【ウィンドウ】拡大作業と全体確認を2画面で行う方法【アレンジ】

【ウィンドウ】拡大作業と全体確認を2画面で行う方法【アレンジ】

【Photoshop基本操作】作業用 (拡大) と確認用 (縮小) のウィンドウを2画面で同時に表示しておけば、全体の仕上がりを確認しながら、細部の修正が効率よく行えます。


同じドキュメントを新規ウィンドウで開く!
ウィンドウをアレンジするには、まず対象となるドキュメントが開かれていなければなりません。ひとつのドキュメントの作業用 (拡大) と確認用 (縮小) を2画面で同時に表示する場合は、対象となるドキュメントの新規ウィンドウを表示します。

同じドキュメントを2画面で表示する方法

これから行う操作は、レタッチ作業を前提とした効率的なドキュメントウィンドウの表示方法です。細かいキズや汚れを修正したいドキュメントを開き、全体の仕上がりを確認できる表示倍率のウィンドウを左側に、細部の作業ができる表示倍率のウィンドウを右側に並列して表示します。
通常のウィンドウ表示 → 同じドキュメントを並列して表示する
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

同じドキュメントを2つ開く

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は [幅 : 1200 pixel]、[高さ : 1600 pixel]、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] で、塗料の剥がれや細かいキズがあるマスコット人形です。
素材画像を開く

素材画像を開く
アプリケーションフレームを選択しよう!
Photoshop の初期設定では、作業で使うツールやパネルなどの要素を、ひとつのウィンドウ上にまとめた「アプリケーションフレーム」で表示されています。
これから操作する2アップは、このアプリケーションフレームを前提としていますが、アプリケーションフレームを無効としたウィンドウを分離させた状態でも、同じドキュメントを並列して表示できます。
アプリケーションフレームの有効 / 無効の切り替えは、[ウィンドウ] メニューから、[アプリケーションフレーム] を選択します。
[ウィンドウ] メニューから、[アレンジ] → [(ウィンドウに表示しているファイル名) の新規ウィンドウ] を選択します。
ウィンドウに表示しているファイル名を選択

ウィンドウに表示しているファイル名を選択
すると、ドキュメントウィンドウに表示していた同じドキュメントが表示されます。アプリケーションフレームの場合は、同じウィンドウ内にタブグループとして表示されるので、新規ウィンドウのタブで確認します。
新規ウィンドウのタブで確認 (拡大)
新規ウィンドウのタブで確認

新規ウィンドウのタブで確認
タブグループとは?
アプリケーションフレームの場合は、ひとつのドキュメントウィンドウに対して、常にひとつのドキュメントしか表示されません。ドキュメントには「タブ」と呼ばれる、本やノートの端に付けられた出っ張りのようなものがあり、タブをクリックすると目的のドキュメントが表示される仕組みです。
タブグループとは、ひとつのウィンドウに複数のドキュメントをまとめたものです。使用するドキュメントをタブで切り替えることによって、作業スペースが確保できます。
続きは↓下の番号をクリック!

123

スポンサード リンク