写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

写真をイラスト調に!紙幣のような肖像画

【Photoshop講座】紙幣のような肖像画は、緻密で繊細な線を重ね合わせて描かれています。そのレトロでアンテークな趣のある技法は、銅版画に属する「凹版彫刻・エングレービング」と呼ばれいます。4種類の平行線ハーフトーンを使って、写真を紙幣のような肖像画にする方法をご紹介しましょう。


ハーフトーンに波線を用いる!
基本機能にある [ハーフトーン] は、点や線を規則正しく並べたものですが、そのパターンを波線にすることで、肖像画の形状に沿って描かれた緻密な線らしくします。作例では、密度や角度が違う4種類のハーフトーンパターンを用意し、4段階の異なる「しきい値」を持つ [2階調化] 画像に適用します。

人物写真を紙幣のような肖像画に加工

これから行う操作は、人物写真を紙幣のような肖像画に加工する方法です。SNS などのプロフィール用に最適ですね。作例では、ハーフトーンを適用するまでの手順に絞っていますが、着色やテクスチャの適用、フレーム装飾などを加えて、さらにレトロでアンティークな演出にも挑戦してみましょう。
元画像 (部分) → 紙幣のような肖像画 (部分)

4種類のハーフトーンを定義する

マスクとして使用することを前提とした、細い波線のシームレスパターン (つなぎ目のない模様) を用意します。ハーフトーンパターンは、以下のリンクをクリックしてダウンロードしてください。
ダウンロードしたハーフトーン「6px_0msk」を開きます。
ハーフトーン「6px_0msk」を開く

ハーフトーン「6px_0msk」を開く
[編集] メニューから、[パターンを定義] を選択します。[パターン名] ダイアログで、[パターン名] に「6px_0msk」を入力して、[OK]をクリックします。
[パターン名] ダイアログを設定

[パターン名] ダイアログを設定
同じ要領で、その他のハーフトーンを定義して、プリセットに保存します。
プリセットマネージャーで確認した例

プリセットマネージャーで確認した例
パターンを定義でどうなる?
[パターンを定義] を適用すると、定義した画像がパターンプリセットとして登録されます。定義した画像は、[塗りつぶし] コマンドや塗りつぶし調整レイヤーなどのパターンとして選択することができます。
バージョン 2020 [パターン] パネルで確認した例

バージョン 2020 [パターン] パネルで確認した例
パターンの管理は、[編集] メニューから、[プリセット] → [プリセットマネージャー] を選択します。バージョン 2020 以降では、プリセットの管理方法が大幅に見直されたため、[パターン] パネルに保存されます。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク