタッチを再現する大きなポイントだと思います。
[ドライブラシ] フィルターで写真の生っぽさを消し、この絵具溜めの効果をプラスしたら、どんな風景写真だって水彩画に早変わりします。

風景写真を水彩画風に加工

これから行う操作は、風景写真を水彩画風に加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。
元画像 → 風景写真を水彩画風に加工
元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。

マージン領域を塗りつぶす

水彩画タッチのフレーム効果を得るため、画像の周囲にマージンを設けます。元画像の内側にマージンを取ると、写体の構図などに影響が出るので、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を使用して、領域を外側に増やす方法をとります。
元画像 → マージン領域の塗りつぶし

マージンガイドの作成

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1024 pixel]、[高さ:683 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。加工する素材は、色彩を多く含む風景写真が好ましいです。
素材画像を開く

素材画像を開く
[表示] メニューから、[新規ガイドレイアウトを作成] を選択します。[新規ガイドレイアウトを作成] ダイアログで、[列] セクションの [数] に「1」、[行] セクションの [数] に「1」を入力し、[OK] をクリックします。
[新規ガイドレイアウトを作成] ダイアログを設定

[新規ガイドレイアウトを作成] ダイアログを設定
ドキュメントの端に、ガイドが作成されたことを確認します。
ガイドの作成を確認

ガイドの作成を確認
元画像の領域を示す!
[コンテンツに応じた塗りつぶし] で、領域を外側に増やすと、元画像との境界線がわからなくなります。それほどスゴイ機能なんです。ここでは、元画像の構図をそのまま残したいので、その位置の参考となるガイドを作成しておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

カンバスサイズの設定

[レイヤー] パネルで、[背景] レイヤーサムネールをダブルクリックして、[新規レイヤー] ダイアログを表示します。
[背景] をダブルクリック

[背景] をダブルクリック
[新規レイヤー] ダイアログで、[レイヤー名] に「彩色」を入力して、[OK] をクリックします。
レイヤー名を設定

レイヤー名を設定
[背景] がレイヤー「彩色」に変換されたことを確認します。
レイヤーの変換を確認

レイヤーの変換を確認
[イメージ] メニューから、[カンバスサイズ] を選択します。[カンバスサイズ] ダイアログで、[単位] に [%] を選択し、[幅]、[高さ] にそれぞれ「125」を入力して、[OK] をクリックします。
[カンバスサイズ] ダイアログを設定

[カンバスサイズ] ダイアログを設定
カンバスサイズを 125% 拡大することで、画像の周囲にマージン領域が作成されたことを確認します。
マージン領域を確認

マージン領域を確認
選択範囲のための透明ピクセル!
[コンテンツに応じた塗りつぶし] の塗りつぶし領域は、透明ピクセルである必要はありません。透明ピクセルを含んだドキュメントにすることで、その足りない領域を効率的に選択するためです。

マージン領域の選択

[レイヤー] パネルで、[彩色] のレイヤーサムネールを、[command (Ctrl)] キーを押しながらクリックします。
[command (Ctrl)] + クリック

[command (Ctrl)] + クリック
元画像の領域に、選択範囲が作成されたことを確認します。
選択範囲を確認

選択範囲を確認
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を反転] を選択して適用します。
[選択範囲] メニューから、[選択範囲を変更] → [拡張] を選択します。[選択範囲を拡張] ダイアログで、[拡張量] に「1」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[選択範囲を拡張] ダイアログを設定

[選択範囲を拡張] ダイアログを設定
マージン領域に拡張した選択範囲が作成されたことを確認します。
マージン領域の選択範囲を確認

マージン領域の選択範囲を確認
なぜ選択を拡張するの?
元画像のエッジ部分には、ファイルの圧縮や拡大・縮小などが原因となる「ブレ線」が残っている場合があります。足りない領域の穴埋め修正では、つなぎ目となるエッジ部分に、少しだけ重なる領域を設けてブレ線を隠します。

コンテンツに応じた塗りつぶし

[編集] メニューから、[コンテンツに応じた塗りつぶし] を選択します。すると、[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネルが表示されます。
[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル

[コンテンツに応じた塗りつぶし] プロパティパネル
プロパティパネルで、[サンプリング領域のオプション] に [自動] を選択します。
[塗りつぶしの設定] セクションの [回転適用] に [なし] を選択します。
[サンプリング領域のオプション] に [自動] を選択

[サンプリング領域のオプション] に [自動] を選択
[出力設定] セクションの [出力先] に [現在のレイヤー] を選択します。
[OK] をクリックします。
[選択範囲を拡張] ダイアログを設定

[選択範囲を拡張] ダイアログを設定
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。
[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除

[command (Ctrl)] + [D] キーで選択を解除
出力方法に注意!
[出力先] に [現在のレイヤー] を選択すると、元画像がプレビュー画面の結果に書き換えられます。他にも [レイヤーを複製]、[新規レイヤー] が選択できますが、ここでは、マージン領域を含めた1枚のレイヤーにしておく必要があります。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク