写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

水彩画タッチのベースをつくる

明るさを調整した [ 彩色 ] にフィルター効果を加え、水彩画タッチのベースをつくります。元画像のディテールを崩したり、単純化することによって、風景写真を水彩画の印象に近づけていきます。
STEP 2 → 水彩画タッチのベースをつくる

ドライブラシの設定

[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ アーティスティック ] – [ ドライブラシ ] を選択します。
[ ドライブラシ ] を選択
[ ドライブラシ ] を選択
[ ドライブラシ ] ダイアログで、[ ブラシサイズ ] に [ 2 ]、[ ブラシの細かさ ] に [ 8 ]、[ テクスチャ ] に [ 1 ] を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ドライブラシ ] ダイアログを設定
[ ドライブラシ ] ダイアログを設定
[ ドライブラシ ] フィルターで、水彩画タッチの効果をつけることができました。
水彩画タッチの効果をつけることができた
水彩画タッチの効果をつけることができた
ドライブラシのコツ!
[ ドライブラシ ] の設定は、まず、[ ブラシサイズ ] を調整しましょう。[ ブラシサイズ ] は、ピクセルをブレンドする大きさを調整するもので、数値が大きくなるほど、単純化される範囲が広くなり、大きなブラシで描いたようなタッチになります。初期設定は [ 2 ] です。
[ ブラシの細かさ ] は、ブラシを強調するエッジの幅を調整するもので、数値が大きくなるほどエッジの幅が小さくなり、適用画像のディテールを残せます。初期設定は [ 8 ] です。
[ テクスチャ ] は、ブラシのハロー ( 光りがぼやけて見える現象 ) を調整するもので、数値が大きくなるほどハローが強くなり、ランダムなタッチが現れます。初期設定は [ 1 ] です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ぼかしの設定

[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし ( ガウス ) ]を選択します。[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に [ 0.5 ] pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ ドライブラシ ] の適用による境界線の、ジャギーを緩和させることができました。
[ ぼかし ( ガウス ) ] 適用前 ( 200% 拡大 ) → [ ぼかし ( ガウス ) ] 適用後 ( 200% 拡大 )
ジャギーをぼかして緩和!
[ ドライブラシ ] の効果は、色域で測定した範囲のコントラストを高めるため、境界線にジャギー ( ギザギザの線 ) が発生します。
効果的には、このコントラストを維持したいので、[ ぼかし ( ガウス ) ] には、[ 0.5 ] pixel から [ 1 ] pixel を適用して、ジャギーを少しだけ緩和させます。
続きは↓下の番号をクリック!
123456

スポンサード リンク