【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【スタイル】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【陰影・高度】

【Photoshop基本操作】ベベルとエンボスとは、Photoshop 6.0 以降のバージョンに搭載されている「レイヤースタイル」の機能のひとつです。ベベルとは、平面を押し出して立体的にしたような効果をつける機能で、エンボスとは、紙や金属板などから図柄を浮き彫りにしたような効果をつける機能のことをいいます。
陰影の高度にこだわろう!
ベベル ( 押し出し ) の主な設定は、適用するオブジェクトのエッジから、どれくらいの幅で効果を適用するか…というものです。初期設定値からの調整で、ある程度の立体的な効果は出るでしょう。しかし、苦戦を強いられるのは「質感」を表現することです。
これには、立体的な効果を演出する「陰影」の設定が深く関係してきます。たとえば、光沢があるプラスチックの質感を得るには、まず、陰影の [ 高度 ] を高くして、その他の設定を調整すれば比較的簡単に表現できます。

ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法

これから行う操作は、レイヤースタイルの [ ベベルとエンボス ] で、ゴムやプラスチックなどの質感の違いを設定する方法です。[ レイヤースタイル ] ダイアログには、たくさんの設定項目があります。まず、[ 陰影 ] セクションにある [ 高度 ] に注目しましょう。エッジの光沢で質感を決めてから、その他の設定項目を調整することがポイントとなります。
艶消し(ゴムの質感)→光沢(プラスチックの質感)
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】ベベルとエンボスで質感をコントロールする方法【2021】
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。

基本設定から適性を探る

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 640 pixel ]、[ 高さ : 256 pixel ]、[ 解像度 : 300 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ レイヤー ] パネルで、レイヤー効果の名前 [ ベベルとエンボス ] をダブルクリックして、[ レイヤースタイル ] ダイアログを表示します。
[ベベルとエンボス]をダブルクリック
[ ベベルとエンボス ] をダブルクリック
[ レイヤースタイル ] ダイアログで、[ 構造 ] セクション、[ 陰影 ] セクションの各設定を確認します。
[レイヤースタイル]ダイアログの各設定を確認
[ レイヤースタイル ] ダイアログの各設定を確認
[ 構造 ] – [ 深さ ]
ベベル、または、エンボスの「適用度」にあたる設定で、効果のコントラストを調整することにより、浅く見えたり、深く見えたりします。
[ 構造 ] – [ サイズ ]
効果の領域を、エッジからの距離 ( px ) で設定します。設定値の外側には影響しません。
[ 陰影 ] – [ 高度 ]
光源の立体的な「角度」にあたる設定で、ハイライトとシャドウの効果を移動させ、強さ、弱さのバランスを変えることにより、陰影の高度を表しています。
[ 陰影 ] – [ ハイライト ]
ハイライトのカラーを合成する設定です。描画モードと不透明度により、オブジェクトに対する明るい部分を調整します。
[ 陰影 ] – [ シャドウ ]
シャドウのカラーを合成する設定です。描画モードと不透明度により、オブジェクトに対する暗い部分を調整します。
ベーシックを定義する!
[ ベベルとエンボス ] で、「不動の設定」とも言える頼りになる基本設定は、[ 構造 ] セクションの [ 深さ ] と、[ 陰影 ] セクションの [ ハイライトのモード ]、[ シャドウのモード ] です。これらの設定値は、ほとんどの効果で共通して使えます。
[ 深さ : 100 % ] [ サイズ : 10 px ] [ 高度 : 30 °]
フォントサイズ : 200 pt ( 解像度 : 72 pixel/inch ) /48 pt ( 解像度 : 300 pixel/inch )
複雑な設定項目の中で最も理解しやすいのは、[ 構造 ] セクションの [ サイズ ]でしょう。設定値を変えれば、[ ベベルとエンボス ] の効果は面白いように変わります。
エッジからの距離を設定するため、最低でも [ 5 ] px なければ効果は望めません。[ 陰影 ] セクションの [ 高度 ] に大きな影響を受けるため、調整は質感を整えてから行う方が得策です。
続きは↓下の番号をクリック!
123

スポンサード リンク