【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【ロゴ】フォントでつくる!鉛筆スケッチ風の文字

【Photoshop講座】ラフな下書き線があると、鉛筆スケッチ風のムードは高まります。技法はいたってシンプルです。塗りつぶしレイヤーを利用したテキストのラスタライズや、スマートオブジェクトにフィルター効果を適用して、自由に再編集できる方法をマスターしましょう。


ぶれの輪郭線を検出する!
テクニックを要するフリーハンド操作を用いず、いかに文字型を崩すか? が、このレッスンのテーマです。ラフな下書き線は、実線の内側や外側へはみ出させる必要があるため、ラスタライズした文字に[ぶれ]を適用して、その輪郭線を検出します。すると、文字型の内側と外側にそれぞれ下書き線の元が作成できます。
ラフな鉛筆スケッチ風に加工する
これから行う操作は、スタンダードなフォントをラフなスケッチ風に加工する方法です。文字の輪郭線をずらして重ね合わせ、再び外側を消去すると、それっぽい下書き線が作り出せます。すべての操作が設定だけで行えるので、初級ユーザーの方でも簡単に加工することができます。
スタンダードな文字を入力→ラフな鉛筆スケッチ風に加工する
フォントを設定する
素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は[幅:1280 pixel]、[高さ:720 pixel] 、[解像度:72 pixel/inch]、[モード:RGBカラー]を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ツール]パネルから、[横書き文字ツール]を選択します。オプションバーで、[フォントファミリーを設定]、[フォントスタイルを設定]に任意のフォントを設定します。作例では、「Swiss 721 BT Bold」を設定しました。[フォントサイズを設定]に「243 pt」を入力します。
任意のフォントを設定
[アンチエイリアスの種類を設定]に[滑らかに]、[整列オプション]に[テキストの左揃え]を選択します。[テキストカラーを設定]のカラーボックスをクリックし、[カラーピッカー]ダイアログで、[ブラック]を設定して、[OK]をクリックします。
[テキストカラーを設定]に[ブラック]を設定
サンセリフ書体を選ぼう!
フォントの設定は任意ですが、効果が出やすいのはサンセリフ(ゴシック)書体です。それは太い線の方が、タッチを多く取り入れることができるからです。しかし、隣り合う線との空間が狭すぎると、ラフなアウトラインを強調できないので、ほどよい太さの書体を選びましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字を入力する
ドキュメントの適当な箇所をクリックして、ポイントテキストで「design」を入力し、[現在の編集をすべて確定]をクリック、または[enter]キーを押して、入力を確定します。
ドキュメントをクリック→文字を入力
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリックして、[文字パネル]を表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え]をクリック
[文字パネル]で、[文字間のカーニングを設定]に[オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定]に[50]を選択します。
[文字パネル]を表示→トラッキングに[50]を選択
トラッキングに「0」を設定→トラッキングに「50」を設定
オプティカルとは?
文字の形状に対して、隣り合う文字のカーニング値が自動的に設定される機能で、ペアカーニング値を持たないフォントの「応急策」として適正値が割り当てられます。メトリクスとの比較は歴然としてありますが、使用するフォント、文字列によっては、優れている場合も少なくありません。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
文字をセンターに合わせる
[command(Ctrl)]+[A]キーを押して、すべてを選択します。[ツール]パネルから、[移動ツール]を選択し、オプションバーで、[垂直方向中央揃え]、[水平方向中央揃え]をクリックして、文字をセンターに合わすことができたら、[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。
[垂直方向中央揃え]と[水平方向中央揃え]をクリック
すべてを選択→文字をセンターに合わせる
オブジェクトの整列とは?
[移動ツール]には、レイヤー内のオブジェクトを整列するオプションがあります。ドキュメントの範囲を基準に揃える方法と、選択範囲を基準に揃える方法があり、ひとつのレイヤーオブジェクトを対象とする場合は、整列させる前に選択範囲を作成します。揃える方向を示す6種類の整列があり、2つを組み合わせることで9箇所の位置に移動することができます。
垂直方向中央+左端→下端+左端→下端+右端
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
テキストをラスタライズする
[レイヤー]パネルで、[design]テキストレイヤーの[レイヤーの表示/非表示]をクリックして、レイヤーを非表示にします。
[レイヤーの表示/非表示]をクリック
[レイヤーの表示/非表示]をクリック
非表示にした[design]テキストレイヤーサムネールを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
テキストレイヤーを非表示→文字の選択範囲を作成
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[べた塗り]を選択し、[べた塗り 1]を作成します。
[べた塗り 1]を作成
[べた塗り 1]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、任意の鉛筆の色を設定して、[OK]をクリックします。作例では[H:0° S:0% B:25%]を設定しています。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
テキストを塗りつぶしレイヤーでラスタライズできました。
テキストをラスタライズできた
テキストをラスタライズできた
ラスタライズとは?
ベクトル画像からビットマップ画像に変換することを「ラスタライズ」といいます。「ビットマップ化」の方がわかりやすいかも? 文字ツールで作成したテキストレイヤーは、フォント情報を持つ特別なレイヤーです。テキストレイヤーに直接、フィルター効果が適用できないのはこのためで、ピクセルの塗り分け領域が必要な場合は、レイヤーマスクを利用するのもひとつの方法です。
いちばんシンプルな方法は、[レイヤー]メニューから、[ラスタライズ]→[(ベクトル画像の種類)]を選択することですが、フィルター効果の適用だけに絞れば、オブジェクトの再編集ができるスマートオブジェクトの活用も有効な方法です。
下書き線を作成する
[レイヤー]パネルで、描画モードに[乗算]を選択します。[べた塗り 1]のレイヤーマスクを選択します。
レイヤーマスクを選択
レイヤーマスクを選択
[フィルター]メニューから、[ピクセレート]→[ぶれ]を適用します。
STEP4→[ぶれ]を適用
[フィルター]メニューから、[表現手法]→[輪郭検出]を適用します。[command(Ctrl)]+[I]キーを押して、階調を反転します。
[輪郭検出]を適用→階調を反転
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
[shift+command(Ctrl)]+[I]キーを押して、選択範囲を反転します。[編集]メニューから、[塗りつぶし]を選択し、[内容]に[ブラック]を選択して、[OK]をクリックします。[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。
[内容]に[ブラック]を選択
[内容]に[ブラック]を選択
文字の選択範囲を作成→選択範囲の外側を塗りつぶす
ベースになる下書き線が作成できました。
ベースになる下書き線が作成できた
ベースになる下書き線が作成できた
白と黒が逆?
[輪郭検出]を適用後に[階調の反転]を適用するのは、[輪郭検出]が白地に黒線で適用される機能だからです。しかし、これらはレイヤーマスク上で適用されるものなので、ドキュメントには白と黒が逆さまになって反映されます。
ドキュメントでは白地に黒線→レイヤーマスクでは黒地に白線
レイヤーマスクでは、黒い領域を隠し、白い領域を表示します。ということは、下書き線を塗りつぶしカラーで表示したいので、レイヤーマスクでは黒地に白線を目指して操作を組み立てます。
鉛筆書きのような質感を加える
[レイヤー]パネルで、[新規レイヤーを作成]を[option(Alt)]キーを押しながらクリックし、[新規レイヤー]ダイアログを表示します。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]キーを併用すると、新規レイヤーの詳細設定が行える、[新規レイヤー]ダイアログが表示されます。
[新規レイヤー]ダイアログで、[クリッピングマスクを作成]にチェックマークを入れます。[描画モード]に[スクリーン]を選択し、[スクリーンの中性色で塗りつぶす(黒)]にチェックマークを入れ、[OK]をクリックします。
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[フィルター]メニューから、[スマートフィルター用に変換]を適用します。
警告アラート
警告アラート
スマートオブジェクトを確認
[フィルター]メニューから、[ノイズ]→[ノイズを加える]を選択し、[ノイズを加える]ダイアログで、[分布方法]に[ガウス分布]を選択、[グレースケールノイズ]にチェックマークを入れ、[量]に「100%」を設定して、[OK]をクリックします。
[量]に「100%」を設定
[量]に「100%」を設定
[レイヤー 1]作成時→[ノイズを加える]を適用
効果を自由に変えるためのレイヤー!
[新規レイヤー]ダイアログで、[スクリーンの中性色で塗りつぶす(黒)]にチェックマークを入れると、黒く塗りつぶされたレイヤーが作成されます。黒は描画モード[スクリーン]の中性色なので、レイヤー作成時は下のレイヤーに影響しません。
[クリッピングマスクを作成]にチェックマークを入れると、背面以外のレイヤーに影響を及ぼさないレイヤー(塗りつぶしまたは調整レイヤーを含む)を作成することができます。スマートオブジェクトにすることで、適用後のフィルターが再編集できます。
下書き線の内側を塗りつぶす
[レイヤー]パネルで、テキストレイヤーを[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックして、メニューから[べた塗り]を選択し、[べた塗り 2]を作成します。
[べた塗り 2]を作成
[べた塗り 2]を作成
[カラーピッカー]ダイアログで、下書き線と同様の色を設定して、[OK]をクリックします。作例では[H:0° S:0% B:25%]を設定しています。
[カラーピッカー]ダイアログを設定
[カラーピッカー]ダイアログを設定
塗り分けにも対応できる!
再編集が可能な塗りつぶしレイヤーなので、設定後も自由に色が変えられます。たとえば、下書き線を黒色、内側を青色といった塗り分けも行えます。
[レイヤー]パネルで、描画モードに[乗算]を設定します。[べた塗り 2]のレイヤーマスクを選択し、[command(Ctrl)]キーを押しながらクリックして、文字の選択範囲を作成します。
[command(Ctrl)]+クリック
[command(Ctrl)]+クリック
文字の選択範囲を作成
文字の選択範囲を作成
[command(Ctrl)]+[F]キーを押して、[フィルターの再実行]を適用し、[command(Ctrl)]+[D]キーを押して、選択を解除します。
[フィルターの再実行]を適用
[フィルターの再実行]を適用
再実行で効率的に!
フィルターには、最後に使用したフィルターを再実行できる機能があります。[フィルター]メニューから、[フィルターの再実行]を選択、または[command(Ctrl)]+[F]キーを押すと、作例では、STEP 6の[ノイズを加える]を同じ設定で適用します。
スケッチ風のタッチをつける
[フィルター]メニューから、[ぼかし]→[ぼかし(移動)]を選択し、[ぼかし(移動)]ダイアログで、[角度]に「60」°、[距離]に「16」pixelを設定して、[OK]をクリックします。
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
[ぼかし(移動)]ダイアログを設定
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[レベル補正]を選択し、[レベル補正]ダイアログで、[入力レベル]に[128/1.00/255]を設定して、[OK]をクリックします。
シャドウ点を「128」に設定
シャドウ点を「128」に設定
[ぼかし(移動)]を適用→[レベル補正]でハッキリさせる
文字をラフな鉛筆スケッチ風に加工することができました。
鉛筆スケッチ風に加工できた
鉛筆スケッチ風に加工できた
ぼかしてハッキリさせる質感技!
[ぼかし(移動)]の設定値は、大きすぎて小さすぎても違和感が出ます。これは、適用する文字の太さ(線幅)が関係しています。細い文字の場合は小さく、太い文字の場合は大きくする調整を行うといいでしょう。
[レベル補正]では、[ぼかし(移動)]で引き伸ばした斜線をハッキリさせることによって、ランダムなタッチを強調します。[入力レベル]のシャドウ点(左側の調整点)をハイライト点(右側の調整点)の方向へ移動させると、コントラストが強くなります。作例の設定値「128」は、256階調の中間値を示します。

スポンサード リンク