写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

写真をイラスト調に!水彩画の風景スケッチ

用紙の色と明るさを調整する

水彩画用紙には、一般的に風合いのある厚手のコットン紙が用いられます。後に適用するテクスチャの効果を活かすには、真っ白ではなく、少しベージュがかった色を設定します。素材画像の生っぽさを消すために、影を明るく、光を抑える調整を行いましょう。
STEP 1 → 用紙の色と明るさを調整する

用紙の色の設定

[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認

スマートオブジェクトを確認
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [べた塗り] を選択して、[べた塗り 1] を作成します。
[べた塗り 1] を作成

[べた塗り 1] を作成
[カラーピッカー] ダイアログで、[H : 45° / S : 5% / B : 90%] を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーピッカー] ダイアログを設定

[カラーピッカー] ダイアログを設定
[レイヤー] パネルで、[option (Alt)] キーを押しながら、[新規グループを作成] をクリックします。
[新規グループ] ダイアログで、[名前] に「水彩画」を入力します。
[描画モード] に [乗算] を選択して、[OK] をクリックします。
[描画モード] に [乗算] を選択

[描画モード] に [乗算] を選択
[カラーピッカー] ダイアログで、[H : 45° / S : 5% / B : 90%] を入力して、[OK] をクリックします。
[彩色] をグループに格納

[彩色] をグループに格納
用紙の色は重要!
透明水彩の画法は、油絵のように絵の具を厚塗りするのではなく、薄く溶いて重ね塗りするものです。そのため、明るい部分を塗り残すようにするため、地色、つまり用紙の色に大きく影響を受けます。
作例では、絵手紙などに用いられる、少しベージュがかった粗めのコットン紙を想定しています。真っ白な用紙を設定したい場合でも、風合いを出すためにオフホワイト [H : 0° / S : 0% / B : 90%] を使用してください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

シャドウ・ハイライトの設定

[イメージ] メニューから、[色調補正] → [シャドウ・ハイライト] を選択します。[シャドウ・ハイライト] ダイアログで、[シャドウ] セクションの [量] に「50」% を入力します。
[ハイライト] セクションの [量] に「35」% を入力します。
[調整] セクションの [カラー] に「+50」を入力して、[OK] をクリックします。
[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定

[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定
暗い部分を明るく、明るい部分を暗くすることができました。
[シャドウ・ハイライト] を適用

[シャドウ・ハイライト] を適用
素材により適正値は異なる!
影の部分を明るく起こせる [シャドウ・ハイライト] は、写真をイラスト調にする効果として、なくてはならない存在です。しかし、元々明るい素材画像では、肝心なディテールが飛んでしまったり、コントラストが著しく低下する場合もあります。
素材により適正値は異なるものですから、およその暫定値から、最後に微調整しましょう。

アンシャープマスクの設定

[フィルター] メニューから、[シャープ] → [アンシャープマスク] を選択します。[アンシャープマスク] ダイアログで、[量] に「100」%、[半径] に「16.0」pixel、[しきい値] に「0」レベルを入力して、[OK] をクリックします。
[アンシャープマスク] ダイアログを設定

[アンシャープマスク] ダイアログを設定
スマートオブジェクト [彩色] に濃淡を加えることができました。
彩色に濃淡を加えることができた

彩色に濃淡を加えることができた
塗り残し部分をつくる!
[アンシャープマスク] は、輪郭を際立たせてハッキリさせるフィルターです。作例では、この機能を利用して、輪郭線にハロー (光りがぼやけて見える現象) を出現させ、彩色に濃淡を表現しています。
彩色の明るい部分は、より明るくなるので、まるで塗り残し部分があるかのような表現もできます。
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク