写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風「面白い似顔絵の効果」

ランダムな粒子を加える

ランダムな粒子を加えて、鮮明な印象を少し劣化させます。粒子の明度差が調整できる [ 粒状フィルム ] を使用して、イラスト調を強調しましょう。
[粒状フィルム]を適用

粒状フィルムを設定

[ フィルター ] メニューから、[ フィルターギャラリー ] を選択します。[ フィルターギャラリー ] 操作パネルで、[ アーティスティック ] – [ 粒状フィルム ] を選択します。
[粒状フィルム]を選択
[ 粒状フィルム ] を選択
[ 粒状フィルム ] ダイアログで、[ 粒子 ] に [ 4 ]、[ 領域のハイライト ] に [ 0 ]、[ 密度 ] に [ 5 ] を入力します。初期設定
[ OK ] をクリックします。
[粒状フィルム]を設定
[ 粒状フィルム ] を設定
カリカチュア風の加工が完成しました。
カリカチュア風の加工が完成
カリカチュア風の加工が完成
コントラストを調整!
コントラストの調整は、[ 密度 ] で行います。数値を大きくすると、コントラストが強くなり、小さくすると弱くなります。
[密度:0]を設定
[ 密度 : 0 ] を設定
[ 密度 ] は、粒子の適用量に当たる設定項目です。[ 0 ] に設定すると、加わる粒子との明度差がなくなり、均一に適用されたような印象になります。
[密度:5]を設定
[ 密度 : 5 ] を設定
[ 密度 ] の初期設定は [ 5 ] です。これは、中間調を境界として、ハイライト側に明度差を増幅させるので、シャドウ側の粒子が強調されたような印象になります。
[密度:10]を設定
[ 密度 : 10 ] を設定
[ 密度 ] の最大値は [ 10 ] です。コントラストが強くなるので、明るい部分が白トビしてしまいます。しかし、イラスト調の効果として誇張できるので、階調が浅い素材には有効です。
レッスン動画を配信中!
写真をイラスト調に!風刺の効いたカリカチュア風【2022】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
123333

スポンサード リンク