【スタイル】レイヤースタイルの効果を移動する方法【パターン】

【スタイル】レイヤースタイルの効果を移動する方法【パターン】

【Photoshop基本操作】オブジェクトの位置や形を変えずに、レイヤースタイルの効果だけを移動することができます。移動できる効果は、ドロップシャドウ、シャドウ(内側)、ベベルとエンボスのテクスチャ、サテン、パターンオーバーレイです。


パターンを思い通りに配置しよう!
レイヤースタイルの効果を移動したいけど、そんなツールもメニューも見当たらない…でも、方法は驚くほどカンタンです。[レイヤースタイル]ダイアログの表示中にドラッグするだけ。オブジェクトに適用したパターンの位置が気に入らないときは、納得いくまで調整する習慣をつけましょう。
レイヤースタイルの効果を移動する方法
これから行う操作は、レイヤースタイルに含まれている[パターンオーバーレイ]と[ドロップシャドウ]を、直感的なドラッグ操作で最適な位置に移動する方法です。パターンやテクスチャなどを適用すると、初期設定ではオブジェクトに対して、左上が基点になるよう配置されます。この位置を移動して調整したい場合は、対象となるオブジェクトの効果の[レイヤースタイル]ダイアログを表示し、ドキュメント内を直接ドラッグして移動します。
レイヤー効果の初期設定(移動前)→最適な位置に効果を移動する
[レイヤースタイル]ダイアログを表示する
レイヤースタイルを含むドキュメントを開く、または新規作成します。作例では、円形のシェイプレイヤーに適用した[パターンオーバーレイ]と[ドロップシャドウ]を対象としています。
レイヤースタイルを含むドキュメントを開く
レイヤースタイルを含むドキュメントを開く
[レイヤー]パネルで、移動したい[レイヤー効果の名前]をダブルクリックして、[レイヤースタイル]ダイアログを表示します。
[レイヤー効果の名前]をダブルクリック
[レイヤー効果の名前]をダブルクリック
すると、[レイヤースタイル]ダイアログが表示されます。移動したいレイヤー効果の名前が選択されていることを確認します。
レイヤー効果の名前を確認
レイヤー効果の名前を確認
レイヤー効果の名前を選択!
すでに[レイヤースタイル]ダイアログが表示中、または別の効果を移動させたい場合は、レイヤー効果の名前をクリックして選択します。
レイヤー効果の名前をクリックして選択
レイヤー効果の名前をクリックして選択
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ドキュメントで効果をドラッグする
ドキュメントウィンドウのオブジェクトの上にマウスカーソルを置きます。すると、マウスカーソルが[移動ツール]のカーソルに変わります。[ツール]パネルから、[移動ツール]を選択する必要はありません。
オブジェクト上にマウスカーソルを置く
オブジェクト上にマウスカーソルを置く
マウスカーソルが移動ツールに変わったら、移動したい効果をドラッグします。すると、現在[レイヤースタイル]ダイアログで選択している効果だけが移動できます。
移動したい効果をドラッグ
移動したい効果をドラッグ
最適な位置に効果をドラッグできたら、マウスボタンを離します。
最適な位置でマウスボタンを離す
最適な位置でマウスボタンを離す
元の場所にスナップ?
[元の場所にスナップ]をクリックすると、オブジェクトの左上を基点とする位置(初期設定)に配置することができます。左上に効果が表示されないオブジェクト形状では、上と左、それぞれの最端に合わせて配置されます。
[元の場所にスナップ]をクリック
[元の場所にスナップ]をクリック
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
移動を確定する
他の効果も移動したい場合は、[レイヤースタイル]ダイアログで、レイヤー効果の名前をクリックして選択します。
他のレイヤー効果をクリックして選択
他のレイヤー効果をクリックして選択
STEP 2と同様にして効果を移動します。
移動したい効果をドラッグ
移動したい効果をドラッグ
すべての設定ができたら、[OK]をクリックします。
[OK]をクリック
[OK]をクリック
レイヤースタイルの効果を移動することができました。
レイヤースタイルの効果を移動することができた
レイヤースタイルの効果を移動することができた
ダイアログで移動を確定する!
レイヤースタイルの効果を移動する操作は、[レイヤースタイル]ダイアログを表示させて行うものなので、ドキュメント上で表示されるのはプレビューであり、その移動は、まだ確定されたものではありません。移動の確定は、[OK]をクリックして初めて確定されます。

スポンサード リンク