写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

輪郭を合成する

輪郭の抽出は、[ ハイパス ] という機能を利用します。[ ハイパス ] は、画像の輪郭を検出して、その他の領域を明度の中間値( 50%グレー )に変換するフィルターです。
ハーフトーンを合成する → 輪郭を合成する
[ レイヤー ] パネルで、レイヤー [ 輪郭 ] を表示して選択します。
[ 輪郭 ] を表示して選択
[ 輪郭 ] を表示して選択
[ フィルター ] メニューから、[ その他 ] – [ ハイパス ] を選択します。[ ハイパス ] ダイアログで、[ 半径 ] に「6.0」pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ハイパス ] ダイアログを設定
[ ハイパス ] ダイアログを設定
輪郭がレリーフのようになったグレーの画像に変換されました。
グレーの画像に変換される
グレーの画像に変換される
ハイパスの適正値は?
[ ハイパス ] は、設定値の [ 半径 ] でシャープの大きさ ( 線画の太さ ) を調整、レイヤーの [ 不透明度 ] で適用量を調整します。適正値は画像の大きさにもよりますが、「1.0」pixel が「小」、「2.0」pixel が「中」、「3.0」pixel が「大」を目安にするといいでしょう。
[ イメージ ] メニューから、[ 色調補正 ] – [ 2階調化 ] を選択します。[ 2階調化 ] ダイアログで、[ 2階調化する境界のしきい値 ] に「117」を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ 2階調化 ] ダイアログを設定
[ 2階調化 ] ダイアログを設定
[ ハイパス ] のグレー画像から、線画を抽出することができました。
線画を抽出することができた
線画を抽出することができた

ドットを滑らかにする設定

[ フィルター ] メニューから、[ ぼかし ] – [ ぼかし ( ガウス ) ] を選択します。[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログで、[ 半径 ] に「1.0」pixel を入力して、[ OK ] をクリックします。
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ ぼかし ( ガウス ) ] ダイアログを設定
[ フィルター ] メニューから、[ シャープ ] – [ アンシャープマスク ] を選択します。[ アンシャープマスク ] ダイアログで、[ 量 ] に「100」%、[ 半径 ] に「1.0」pixel、[ しきい値 ] に「0」レベルを入力して、[ OK ] をクリックします。
[ アンシャープマスク ] ダイアログを設定
[ アンシャープマスク ] ダイアログを設定
[ レイヤー ] パネルで、描画モードに [ 乗算 ] を選択します。
描画モードに [ 乗算 ] を選択
描画モードに [ 乗算 ] を選択
写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工が完成しました。
コミック風のハーフトーン加工が完成
コミック風のハーフトーン加工が完成
2階調化の適正値は?
[ 2階調化 ] は、256階調レベルに対して、2階調化する境界のしきい値を設けて、それよりも小さい階調レベルの領域を黒に、大きい階調レベルの領域を白にする機能です。
黒にする領域
黒にする領域
[ ハイパス ] のグレー画像は、ほとんどのピクセル分布が 50%グレーにあるため、128階調レベルを頂点とした「富士山」のような形になっています。線画の抽出は、黒にする境界のギリギリの階調レベルが適正値となります。
レッスン動画を配信中!
【Photoshop講座】写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工
サムネールをクリックすると、レッスン動画にリンクします。
123456

スポンサード リンク