写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

人物を2頭身化する

イラスト調にするインパクトとして、人物の2頭身化は効果的です。画像の変形には、画質の劣化に気を付けなければなりません。顔の大きさをそのままにして、体を小さくしましょう。
人物を2頭身化する

スマートオブジェクトに変換

変形後でも、大きさが調整できるようにするため、レイヤーをスマートオブジェクトに変換しましょう。
[ レイヤー ] パネルで、レイヤー [ body ] を右クリックします。
コンテキストメニューから、[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換]を選択
[ スマートオブジェクトに変換 ] を選択
レイヤー [ body ] が、スマートオブジェクトに変換されたことを確認してください。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認

体の縮小と合成

[ command ( Ctrl ) ] + [ T ] キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
オプションバーで、[ 縦横比を固定 ] を有効にします。
[ 水平比率を設定 ] に [ 50% ] を入力します。
[水平比率を設定:50%]を入力
[ 水平比率を設定 : 50 % ] を入力
バウンディングボックス内をドラッグして、顔との合成位置を調整します。
[ enter ] キーを押して、変形を確定します。
バウンディングボックス内をドラッグ
バウンディングボックス内をドラッグ

レベル補正を設定

素材の人物が、白いパーカーを着用しているので、白トビを防止するため、少し暗く補正しておきます。
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ レベル補正 ] を選択します。[ レベル補正 ] ダイアログで、[ 出力レベル ] に [ 0 ]、[ 230 ] を入力します。
[ OK ] をクリックします。
[レベル補正]を設定
[ レベル補正 ] を設定

トリミングを設定

[ イメージ ] メニューから、[ トリミング ] を選択します。[ トリミング ] ダイアログで、[ トリミング対象カラー ] に [ 透明ピクセル ] を選択します。
[ OK ] をクリックします。
[トリミング]を設定
[ トリミング ] を設定
[ トリミング対象カラー ] に [ 透明ピクセル ] を選択すると、オブジェクトの端を四角形で結ぶ、領域以外の透明ピクセルをトリミングします。
不要な部分をトリミングする
不要な部分をトリミングする
ドキュメントの不要な部分を、切り抜くことができました。
不要な部分をトリミングする
不要な部分をトリミングする
続きは↓下の番号をクリック!
123333

スポンサード リンク