【ガイド】センター十字ガイドを速攻で引く裏技【切り抜きツール】

【ガイド】センター十字ガイドを速攻で引く裏技【切り抜きツール】

【Photoshop基本操作】センター十字ガイドとは、ドキュメントの中央で「十字」に交差するガイドです。フリーハンドで手早くと引きたいけど、座標値を計算するのが面倒ですね。そんなときは[切り抜きツール]を利用した裏技が便利です。


中心点にスナップさせる!
スナップとは、配置するレイヤーオブジェクトをガイドやグリッドなどに吸着させる機能です。その働きが[切り抜きツール]のバウンディングボックス内に表示される「中心点」にもあります。[定規]から引き出したガイドが中心点に近づくと、ピッタリ正確にスナップされます。
センター十字ガイドを作成する方法
これから行う操作は、[切り抜きツール]のバウンディングボックスを利用した、センター十字ガイドを作成する方法(裏技)です。ドキュメントの中央で交差するガイドを作成したいときに用います。ガイドの作成は[定規]からドラッグして引き出し、バウンディングボックスの中心点に合わせてスナップさせるだけです。
元画像→センター十字ガイドを作成
定規を表示する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel]、[解像度:72 pixel/inch]、[カラーモード:RGB カラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[表示]メニューから、[定規]を選択して、ドキュメントウィンドウに[定規]を表示します。
[定規]を表示する
[定規]を表示する
スナップを確認しよう!
初期設定では、[スナップ]が有効になっています。[表示]メニューの[スナップ]にチェックマークが入っていれば OK です。チェックマークが入っていない場合は、[スナップ]を選択して有効にしてください。また、[スナップ先]の項目にもチェックマークが入っているかを確認してください。
[スナップ]を確認する
[スナップ]を確認する
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
バウンディングボックスを表示する
[ツール]パネルから、[切り抜きツール]を選択します。
[切り抜きツール]を選択
[切り抜きツール]を選択
すると、ドキュメントにバウンディングボックスが表示されます。センター十字ガイドの作成は、バウンディングボックスの中心点を利用します。
バウンディングボックスの中心点
バウンディングボックスの中心点
ツール選択の直後に引く!
[切り抜きツール]を利用したガイド作成は、あくまでも「裏技」になるので、ツールを選択した直後の操作に限られます。[切り抜きツール]のバウンディングボックスを少しでも操作してしまうと、ガイドを引き出せなくなってしまうので注意してください。オプションバーは、初期設定のままで、何も設定しないようにしてください。
オプションバーは何も設定しない
オプションバーは何も設定しない
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
ガイドを中心点にスナップさせる
画面左側の[定規]からドキュメント内へドラッグして、ガイドを引き出します。
[定規]からドキュメント内へドラッグ
[定規]からドキュメント内へドラッグ
そのままバウンディングボックスの中心点までドラッグしてスナップさせます。
中心点までドラッグしてスナップ
中心点までドラッグしてスナップ
中心点にスナップさせた位置でマウスボタンを離します。垂直方向のガイドが作成できました。
中心点にスナップさせた位置でドロップ
中心点にスナップさせた位置でドロップ
同様にして、画面上側の[定規]からガイドを引き出し、バウンディングボックスの中心点にスナップさせます。
水平方向のガイドを中心点にスナップ
水平方向のガイドを中心点にスナップ
他のツール([移動ツール]など)を選択して、[切り抜きツール]のバウンディングボックスを解除します。[切り抜きツール]でセンター十字ガイドを作成することができました。
センター十字ガイドを作成することができた
センター十字ガイドを作成することができた
選択範囲にも使える!
たとえば、レイヤーオブジェクトにセンター十字ガイドを作成したい場合は、あらかじめ選択範囲を作成しておくと、その領域を囲むバウンディングボックスを表示することができます。レイヤーオブジェクトの選択範囲は、[レイヤー]パネルで、レイヤーサムネールを[command(Ctrl)]+クリック、または右クリックで表示するコンテキストメニューから、[描画ピクセルを選択]を選択します。
選択範囲からバウンディングボックスを表示
選択範囲からバウンディングボックスを表示

スポンサード リンク