基本がわかる!シャドウ・ハイライト

基本がわかる!シャドウ・ハイライト

【Photoshop基本操作】[シャドウ・ハイライト]とは、画像を単に明るくしたり暗くしたりするだけでなく、シャドウ、ハイライトのそれぞれの領域で詳細な調整ができる機能です。たとえば、逆光で暗くなった被写体を明るくする場合に適しています。


単機能から多機能に変身させよう!
[シャドウ・ハイライト]は、「カユイところに手が届く」ような補正ツールです。しかも簡単にできてしまうから、そういう意味では[レベル補正]や[トーンカーブ]よりもオススメできる機能だと言えます。まず、[詳細オプションを表示]をクリックしてください。全部で10項目ものスライダーが現れます。単位に%(パーセント)と px(ピクセル)が使用されているので、初級ユーザーの方にも比較的理解しやすいのではないでしょうか?

説明不要?初期設定で驚く効果!

[シャドウ・ハイライト]は、初期設定のままでも驚くような結果がでます。適用量が大きければ[量]の設定値を低くするだけ。これはすごい機能です。[レベル補正]や[トーンカーブ]で、陰影を明るくするのに苦戦していたことがウソのようです。特性を熟知すれば、さらに効果的な演出ができるでしょう。
元画像→[シャドウ・ハイライト]を適用(初期設定)
photo by antonkudris
ダイアログを表示する
素材画像を開きます。作例では、[RGB カラー]モード、8 bit/チャンネルを使用していますが、[CMYK カラー]モードや[グレースケール]モード、16 bit/チャンネルにも対応します。
素材画像を開く
素材画像を開く photo by antonkudris
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[シャドウ・ハイライト]を選択します。
[シャドウ・ハイライト]ダイアログ(初期設定)
[シャドウ・ハイライト]ダイアログ(初期設定)
すると、初期設定値での[シャドウ・ハイライト]が、ドキュメントに反映されます。[シャドウ・ハイライト]は、いつ適用しても同じ数値が初期設定されます。
元画像→[シャドウ・ハイライト]を適用(初期設定)
バージョンで異なる初期設定!
[シャドウ・ハイライト]の初期設定は、お使いのバージョンによって異なります。バージョン CS 5 以降では、[シャドウ]の[量]に「35」%、バージョン cs 4 以前では、[シャドウ]の[量]に「50」%が設定されています。
シャドウを調整する
[シャドウ]セクションの[量]を増減させると、シャドウ領域の明るさが調整できます。[量]に「0」%を設定すると、シャドウ領域のすべての調整値が「0」%になり、元の状態に戻ります。
[量]に「0」%を設定→[量]に「100」%を設定
増幅値が適用される!
[シャドウ・ハイライト]には、[詳細オプションを表示]というチェックボックスがあり、これを有効にすると詳細オプションが表示されます。[シャドウ・ハイライト]を詳細に設定できるオプションなのですが、たとえば、[シャドウ]、[ハイライト]セクションの[量]が「0」%のとき、その他の項目にどんな数値を設定しても効果が出ません。つまり、[シャドウ]、[ハイライト]セクションの[量]に対しての増幅値が適用されるのです。
ハイライトを調整する
ここで一旦、[シャドウ]セクションの[量]を「0」%に設定して、[ハイライト]セクションの[量]を増減してみましょう。初期設定の[ハイライト]セクションの[量]は「0 %」、つまりハイライト領域の補正は行われていません。 [量]の数値を高くすれば、ハイライト領域は暗くなります。
[量]に「0」%を設定→[量]に「100」%を設定
これは意図しない設定値ですが、誇張してみると、被写体の周囲にハロー(光りがぼやけて見える現象)が確認できます。
元画像(部分)→被写体の周囲にハローが現れる
[シャドウ・ハイライト]を適用する
ここでは、ハイライト領域を少し暗くしたいので、[ハイライト]セクションの[量]に「10」%を設定します。ハイライト領域の調整ができたら、その明るさを基準としてシャドウ領域を調整します。[シャドウ]セクションの[量]に「50」%を設定し、[OK]をクリックします。
[ハイライト]と[シャドウ]を設定して[OK]をクリック
[ハイライト]と[シャドウ]を設定して[OK]をクリック
[シャドウ・ハイライト]を適用することができました。
[シャドウ・ハイライト]を適用することができた
[シャドウ・ハイライト]を適用することができた
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

詳細オプションの操作方法

[シャドウ・ハイライト]ダイアログには、[詳細オプションを表示]という項目があります。このチェックボックスを有効にすると、[シャドウ]と[ハイライト]セクションにそれぞれ、[階調の幅]や[半径]といった設定項目が加えられ、[調整]セクションが追加されます。主な操作は簡易版の[シャドウ]と[ハイライト]ですが、その他の設定項目は、この[シャドウ]と[ハイライト]の増幅値であることが大きな特徴です。
[シャドウ・ハイライト]の詳細オプション
[シャドウ・ハイライト]の詳細オプション
補正を行う量(強さ)を調整します。パーセント値が大きくなると適用量が大きくなります。
階調の幅
補正を行う階調範囲を調整します。シャドウ点、またはハイライト点からのパーセント値で設定します。
半径
シャドウに含むか、ハイライトに含むかを判断する隣接領域サイズをpx(ピクセル)単位で設定します。初期設定では「30 px」が設定されていますが、最適な数値は適用する画像によって異なります。
カラー補正
シャドウ、またはハイライトを調整することによって変化したカラーを補正します。初期設定では「+20」が設定され、やや彩度が高くなるように設定されています。
中間調のコントラスト
中間調のバランスを調整します。スライダを右(+)側へドラッグするとコントラストが高くなり、左(−)側へドラッグするとコントラストが低くなります。
シャドウのクリップ / ハイライトのクリップ
設定量のシャドウ点、またはハイライト点を設け、コントラストの高い画像に調整します
元画像→[シャドウ・ハイライト]を適用(初期設定)
photo by sleepy sparrow
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
元画像を保持する
素材画像を開きます。素材画像は部屋の窓際に立つ女性で、光の入射角を構図とした陽光の温かみを感じる作品です。
素材画像を開く
素材画像を開く photo by sleepy sparrow
[シャドウ・ハイライト]には、適用後にも編集ができる調整レイヤーがありません。しかし、対象画像をスマートオブジェクトに変換することで、元画像を保持した非破壊編集が可能となります。[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択します。
スマートオブジェクトに変換
スマートオブジェクトに変換
スマートオブジェクトとは?
レイヤーや背景をスマートオブジェクトに変換しておくと、色調補正や変形、フィルターを適用した後でも、いつでも元の状態に戻すことができます。スマートオブジェクトへの変換は主流となっているので、できるものは何でも変換しておきましょう。
暫定値を設定する
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[シャドウ・ハイライト]を選択します。詳細オプションで調整を行う場合は、[シャドウ]、[ハイライト]セクションの「量」を設定しておく必要があるので、とりあえず、中間値の「50」%を入力しておきましょう。
[シャドウ]と[ハイライト]に中間値の「50」%を入力
[シャドウ]と[ハイライト]に中間値の「50」%を入力
元画像→暫定値による適用結果
暫定値から調整を始めよう!
[シャドウ・ハイライト]最大の特徴は、明暗の量をシャドウ領域、ハイライト領域に分けて設定できることです。しかし、一般的な使い方としては、暗い部分を明るくすることが多いので、初期設定ではシャドウ領域のみ[量]に設定値が加えられています。ハイライト領域を暗くしたい、またはハイライト領域と合わせて全体を調整したい場合は、中間値の「50」%を暫定値として、その他の項目を設定していく方法がオススメです。
ハローを軽減する
[ハイライト]セクションの[半径]を増減させると、シャドウとハイライトの隣接領域サイズが調整できます。
[半径]に「96」px を設定
[半径]に「96」px を設定
数値が大きいほどフラットな印象になり、ハローが軽減できます。これは、ハローが現れた階調幅を広くすることで、際立った印象を緩和させるもので、実際の階調の明るさ、暗さの変化はありません。数値を小さくすると、ハローの階調幅が狭くなり、ディテールがはっきりしてきます。「0」px に設定すると、シャドウとハイライトの隣接領域からハローは無くなりますが、シャープさもなくなります。
[半径]でハローを軽減
境界線を際立たせる方法としてハローは有効です。しかし、空やべた塗りの背景などには、その違和感が目立ちます。かといって[量]の設定値を小さくして、ハローが目立たないようにすると、シャープさがどんどん減っていきます。[半径]の設定値を大きくするということは、ハローの階調幅を広くするということです。ハローの階調幅が広すぎると、逆に目立たなくなるという特性をうまく活用しましょう。
対象の階調範囲を調整する
[シャドウ]、[ハイライト]セクションの[階調]、バージョン CS 6 以前では[階調の幅]を調整します。これは「量」で明るさを増減させる階調範囲を調整するもので、初期設定では中間値の「50」%に設定されています。
[シャドウ]と[ハイライト]の[階調]を調整
[シャドウ]と[ハイライト]の[階調]を調整
階調の「明」と「暗」を分ける境界線の設定なので、初期設定の「50」%を大きく変える必要はありません。[シャドウ]セクションの[階調]では、明るくする階調範囲を中間値から増減させたい場合に設定し、[ハイライト]セクションの[階調]では、暗くする階調範囲を中間値から増減させたい場合に設定します。
5:5の階調範囲(初期設定)→6:4の階調範囲
作例では、[シャドウ]セクションの[階調]に「60」%、[ハイライト]セクションの[階調]に「40」%を設定し、シャドウ領域の階調範囲を多めに、ハイライト領域の階調範囲を少なめにしています。
適用される階調範囲を6:4に設定
適用される階調範囲を6:4に設定
階調範囲を見極める!
[階調]の初期設定は5:5、つまりシャドウ領域は 0 〜 128 階調レベルで、ハイライト領域は 128 〜 255 階調レベルが調整の対象となります。しかし、適用する素材画像によって、この階調範囲が適しているとは限りませんよね? [シャドウ・ハイライト]は、暗い部分を明るく、明るい部分を暗くできる機能なので、この中間の境界線に適した位置へコントロールするのが[階調]の役割となります。
彩度を調整する
[調整]セクションの[カラー]、バージョン CS 6 以前では[カラー補正]は、彩度の調整です。初期設定では「+20」に設定されています。プラス(+)側に調整すると彩度が高くなり、マイナス(-)側に調整すると彩度が低くなります。
この[カラー]は、[シャドウ]、[ハイライト]セクションの[量]で設定した数値を元にして算出されます。たとえば、[ハイライト]セクションの[量]に「0」%が設定されていると、[カラー]に「+100」を設定しても、ハイライト領域の彩度が高くなることはありません。
[カラー]に「+50」を設定→[カラー]に「-50」を設定
[カラー]の設定値が「0」のとき、彩度は元画像と変わらないですが、画像全体の階調が明るくなると、彩度が高くなった印象があるので、少し落ち着かせるために「-10」を設定しました。
[カラー]に「-10」を設定
[カラー]に「-10」を設定
中間調のバランスを調整する
[調整]セクションの[中間調]、バージョン CS 6 以前では[中間調のコントラスト]は、中間調のバランスを調整して、補正で浅くなったコントラストを高めます。初期設定では「0」に設定されています。マイナス(-)側に調整するとコントラストが低くなり、プラス(+)側に調整するとコントラストが高くなります。
[中間調]に「-50」を設定→[中間調]に「+50」を設定
[調整]セクションの[中間調]に「+25」を設定します。
[中間調]に「+25」を設定
[中間調]に「+25」を設定
暫定的に設定しておいた[シャドウ]、[ハイライト]セクションの[量]を調整します。作例では暫定値をそのまま使用していますが、まず[ハイライト]の明るさを調整してから、それに合わせて[シャドウ]の暗さを調整しましょう。すべての設定ができたら、[OK]をクリックします。
すべての設定ができたら[OK]をクリック
すべての設定ができたら[OK]をクリック
元画像→[シャドウ・ハイライト]を適用
[レイヤー]パネルで、スマートフィルターに[シャドウ・ハイライト]が追加されたことを確認します。
[シャドウ・ハイライト]が追加されたことを確認
[シャドウ・ハイライト]が追加されたことを確認
背景の陰影を起こしながら、人物の陰影を明るくすることができました。
人物の陰影を明るくすることができた
人物の陰影を明るくすることができた

スポンサード リンク