【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【画像合成】フレームツールで簡単にマスクする方法【フレームに変換】

【Photoshop基本操作】別の画像をフレームの形で重ねたいときは[フレームツール]が便利です。直感的な操作ができて、合成画像の「非破壊編集」も自動設定してくれます。作業の効率化はもちろん、[フレームに変換]でシェイプレイヤーに対応しているので、好みの形状による「はめ込み合成」が可能です。


はめ込み合成を簡単に!
[フレームツール]で作成できる形状は、長方形フレームと楕円形フレームの2種類です。その他の形状は、シェイプで作成してフレームに変換します。高度な画像合成には、レイヤーマスクやベクトルマスクの使用が望ましいですが、はっきりした形状のマスクで対応できる「はめ込み合成」などは、フレームを使用した方が効率的で操作も簡単です。はめ込み画像の変形や入れ替えなどの編集もスピーディに行えます。
フレームで画像をはめ込み合成する方法
これから行う操作は、[フレームツール]のマスキング機能を利用した画像合成です。作例では、サングラスに映り込む風景の「はめ込み合成」を行います。シェイプで作成したマスク形状をフレームに変換し、合成する画像をコピー&ペーストで配置して、サングラスに合わせて変形します。映り込みをリアルに見せるため、レイヤースタイルを設定しましょう。
元画像(部分)→フレームで画像をはめ込み合成する(部分)
素材画像を開く
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel]、[解像度:72 pixel/inch]、[カラーモード:RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[レイヤー]パネルで、[シェイプ 1]が選択されていることを確認します。
[シェイプ 1]が選択されていることを確認
[シェイプ 1]が選択されていることを確認
マスク形状をシェイプで作成!
作例では、あらかじめマスク形状になる[シェイプ 1]を作成しています。シェイプの作成は、[ツール]パネルから、[ペンツール]を選択し、オプションバーで、[ツールモードを選択]に[シェイプ]を選択して、サングラスの映り込み部分をトレースします。
[ツールモードを選択]に[シェイプ]を選択
[ツールモードを選択]に[シェイプ]を選択
映り込み部分をトレース(塗り:0%を設定した場合)
映り込み部分をトレース(塗り:0%を設定した場合)
作成したシェイプには、塗り、または線の設定がありますが、フレームに変換する場合は影響を受けないので何でもかまいません。また、[属性]パネルによる[濃度]、[不透明度]なども反映されません。[パス]のみが変換され、フレームのマスク領域になります。クリッピングマスク、作業用パスからフレームに変換することはできません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
フレームに変換する
[レイヤー]メニューから、[新規]→[フレームに変換]を選択、または[レイヤー]パネルで、[シェイプ 1]を右クリックで表示するコンテキストメニューから、[フレームに変換]を選択します。[新規フレーム]ダイアログで、[名前]に「サングラス」を入力して、[OK]をクリックします。
[名前]に「サングラス」を入力
[名前]に「サングラス」を入力
すると、ドキュメントにマスク領域を示すボックスが表示されます。
マスク領域を示すボックスが表示
マスク領域を示すボックスが表示
[レイヤー]パネルで、シェイプレイヤーがフレームに変換された[サングラス]を確認します。
フレームに変換された[サングラス]を確認
フレームに変換された[サングラス]を確認
フレームツールで作成した場合は?
[フレームツール]では、長方形フレームと楕円形フレームが作成できます。[ツール]パネルから、[フレームツール]を選択し、オプションバーで[長方形フレーム]、または[楕円形フレーム]を選択します。
[フレームツール]を選択
[フレームツール]を選択
いずれかのフレーム形状を選択
いずれかのフレーム形状を選択
ドキュメント内をドラッグすると、ドラッグした範囲がマスク領域となるフレームが作成できます。フレームの大きさや位置は[属性]パネルで詳細に設定できます。
ドラッグして新しいフレームを作成
ドラッグして新しいフレームを作成
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
はめ込み画像をコピー&ペーストする
はめ込み用の画像を開きます。作例では、[幅:640 pixel]、[高さ:360 pixel]、[解像度:72 pixel/inch]、[カラーモード:RGB カラー]を使用しています。
はめ込み用の画像を開く
はめ込み用の画像を開く
[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択し、[command(Ctrl)]+[C]キーを押して、コピーします。
すべてを選択してコピー
すべてを選択してコピー
サングラスの女性のドキュメントを選択して表示し、[command(Ctrl)]+[V]キーを押して、ペーストします。すると、はめ込み用の画像が、フレームの中心点を基点として配置されます。
はめ込み用の画像をペースト
はめ込み用の画像をペースト
ドラッグ&ドロップもできる!
はめ込み用の画像は、ドキュメント間をドラッグ&ドロップして配置することができます。また、JPEG や PNG などの画像フォーマット形式なら、ファイルを開かないで、アイコンを直接ドラッグ&ドロップすることもできます。アイコンを直接ドラッグ&ドロップする方法なら、はめ込み画像の大きさを、フレームのマスク領域に自動調整してくれるので、よりスピーディに操作できます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
はめ込み画像を変形する
[command(Ctrl)]+[T]キーを押して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
バウンディングボックスの側面ハンドルを[shift]キーを押しながらドラッグし、フレームにスナップさせながら縮小します。
[shift]+ドラッグでフレームにスナップ
[shift]+ドラッグでフレームにスナップ
同様にして、それぞれの側面ハンドルを[shift]+ドラッグして、はめ込み画像をフレームの大きさに合わせます。
はめ込み画像をフレームの大きさに合わせる
はめ込み画像をフレームの大きさに合わせる
[enter]キーを押して、変形を確定します。
[enter]で変形を確定
[enter]で変形を確定
スマートオブジェクトとは?
フレームにペースト、またはドラッグした画像は、自動的にスマートオブジェクトへ変換されます。スマートオブジェクトとは、元画像を保持しながら非破壊編集が行える機能です。スマートオブジェクトに変換した画像がビットマップの場合、拡大により元のピクセル数を超えると劣化してしまうので注意が必要です。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトは、非破壊編集に加えて、フィルターや色調補正ツールも「非破壊」で適用できるので、合成する画像に合わせた色調や特殊な効果も加えることができます。
立体的な効果をつける
[レイヤー]パネルで、[レイヤースタイルを追加]をクリックし、メニューから[ベベルとエンボス]を選択します。
[ベベルとエンボス]を選択
[ベベルとエンボス]を選択
[レイヤースタイル]ダイアログで、[構造]セクションの[サイズ]に「144」px を入力します。
[サイズ]に「144」pxを入力
[サイズ]に「144」pxを入力
[陰影]セクションの[包括光源を使用]のチェックマークを外します。
[角度]に「120」°を入力します。
[高度]に「30」°を入力します。
陰影の角度などを設定
陰影の角度などを設定
[陰影]セクションの[ハイライトのモード]の[不透明度]に「100」%を入力します。
[シャドウのモード]の[不透明度]に「50」%を入力します。
ハイライトとシャドウの[不透明度]を設定
ハイライトとシャドウの[不透明度]を設定
[レイヤースタイル]ダイアログで、[OK]をクリックします。
[OK]をクリック
[OK]をクリック
サングラスの映り込みに、立体的な効果をつけることができました。
[ベベルとエンボス]適用前→[ベベルとエンボス]適用後
フレームで画像をはめ込み合成することができました。
フレームで画像をはめ込み合成することができた
フレームで画像をはめ込み合成することができた
レイヤースタイルが適用できる!
フレームには、ピクセルレイヤーやシェイプレイヤーと同様にレイヤースタイルが適用できます。レイヤースタイルの効果はフレーム側に付くので、たとえば[カラーオーバーレイ]を不透明色で設定すると、はめ込み画像の上層にカラーが塗りつぶされます。
フレームにはレイヤースタイルが適用できる
フレームにはレイヤースタイルが適用できる

スポンサード リンク