【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【パス&シェイプ】クリックするだけ!パスを直感的に作成する方法【曲線ペンツール】

【Photoshop基本操作】[曲線ペンツール]は、曲線の曲がり具合を自動的に適用してくれるゴキゲンなツールです。パス操作の鬼門「方向線」を設定する必要がないので、直感的にクリックするだけで、定義に基づいた美しい曲線を作成することができます。これでパスの苦手を克服しましょう!


アンカーポイントの位置を見極めよう!
Photoshop では、画像の輪郭をなぞることが多いため、まず、その形を構成する「アンカーポイント」がどこにあるべきなのか? を考えることから始めます。[曲線ペンツール]は、曲線の曲がり具合を表す量である「曲率」が定義されているので、アンカーポイントの位置が適切なら、最も自然で美しい曲線のセグメントがつくれるハズです。これから作成する形状に対して、適切なアンカーポイントの位置を見極めましょう。

曲線ペンツールの概要

[曲線ペンツール]が従来の[ペンツール]と違うところは、あらかじめアンカーポイントに「方向線の情報」が設定されているところです。その情報は、最低3点のアンカーポイント間において定義される「曲率」によって変化します。[曲線ペンツール]で、アンカーポイント4点が正方形になるパスを作成して、どのような「曲率」が定義されるのか試してみましょう。
4点をクリックしてアンカーポイントを作成→[曲線ペンツール]でパスを作成
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
[曲線ペンツール]を選択
[曲線ペンツール]を選択
※バージョン CC 2018 以降
オプションバーで、[ツールモードを選択]に[パス]を選択します。
[スクリーン解像度]に適正値を入力
[ツールモードを選択]に[パス]を選択
ドキュメント内をクリックして、閉じたパスを作成します。
クリックだけで閉じたパスを作成
クリックだけで閉じたパスを作成
正方形4点で正円のパスになる!
アンカーポイント2点では直線のセグメントですが、方向を変えた3点めを作成すると、始点を含めたアンカーポイント同士が干渉し合って曲線になります。アンカーポイント4点を正方形に配置すると、それぞれの距離が等しく、定義された曲率も同じになるので、セグメントは正円を構成します。それはあらゆる大きさであっても同じです。
アンカーポイント4点で正円のセグメントを形成
アンカーポイント4点で正円のセグメントを形成
[曲線ペンツール]で作成したパスのアンカーポイントを移動してみると、[ペンツール]では変化しない方向線が、距離の増減によって干渉し、それぞれが定義された曲率で変化します。定義された曲率は、[曲線ペンツール]を選択することにより適用され、他の[ペンツール]や[パス選択ツール]などを選択すると、従来からのパス構造に切り替わることから、これは「モード変換」のような機能だと認識した方がいいかも知れません。
アンカーポイントの移動による方向線の変化([パス選択ツール]表示)
アンカーポイントの移動による方向線の変化([パス選択ツール]表示)
[パス]パネルを表示して、[作業用パス]が作成されていることを確認します。
[作業用パス]を確認
[作業用パス]を確認
作成したパスは編集できる!
当然のことですが、[曲線ペンツール]で作成したパスは、他の[ペンツール]や[パス選択ツール]などでも同様に編集できます。パスを削除するには、[delete]キー、または右クリック([control]+クリック)で表示されるコンテキストメニューで[パスを削除]を選択します。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

曲線から直線に切り替え

[曲線ペンツール]は、曲線のパスを直感的に描く「モード」のようなものです。しかし、曲線から直線、または直線から曲線に切り替えて、セグメントをつないでいくこともできます。半円と正方形から構成される角丸長方形のパスを描いてみましょう。
6点をクリックしてアンカーポイントを作成→[曲線ペンツール]でパスを作成
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
※バージョン CC 2018 以降
オプションバーで、[ツールモードを選択]に[パス]を選択します。
これから作成するセグメントを直線にしたい場合は、ドキュメント内をダブルクリックして、始点のアンカーポイントを作成します。
ダブルクリックして始点アンカーポイントを作成
ダブルクリックして始点アンカーポイントを作成
ドキュメント内を移動しダブルクリックして、2点めのアンカーポイントを作成します。すると、2点のアンカーポイント間が直線のセグメントでつながれます。
ダブルクリックして2点めのアンカーポイントを作成
ダブルクリックして2点めのアンカーポイントを作成
これから作成するセグメントを曲線にしたい場合は、ドキュメント内を移動しクリックして、3点めのアンカーポイント(半円の中間点)を作成します。
曲線にしたい場合は中間点をクリック
曲線にしたい場合は中間点をクリック
曲線は3点間で曲げる!
[曲線ペンツール]は、クリックでつなぐと曲線、ダブルクリックでつなぐと直線になるワケですが、曲線から直線、または直線から曲線に切り替える場合、その境界となるアンカーポイントは、クリック? ダブルクリック? どっち??? 何かとややこしいですね。
[曲線ペンツール]の基本的な解釈としては「モード変換」のようなものです。クリックで作成したアンカーポイントには、表示はされていないけれど方向線の情報があって、その前後のアンカーポイントに対面する側の方向線の情報も持っています。一方、ダブルクリックで作成したアンカーポイントには方向線の情報はなく、隣接するアンカーポイントに方向線の情報があるとき、対面する側に方向線の情報を持ちます。
現在のセグメントとプレビュー
現在のセグメントとプレビュー
作例では、2点めまでが直線で3点めから曲線にしたいので、3点めをクリックしました。しかし、この時点では方向線の情報が確定していないので、現在のセグメントが直線でつながれています。
[ラバーバンド]オプションを有効にしておくと、現在のカーソルの位置で曲線がプレビューされます。現在のカーソルの位置は、これから作成しようとするアンカーポイントの位置で、曲線を構成する上では3点め(半円の終点)となります。ひとつ前の対面する方向線の情報は、このアンカーポイント作成後に確定され、始点、および現在の終点は、これから作成しようとするアンカーポイントの対面する側に影響されます。
ドキュメント内を移動しダブルクリックして、4点めのアンカーポイントを作成します。すると、3点めのアンカーポイントの方向線が自動的に設定され、その前後(2点めと4点め)のアンカーポイントに対面する側の方向線も自動的に設定されます。
直線に切り替える場合はダブルクリック
直線に切り替える場合はダブルクリック
同様にして曲線と直線を切り替えて、角丸長方形のパスを完成させます。
曲線と直線の切り替えてパスを完成
曲線と直線の切り替えてパスを完成
キー操作と併用できる!
[曲線ペンツール]でのパスの作成は、「クリック」と「ダブルクリック」だけで行えますが、直線への切り替えは、[option(Alt)]キーを押しながらクリックすることでも行えます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

アンカーポイントを移動

[曲線ペンツール]でのアンカーポイントの移動は、従来の[パス選択ツール]での移動とは内容が異なっています。[曲線ペンツール]が選択されているとき、ひとつのアンカーポイントをドラッグして移動すると、それまで持っていた見えない方向線の情報も変化するからです。方向線の情報は、隣接するアンカーポイントの対面側も変化するので、どの位置に移動しても、セグメントは定義された曲率を保って、滑らかで美しい曲線を描きます。
[曲線ペンツール]で作成した曲線のパス→[曲線ペンツール]でアンカーポイントを移動
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
※バージョン CC 2018 以降
移動したいアンカーポイント上にカーソルを重ねます。すると、カーソルが「移動」に変わります。
アンカーポイント上にカーソルを重ねる
アンカーポイント上にカーソルを重ねる
アンカーポイントをクリックホールドしてドラッグします。
アンカーポイントをドラッグ
アンカーポイントをドラッグ
同様にして、他のアンカーポイントもドラッグして移動します。
アンカーポイントをドラッグして移動
アンカーポイントをドラッグして移動
方向線を維持した移動
[曲線ペンツール]で方向線を維持した移動を行いたい場合は、対象のアンカーポイントをクリックして選択した後、[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグします。すると、移動したアンカーポイントの方向線の情報は維持されますが、隣接するアンカーポイントとの間に新しいアンカーポイントが自動的に追加されます。これは[曲線ペンツール]の定義に基づいた調整で、曲線をより滑らかにするための機能です。
アンカーポイントが自動的に追加される
アンカーポイントが自動的に追加される
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

アンカーポイントの切り替え

[曲線ペンツール]でのアンカーポイントの切り替えは、従来の[アンカーポイントの切り替えツール]での切り替えとは内容が異なっています。[曲線ペンツール]が選択されているとき、ひとつのアンカーポイントを切り替えても、セグメントの形状が変わらないからです。これは[曲線ペンツール]が、3点間で曲率を定義しているためで、2点めでようやく形状の変化が現れます。
[曲線ペンツール]で作成した曲線のパス→[曲線ペンツール]でアンカーポイントを切り替え
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
※バージョン CC 2018 以降
切り替えたいアンカーポイント上にカーソルを重ねます。すると、カーソルが「移動」に変わります。
アンカーポイント上にカーソルを重ねる
アンカーポイント上にカーソルを重ねる
アンカーポイントを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。すると、カーソルが「切り替え」に変わりますが、クリックしても変化は現れません。
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリック
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリック
2点めのアンカーポイントを[option(Alt)]キーを押しながらクリックします。すると、[曲線ペンツール]で作成した曲線のセグメントが直線になります。2点を[option(Alt)]+クリックすることで、曲線から直線の切り替えが行えます。
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリック
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリック
同様にして、他のアンカーポイントも[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、アンカーポイントの切り替えを行います。
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリックして切り替え
アンカーポイントを[option(Alt)]+クリックして切り替え
方向線は残っている!
従来の[アンカーポイントの切り替えツール]では、曲線のアンカーポイントをクリックすると、方向線の長さが「0」、つまり見えない状態になって、「く」の字に両側がつながります。[曲線ペンツール]での切り替えは、方向線の角度が鋭角になり、方向が2点間で向き合うことにより、曲線から直線に切り替わります。
[曲線ペンツール]で切り替え後の方向線([パス選択ツール]表示)
[曲線ペンツール]で切り替え後の方向線([パス選択ツール]表示)

アンカーポイントの追加と削除

[曲線ペンツール]でのアンカーポイントの追加、および削除は[ペンツール]と同様です。[曲線ペンツール]の場合、定義された曲率で方向線が自動設定されるので、アンカーポイントの間隔が不必要に短いより、最低限の間隔を開けた方が、機能を活かした美しい曲線のパスが作成できます。
アンカーポイントの追加→アンカーポイントの削除
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
※バージョン CC 2018 以降
アンカーポイントを追加したいセグメント上にカーソルを重ねます。すると、カーソルが「アンカーポイントの追加」に変わります。
セグメント上にカーソルを重ねる
セグメント上にカーソルを重ねる
セグメント上でクリックします。すると、クリックしたセグメント上に、新しいアンカーポイントが追加されます。
セグメント上でクリック
セグメント上でクリック
追加して移動する操作!
アンカーポイントを追加して、すぐにアンカーポイントを移動したい場合は、そのままクリックホールド してドラッグすることもできます。なので、追加と移動の連続操作は、セグメントをドラッグするだけということになります。セグメントの移動は、[command(Ctrl)]キーを押しながらドラッグしますが、[曲線ペンツール]の場合、セグメントの形状に合わせて新しいアンカーポイントが自動的に追加される機能があるので、結果的には追加して移動する操作と変わらないですね。
【操作方法】
[ツール]パネルから、[曲線ペンツール]を選択します。
※バージョン CC 2018 以降
削除したいアンカーポイントをクリックして選択します。
アンカーポイントをクリックして選択
アンカーポイントをクリックして選択
[delete]キーを押して、アンカーポイントを削除します。
[delete]キーを押して削除
[delete]キーを押して削除
セグメントをプレビュー!
[ペンツール]の選択時に、オプションバーの歯車アイコンをクリックすると、[ラバーバンド]という項目のチェックボックスが表示されます。
[ラバーバンド]にチェックマークを入れる
セグメントをプレビューできるラバーバンド機能
セグメントをプレビューできるラバーバンド機能
[ラバーバンド]を有効にすると、アンカーポイントから次のアンカーポイントまでのセグメントが、[ペンツール]の移動に合わせてプレビューされます。[ペンツール]のペン先に線がくっついてくるカンジです。

スポンサード リンク