写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ風

【Photoshop講座】水彩画の一般的なイメージは、顔料を薄くぼかしながら塗り重ねていく、透明水彩(ウォーターカラー)という画法でしょう。不透明絵具を塗り重ねて行く画法との大きな違いは、用紙の地色を活かしながら彩色していくことです。風景写真を素朴な水彩画風に仕上げてみましょう。


絵具溜めの効果を表現しよう!
絵具が乾かないうちに他の色を塗ってにじませる「たらし込み技法」では、ぼかしやにじみの他に、境界線が際立った絵具溜めの効果も、水彩画のタッチを表現する大きなポイントだと思います。[ドライブラシ]フィルターで写真の生っぽさを消し、この絵具溜めの効果をプラスしたら、どんな風景写真だって水彩画に早変わりします。
風景写真を水彩画風に加工
これから行う操作は、風景写真を水彩画風に加工する方法です。フィルターや描画モード、色調補正など、複数の操作を経て完成させます。元画像をそのまま利用する方法なので、作例とは違うピクセルサイズの画像では、効果が発揮できないことがあります。他の素材に応用する場合は、あらかじめ、使用する画像の長辺をリサイズしてください。
元画像→水彩画の風景スケッチ風に加工
スマートオブジェクトに変換する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1920 pixel]、[高さ:1280 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。加工する素材は、色彩を多く含む風景写真が好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を適用します。
スマートオブジェクトを確認
これから複数のレイヤーで作業するので、それぞれの役割を確認しやすくするため、レイヤー名を「彩色」に変更します。
レイヤー名を「彩色」に変更
レイヤー名を「彩色」に変更
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、適用後の色調補正やフィルターが再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
水彩画のぼかし効果を加える
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[アーティスティック]→[ドライブラシ]を選択します。
[ドライブラシ]を選択
[ドライブラシ]を選択
[ドライブラシ]ダイアログで、[ブラシサイズ]に「10」、[ブラシの細かさ]に「0」、[テクスチャ]に「1」を設定して、[OK]をクリックします。
[ドライブラシ]ダイアログを設定
[ドライブラシ]ダイアログを設定
水彩画のぼかし効果を加えることができた
水彩画のぼかし効果を加えることができた
[ドライブラシ]設定のコツ!
[ドライブラシ]の設定は、まず、[ブラシサイズ]を調整しましょう。[ブラシサイズ]は、ピクセルをブレンドする大きさを調整するもので、数値が大きくなるほど、単純化される範囲が広くなり、大きなブラシで描いたようなタッチになります。初期設定は「2」です。ここでは、できるだけ大まかなぼかし効果を加えたいので、最大値の「10」に設定しました。
[ブラシの細かさ]は、ブラシを強調するエッジの幅を調整するもので、数値が大きくなるほどエッジの幅が小さくなり、適用画像のディテールを残せます。初期設定は「8」です。ここでは、ディテールを大きく崩したいので、最小値の「0」に設定しました。
[テクスチャ]は、ブラシのハロー(光りがぼやけて見える現象)を調整するもので、数値が大きくなるほどハローが強くなり、ランダムなタッチが現れます。初期設定は「1」です。ここでは、できるだけフラットな彩色を表現したいので、最小値の「1」に設定しました。
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(ガウス)]を選択します。[ぼかし(ガウス)]ダイアログで、[半径]に「0.5」pixel を入力して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]ダイアログを設定
[ぼかし(ガウス)]適用前(200%拡大)→[ぼかし(ガウス)]適用後(200%拡大)
ジャギーをぼかして緩和!
[ドライブラシ]の効果は、色域で測定した範囲のコントラストを高めるため、境界線にジャギー(ギザギザの線)が発生します。効果的には、このコントラストを維持したいので、[ぼかし(ガウス)]には、「0.5」pixel から「1」pixel を適用し、ジャギーを少しだけ緩和させます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レイヤーを複製する
[レイヤー]パネルで、レイヤー[彩色]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[彩色 のコピー]を作成します。
[新規レイヤーを作成]にドラッグ
[新規レイヤーを作成]にドラッグ
レイヤー[彩色]を複製
レイヤー[彩色]を複製
レイヤー名を「彩色のにじみ」に変更します。
レイヤー名を「彩色のにじみ」に変更
レイヤー名を「彩色のにじみ」に変更
[レイヤー]パネルで、[レイヤーの表示/非表示]をクリックして、レイヤー「彩色のにじみ」を非表示にして、レイヤー[彩色]を選択します。
レイヤー[彩色]を選択
レイヤー[彩色]を選択
効率化のための複製!
STEP 2 で作成したレイヤー[彩色]は、この作例の基礎となるレイヤーです。スマートオブジェクトに変換しているので、フィルターなどの効果を保持した状態での再編集が可能です。複製したレイヤー「彩色のにじみ」は、レイヤー[彩色]の効果をそのまま受け継いでいます。それぞれのレイヤーに個別の効果を加えて行くので、いったん非表示にしておきます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
彩色に濃淡を加える
[フィルター]メニューから、[シャープ]→[アンシャープマスク]を選択します。[アンシャープマスク]ダイアログで、[量]に「100」%、[半径]に「16.0」pixel、[しきい値]に「0」レベルを入力して、[OK]をクリックします。
[アンシャープマスク]ダイアログを設定
[アンシャープマスク]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、レイヤー効果の[アンシャープマスク]を下にドラッグして、[フィルターギャラリー]の下層に移動します。
[アンシャープマスク]を下にドラッグ
[アンシャープマスク]を下にドラッグ
[アンシャープマスク]を下層に移動
[アンシャープマスク]を下層に移動
STEP 3→レイヤー[彩色]に濃淡を加えることができた
塗り残し部分をつくる!
[アンシャープマスク]は、輪郭を際立たせてハッキリさせるフィルターです。作例では、この機能を利用して、輪郭線にハロー(光りがぼやけて見える現象)を出現させ、彩色に濃淡を表現しています。彩色の明るい部分は、より明るくなるので、まるで塗り残し部分があるかのような表現もできます。
彩色を鮮やかにする
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[色相・彩度]を選択します。[色相・彩度]ダイアログで、[彩度]に「+50」、[明度]に「+10」を入力して、[OK]をクリックします。
[色相・彩度]ダイアログを設定
[色相・彩度]ダイアログを設定
STEP 4→[彩色]が鮮やかになった
色調補正も編集可能!
スマートオブジェクトなら、色調補正ツールも再編集可能です。Photoshop には、その他にも「調整レイヤー」という機能があるので、用途に合わせて使い分け、再編集ができるように作業を組み立てる習慣をつけましょう。
絵具溜めを表現する
[レイヤー]パネルで、レイヤー「彩色のにじみ」を選択して表示します。
「彩色のにじみ」を選択
「彩色のにじみ」を選択
[フィルター]メニューから、[表現手法]→[輪郭検出]を適用します。
[輪郭検出]の適用を確認
[輪郭検出]の適用を確認
[レイヤー]パネルで、描画モードに[ソフトライト]を選択します。
描画モードに[ソフトライト]を選択
描画モードに[ソフトライト]を選択
絵具溜めを表現することができた
絵具溜めを表現することができた
ソフトライトとは?
描画モード[ソフトライト]は、前面のレイヤーが50%グレーより明るい部分は[覆い焼き]、暗い部分は[焼き込み]にします。[輪郭検出]を適用した画像は、輪郭を除く大半の部分が真っ白なので、50%グレーより明るい部分になり、その領域を[覆い焼き]の特性によってより明るくします。一方、輪郭の部分は暗い部分になるので、[焼き込み]の特性によってより暗くします。
用紙の色を設定する
[レイヤー]パネルで、レイヤー[彩色]とレイヤー[彩色のにじみ]を[shift]キーを押しながら選択します。
すべてレイヤーを選択
すべてレイヤーを選択
[新規グループを作成]を、[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
[新規グループ]ダイアログで、[名前]に「水彩画」を入力し、[描画モード]に[乗算]を選択し、[OK]をクリックします。すると、[レイヤー]パネルに、レイヤーを格納したグループが作成できます。
[新規グループ]ダイアログを設定
[新規グループ]ダイアログを設定
レイヤーを格納したグループが作成できた
レイヤーを格納したグループが作成できた
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[べた塗り]を選択して、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、[H:60 S:5 B:90]を設定して、[OK]を入力します。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[べた塗り 1]を下にドラッグし、グループ[水彩画]の背面に移動します。
グループ[水彩画]の背面に移動
グループ[水彩画]の背面に移動
STEP 6→用紙の色が設定できた
用紙の色は重要!
透明水彩の画法は、油絵のように絵の具を厚塗りするのではなく、薄く溶いて重ね塗りするものです。そのため、明るい部分を塗り残すようにするため、地色、つまり用紙の色に大きく影響を受けます。作例では、絵手紙などに用いられる少しベージュがかった粗めのコットン紙を想定しています。真っ白な用紙を設定したい場合でも、風合いを出すためにオフホワイト(H:0 S:0 B:90)を使用してください。
水彩画をランダムに抽出する
[レイヤー]パネルで、グループ[水彩画]を選択し、[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、すべての領域を隠すレイヤーマスクを作成します。すると、用紙の色だけを表示します。
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
[レイヤーマスクを追加]を[option(Alt)]+クリック
用紙の色だけを表示
用紙の色だけを表示
[ツール]パネルから、[ブラシツール]を選択し、オプションバーで、[クリックでブラシプリセットピッカーを開く]をクリックして、[直径]に「200 px」、[硬さ]に「0%」を設定します。
[直径]と[硬さ]を設定
[直径]と[硬さ]を設定
[不透明度]に「50%」を入力します。
[不透明度]に「50%」を設定
[不透明度]に「50%」を設定
ドキュメント内を短いストロークでドラッグしたり、不規則にクリックすることで、水彩画をランダムに抽出して行きます。
短いストロークでドラッグを繰り返す
短いストロークでドラッグを繰り返す
水彩画をランダムに抽出することができた
水彩画をランダムに抽出することができた
不規則さで生っぽさ抑える!
写真からのイラスト風加工では、その生っぽさを抑える工夫が必要です。均等な部分は不均等に、規則的な部分は不規則にすることを考えます。ここで再現したいのは、透明水彩の特徴である「彩色のムラ」です。100 〜 200 px のブラシサイズを使い分け、短いストロークでドラッグしたり、不規則にクリックすることで、彩色のムラが表現できます。背面の画像が出過ぎたら、ブラックで塗りつぶして調整しましょう。
粗めの風合いを加える
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]をクリックして、[レイヤー 1]を作成します。
[レイヤー 1]を作成
[レイヤー 1]を作成
[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択します。[塗りつぶし]ダイアログで、[内容]に[50% グレー]を選択して、[OK]をクリックします。[レイヤー 1]が[50% グレー]で塗りつぶせたら、[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
[塗りつぶし]ダイアログを設定
[塗りつぶし]ダイアログを設定
警告アラート
警告アラート
[フィルター]メニューから、[フィルターギャラリー]を選択し、[テクスチャ]→[テクスチャライザー]を選択します。
[テクスチャライザー]を選択
[テクスチャライザー]を選択
[テクスチャライザー]ダイアログで、[テクスチャの読み込み]をクリックして選択し、「紙 – 水彩画.psd」を選択して、[読み込み]をクリックします。
[テクスチャの読み込み]をクリックして選択
[テクスチャの読み込み]をクリックして選択
「紙 - 水彩画.psd」を読み込む
「紙 – 水彩画.psd」を読み込む
用紙の風合いにこだわろう!
紙 - 水彩画
作例では、Photoshop に付属している照明効果用テクスチャ「紙 – 水彩画」を使用しています。
[拡大・縮小]に「200」%、[レリーフ]に「6」を入力し、[照射方向]に「上へ」を選択して、[OK]をクリックします。
[テクスチャライザー]ダイアログを設定
[テクスチャライザー]ダイアログを設定
「紙 - 水彩画.psd」のテクスチャが適用できた
「紙 – 水彩画.psd」のテクスチャが適用できた
[レイヤー]パネルで、描画モードに[オーバーレイ]を選択します。
[オーバーレイ]を選択
[オーバーレイ]を選択
[テクスチャライザー]適用前→[テクスチャライザー]適用後
粗めの風合いを加えることができた
粗めの風合いを加えることができた
質感用のオーバーレイ!
[テクスチャライザー]は、グレースケールのテクスチャ用画像を用いて、そのピクセル情報の明度によってコントラストを強調し、シャドウ部分とハイライト部分の位置をそれぞれ移動することにより、立体的な効果を出すものです。描画モード[オーバーレイ]は、背面の基本色に影響しない「中性色」が「50% グレー」なので、ニュートラルな状態での[テクスチャライザー]が再現できます。たとえば、背面の基本色が真っ白な場合、ハイライト部分はそれ以上明るくならないので、テクスチャの質感を出すことはできません。そのため、背面の基本色を暗く調整できる状態が望ましいので、質感用のオーバーレイを作成しています。

スポンサード リンク