【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【選択範囲】明るさの違いで選択範囲を自動作成する方法【演算】

【Photoshop基本操作】自動的な選択範囲の作成を大まかに分類すると、色の違い (色域) で選択する方法、明るさの違い (明度) で選択する方法があります。[自動選択ツール] などは、互いの要素から定式化した数値を持ち寄った中間的なものに属しますが、基本的には色に大きく影響する調整が用いられます。明るさの違いだけで選択範囲を自動作成しましょう。


色のない世界で抽出する!
たとえば、夕焼け空のように、赤色から青色に変化する領域を同じ領域として選択したい場合、その色の違いが大きいほど、[自動選択ツール] などでは困難になってきます。
しかし、それらの異なる色の「明度」が近い数値なら、同じ領域として選択することができます。
わかりやすく言えば、色のない世界にすれば明度だけで抽出できるのです。 [演算] を使用すると、さまざまなチャンネルの組み合わせによって、画像を構成する特定の要素が抽出できます。

色が混在する空の色調変換

これから行う操作は、赤色から青色に変化する空だけを選択して、イメージ通りの色調変換をする方法です。主体の建物や木は、逆光によりシルエット化していますが、色調をできるだけ変えたくないという前提です。
元画像 → 空をより赤く色調変換
特に細かい枝の詳細な部分は、色調変換を自然に違和感なく行いたいので、明度による選択範囲が簡単に作成できる [演算] を使用します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

素材画像を開く

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1600 pixel]、[高さ : 1200 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。
素材画像を開く

素材画像を開く
コントラストが強い画像向き!
ここで使用している素材画像は、夕暮れの空をバッグに建物を撮影したものです。撮影時のイメージでは、空がもっと赤く感じていましたが、オートモードでの撮影だったので、全体に青っぽく写ってしまいました。
[演算] による選択範囲の作成は、RGB 各チャンネルのグレースケールを利用するため、濃淡がはっきりしたコントラストが強い画像に向いています。用途としては、風景写真の空色の調整、金属やガラス製品の光沢の強調、髪の毛や繊維などの詳細なシルエット抽出などです。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク