写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

写真をイラスト調に!コミック風のハーフトーン加工

ハーフトーンを合成する

複製したモノクロ画像に [カラーハーフトーン] を適用し、階調ごとに着色したレイヤーと合成します。ハーフトーンは、画像を網点に変換するフィルターですが、ここでは大きめの丸いドットを地紋のように扱います。
階調ごとに着色する → ハーフトーンを合成する
[レイヤー] パネルで、レイヤー [ハーフトーン] を表示して選択します。
[ハーフトーン] を表示して選択

[ハーフトーン] を表示して選択
[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [カラーハーフトーン] を選択します。[カラーハーフトーン] ダイアログで、[ハーフトーンスクリーンの角度] にすべて「45」を入力し、[最大半径] に「18」pixel を入力して、[OK] をクリックします。
[カラーハーフトーン] ダイアログを設定

[カラーハーフトーン] ダイアログを設定
モノクロ画像にハーフトーンをかけることができました。
ハーフトーンをかけることができた

ハーフトーンをかけることができた
[レイヤー] パネルで、描画モードに [オーバーレイ] を選択します。
描画モードに [オーバーレイ] を選択

描画モードに [オーバーレイ] を選択
モノクロ画像に作成したハーフトーンを合成することができました。
ハーフトーンを合成することができた

ハーフトーンを合成することができた
ハーフトーン最大半径とは?
[カラーハーフトーン] のドットの大きさは、対象画像の明度によって変わります。[最大半径] は「ドット密度」を示し、ドットの中心から隣り合う (対角) ドットの中心までの距離の 1/2 (半径) です。なので [半径] ではなく、[最大半径] という名前が付けられています。
[カラーハーフトーン] の最大半径

[カラーハーフトーン] の最大半径
続きは↓下の番号をクリック!

123456

スポンサード リンク