【色調補正】特定の色だけ残してモノクロにする方法【色域指定】

【色調補正】特定の色だけ残してモノクロにする方法【色域指定】

【Photoshop基本操作】モノクロ写真の一部分だけの色を残す「パートカラー」は、色の印象や主体を強調できるので、雑誌や広告の分野ではポピュラーな手法です。素材画像の「効かし色」を決めて、違和感のないマスクをスピーディに作成しましょう。


パートカラーは3原色に絞る!
3原色とは、透過する光の色(加色混合)では、赤、緑、青、反射するモノの色(減色混合)では、シアン、マゼンタ、イエローです。パートカラーにする色は、この中のいずれかの色に絞りましょう。そもそもパートカラーは、特定の色を強調させる目的があるので、白や黒、グレーなどの無彩色を選択する必要もないですね。
特定の色域を残してモノクロにする
これから行う操作は、ひとつのカラー画像から特定の色域を残して、その他の領域をモノクロにする方法です。あらゆる条件に適用できるオブジェクトの型抜きではありません。対象となる画像には背景色と異なる色を持った主体が必要です。
元画像→特定の色域を残してモノクロにする
色の系統の選択範囲を作成する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は[幅:1280 pixel][高さ:850 pixel] [解像度:72 pixel/inch][モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[選択範囲]メニューから、[色域指定]を選択します。[色域指定]ダイアログで、[選択]に[イエロー系]を選択します。
[階調の反転]にチェックマークを入れ、[OK]をクリックします。
[イエロー系]を選択して[階調の反転]にチェックマークを入れる
[イエロー系]を選択して[階調の反転]にチェックマークを入れる
選択した色の系統以外の領域に、選択範囲が作成されたことを確認します。
選択範囲が作成されたことを確認
選択範囲が作成されたことを確認
選択する色の系統は?
[色域指定]ダイアログの[選択]に設定する色の系統は、残したいカラーに最も近いものを選択します。これがいちばん簡単な方法です。該当する色域がない場合は、[指定色域]を選択し、スポイトツールで画像をクリックします。その場合、[カラークラスタ指定]を無効にし、[許容量]に「100」を設定してください。
[許容量]に「100」を設定
[許容量]に「100」を設定
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
選択範囲をモノクロにする
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[白黒]を選択して、[白黒 1]を作成します。
[白黒 1]を作成
[白黒 1]を作成
型抜きマスクを自動生成!
[白黒]調整レイヤーを作成すると、残したいカラー以外の領域がモノクロになり、選択範囲のレイヤーマスクが自動的に生成されます。
選択範囲のレイヤーマスクが自動的に生成され、カラーを残したい部分以外がモノクロになりました。しかし、レイヤーマスク領域が不完全なので、全体的に少しカラーが残っています。
カラーを残したい部分以外がモノクロになる
カラーを残したい部分以外がモノクロになる
[レイヤー]パネルで、描画モードに[色相]を選択します。
描画モードに[色相]を選択
描画モードに[色相]を選択
モノクロ部分のトーンにメリハリが付きました。
輝度を優先としたモノクロに変更
輝度を優先としたモノクロに変更
間違いだらけのモノクロ変換!
モノクロ変換の結果は、機能や方法によって異なります。彩度、明度が100%(MAX値)の異なる色相によるカラーチップで比較してみましょう。[彩度を下げる]は、カラーモードを変更せず、各チャンネルに同じグレースケール値を振り分けることで彩度を下げます。このため、彩度、明度の数値が同じ色では、色の境界の区別もできないグレー1色になってしまいます。
RGBスペクトルの色相環→[彩度を下げる]
[白黒]は、6つの色系統で、すべてのグレースケール値に置き換えることができるので、たとえば、見た目の印象がいちばん近い、輝度(色相が持つ明るさ)を優先させた調整も行え、極端には、白いものも黒に置き換えられる、自由自在なモノクロ変換が可能になります。
RGBスペクトルの色相環→[白黒](輝度を優先)
作例では、描画モードに[色相]を選択することによって、これとまったく同じ効果を得ています。なので、[白黒]に論理的な数値を設定する必要はありません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
レイヤーマスクを補正する
[レイヤー]パネルで、[白黒]のレイヤーマスクを選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択します。[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]のシャドウ点に[191]を入力して、[OK]をクリックします。
[入力レベル]のシャドウ点に[191]を入力
[入力レベル]のシャドウ点に[191]を入力
カラーを表示する領域(黄色の部分)がはっきりしました。
カラーを表示する領域がはっきりした
カラーを表示する領域がはっきりした
[レイヤー]パネルで、[白黒 1]レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、ドキュメント表示をレイヤーマスクモードに切り替えます。
レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリック
レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリック
モノクロにする領域を[ブラシツール]などで白に塗りつぶし修正します。
レイヤーマスク編集モードに切り替える→モノクロにする領域を白に塗りつぶす
レイヤーマスクの修正ができたら、[レイヤー]パネルで、[白黒 1]調整レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]+クリックして、ドキュメントを画像描画モード(通常表示)に切り替えます。特定の色だけ残してモノクロにすることができました。
特定の色だけ残してモノクロにすることができた(ビネット効果を追加)
特定の色だけ残してモノクロにすることができた(ビネット効果を追加)
適正値はヒストグラムで判断する!
[レベル補正]の設定は、画像をプレビューしながら行いましょう。シャドウ点の調整ポイントは、ヒストグラムの形状を確認し、ピクセル分布がないところを選びます。ピクセル分布がある部分(山形の領域)に設定すると、表示する領域の階調が失われて、型抜き線が不自然になってしまいます。

スポンサード リンク