写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

しきい値を変更する

[レイヤー] パネルで、[レイヤー 0] の効果から、[しきい値] をダブルクリックします。すると、[2階調化] ダイアログが表示されます。
[しきい値] をダブルクリック

[しきい値] をダブルクリック
[2階調化] ダイアログで、[しきい値] に「102」を入力して、[OK] をクリックします。
[しきい値] に「102」を入力

[しきい値] に「102」を入力
ハーフトーン「4px_90msk」が合成されたことを確認します。
ハーフトーン「4px_90msk」を合成 (部分)

ハーフトーン「4px_90msk」を合成 (部分)
同様にして、「2px_0」グループフォルダーを選択して表示し、[レイヤー 0] の効果から、[しきい値] をダブルクリックして、[しきい値 : 153] に変更します。
ハーフトーン「2px_0msk」を合成 (部分)

ハーフトーン「2px_0msk」を合成 (部分)
同様にして、「1px_45」グループフォルダーを選択して表示し、[レイヤー 0] の効果から、[しきい値] をダブルクリックして、[しきい値 : 204] に変更します。
ハーフトーン「1px_45msk」を合成 (部分)

ハーフトーン「1px_45msk」を合成 (部分)
効果を個別に調整!
ハーフトーンの効果は、[2階調化] の [しきい値] をわずかに調整するだけで大きく変わります。たとえば、ハイライト部分が白トビしている場合は、「1px_45」グループの [しきい値] を「204」から大きくします。
ハイライト部分が白トビ → [しきい値] を大きくする
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ハーフトーンの緩和

[レイヤー] パネルで、「1px_45」グループフォルダーを選択します。
「1px_45」グループを選択

「1px_45」グループを選択
[レイヤー] メニューから、[スマートオブジェクト] → [スマートオブジェクトに変換] を選択して適用します。
[スマートオブジェクトに変換] を適用

[スマートオブジェクトに変換] を適用
入れ子構造で非破壊編集!
グループフォルダー、または複数のレイヤーを束ねて、ひとつのスマートオブジェクトに変換すると、それぞれの内容を保持した単体のレイヤーにすることができます。たとえば、スマートオブジェクトの中にスマートオブジェクトを含む「入れ子構造」も可能です。
編集方法はカンタンです。スマートオブジェクトをダブルクリックすると、その内容を含んだドキュメントが表示されます。編集後に保存すると、スマートオブジェクトに反映されます。
[レイヤー] メニューから、[ぼかし] → [ぼかし (ガウス)] を選択します。[ぼかし (ガウス)] ダイアログで、[半径] に「2.0」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[半径] に「2.0」pixel を入力

[半径] に「2.0」pixel を入力
同様にして、「2px_0」、「4px_90」、「6px_0」グループフォルダーにそれぞれ、[スマートオブジェクトに変換] と [ぼかし (ガウス)] を適用します。
STEP 7 (部分) → ハーフトーンを緩和 (部分)
紙幣のような肖像画が完成しました。※下の作例は 1280 x 1280 pixel で作成
紙幣のような肖像画が完成

紙幣のような肖像画が完成
モアレを防止するぼかし!
ハーフトーンを重ね合わせると、モアレ (干渉縞) が発生します。これは画像データに問題があるのではなく、規則正しいリズムから生じる視覚的な現象です。パソコンのディスプレイ (画素) とも干渉するので、ちょっと厄介ですね。
モアレが発生した例 → [ぼかし (ガウス)] を適用
モアレを防止する方法として、ハーフトーンの回転角度を調整する方法もありますが、いちばん手っ取り早いのは、画像をぼかして緩和させる方法です。繊細で緻密な線画の印象をキープしつつ、モアレを防止するぼかしの設定値を探りましょう!
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
12345

スポンサード リンク