【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【Photoshop基本操作】[曲線ペンツール] は、曲線の曲がり具合を自動的に適用してくれるゴキゲンなツールです。パス操作の鬼門「方向線」を設定する必要がないので、直感的にクリックするだけで、定義に基づいた美しい曲線を作成することができます。これでパスの苦手を克服しましょう!


アンカーポイントの位置を見極めよう!
Photoshop では、画像の輪郭をなぞることが多いため、まず、その形を構成する「アンカーポイント」がどこにあるべきなのか? を考えることから始めます。
[曲線ペンツール] は、曲線の曲がり具合を表す量である「曲率」が定義されているので、アンカーポイントの位置が適切なら、最も自然で美しい曲線のセグメントがつくれるハズです。これから作成する形状に対して、適切なアンカーポイントの位置を見極めましょう。
CHAPTER-01

曲線ペンツールの概要

[曲線ペンツール] が従来の [ペンツール] と違うところは、あらかじめアンカーポイントに「方向線の情報」が設定されているところです。その情報は、最低3点のアンカーポイント間において定義される「曲率」によって変化します。[曲線ペンツール] で、アンカーポイント4点が正方形になるパスを作成して、どのような「曲率」が定義されるのか試してみましょう。
4点をクリックしてアンカーポイントを作成 → [曲線ペンツール] でパスを作成
【操作方法】
[ツール] パネルで、[曲線ペンツール] を選択します。
[曲線ペンツール] を選択

[曲線ペンツール] を選択
※バージョン CC 2018 以降
オプションバーで、[ツールモードを選択] に [パス] を選択します。
[スクリーン解像度] に適正値を入力

[ツールモードを選択] に [パス] を選択
ドキュメント内をクリックして、閉じたパスを作成します。
クリックだけで閉じたパスを作成

クリックだけで閉じたパスを作成
正方形4点で正円のパスになる!
アンカーポイント2点では直線のセグメントですが、方向を変えた3点めを作成すると、始点を含めたアンカーポイント同士が干渉し合って曲線になります。アンカーポイント4点を正方形に配置すると、それぞれの距離が等しく、定義された曲率も同じになるので、セグメントは正円を構成します。それはあらゆる大きさであっても同じです。
アンカーポイント4点で正円のセグメントを形成

アンカーポイント4点で正円のセグメントを形成
[曲線ペンツール] で作成したパスのアンカーポイントを移動してみると、[ペンツール] では変化しない方向線が、距離の増減によって干渉し、それぞれが定義された曲率で変化します。
アンカーポイントの移動による方向線の変化 ([パス選択ツール] 表示)

アンカーポイントの移動による方向線の変化 ([パス選択ツール] 表示)
定義された曲率は、[曲線ペンツール] を選択することにより適用され、他の [ペンツール] や [パス選択ツール] などを選択すると、従来からのパス構造に切り替わることから、これは「モード変換」のような機能だと認識した方がいいかも知れません。
[パス] パネルを表示して、[作業用パス] が作成されていることを確認します。
[作業用パス] を確認

[作業用パス] を確認
作成したパスは編集できる!
当然のことですが、[曲線ペンツール] で作成したパスは、他の [ペンツール] や [パス選択ツール] などでも同様に編集できます。パスを削除するには、[delete] キー、または右クリック ([control] + クリック) で表示されるコンテキストメニューで [パスを削除] を選択します。

スポンサード リンク