写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風

写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風【1】

【Photoshop講座】風景や人物などを鮮やかな色彩で描く「印象派」。その光と影を巧みに表現する粗いタッチは、近代絵画の先駆けとなりました。モネやシスレーになった気分で、夕日の風景写真を、色鮮やかな印象派風に加工してみましょう。



ブラックの色域で影を青くする!

影が黒いままだと、絵画調の効果は半減します。明るくしたり、鮮やかにすることも必要ですが、もともと明度や彩度を含まない領域では、効果はさほど向上しません。このような領域を [色域指定] で選択し、RGB のバランスを少し変えると、青味がかったり赤味がかったりして、影に色を感じさせることができます。
1   2   3   4

光と影を巧みに表現

これから行う操作は、写真を絵画調に加工する方法です。印象派の特徴は、モネやシスレーに代表されるような、鮮やかな色彩を持つ風景画です。光と影を題材にしたものが多いので、対象の画像には夕景を選ぶとそれっぽくなるでしょう。そこで重要なテクニックとなるのが、絵画にはふさわしくない黒色をいかに変換するかです。光と影を巧みに表現しましょう。
元画像 → 色鮮やかな印象派風

影を明るくして色を感じさせる

1280 x 853 pixel の素材画像を開きます。
素材画像を開く
素材画像を開く
Photoshop のフィルター効果は、対象画像のピクセル数に大きく影響されるので、適切な大きさにリサイズしてください。
[レイヤー] パネルで、[背景] を [新規レイヤーを作成] にドラッグして、[背景 コピー] を作成します。
[背景 コピー] を作成
[背景 コピー] を作成
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [シャドウ・ハイライト] を選択します。[シャドウ・ハイライト] ダイアログで、[シャドウ] セクションの [量] に「100」% を入力して、[OK] をクリックします。
[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定
[シャドウ・ハイライト] ダイアログを設定
[シャドウ] セクションの [量] 大きくすると、暗い部分だけが明るくなります。
素材画像の影が明るくなりました。
[シャドウ・ハイライト] 適用前と適用後の比較
[シャドウ・ハイライト] 適用前と適用後の比較

このレッスンの動画を配信中!

【Photoshop講座】写真を絵画調に!色鮮やかな印象派風
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

[選択範囲] メニューから、[色域指定] を選択します。[色域指定] ダイアログで、[選択] に [指定色域] を選択します。
スポイトツールを選択します (初期設定)。
描画色の [ブラック] をクリックします。
[許容量] に「200」を設定して、[OK] をクリックします。
[色域指定] ダイアログを設定
[色域指定] ダイアログを設定
描画色の [ブラック] をクリック
描画色の [ブラック] をクリック
[ブラック] の色域が選択されました。選択範囲が表示されていると、補正の結果が確認しにくいので、[表示] メニューから、[表示・非表示] → [選択範囲の境界線] を選んで、選択範囲を非表示にします。
選択範囲の境界線を非表示にして確認しやすくする
選択範囲の境界線を非表示にして確認しやすくする
これは、素材画像に含まれる [ブラック] の色域を指定し、その部分に色を感じさせる補正を加えようとするものです。
[イメージ] メニューから、[色調補正] → [レベル補正] を選択します。[チャンネル] に [ブルー] を選択します。[出力] レベルのシャドウ点のスライダーをドラッグして、[ブラック] の色域に色を感じさせます。「64」に設定して、[OK] をクリックします。
[レベル補正] ダイアログを設定
[レベル補正] ダイアログを設定
感じさせる色は素材によって異なるので、[チャンネル] の選択で適切なものを選んでください。
[command (Ctrl)] + [D] キーを押して、選択を解除します。影を明るくして色を感じさせることができました。
[レベル補正] 適用前と適用後の比較
[レベル補正] 適用前と適用後の比較
続きは↓下の番号をクリック!
1   2   3   4

スポンサード リンク