【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

【テクスチャ】ゼロからつくる!青空と逆光の雲

【Photoshop講座】ランダムな斑点模様を生成する「雲模様」をベースに、太陽が照り返る逆光の雲を描きます。ポイントは青空の色。驚くほど簡単に、しかもリアルに作れる方法をご紹介しましょう。


雲模様にして雲にあらず?
ここで描く雲には、らしからぬ黒い影があります。雲のエッジが光り輝く「逆光の雲」にとって、これが重要な要素となるワケです。しかし「雲模様」には、そんな黒い影など存在しません。画像の明暗を表す階調は、大まかにシャドウ、中間調、ハイライトに分けられますが、この順序を入れ替えてやると、あら不思議? もう「雲模様にして雲にあらず」とは言わせません。
何もない状態から雲を描く
こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態から雲を描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「逆光の雲」が作成できます。最初に生成する「雲模様」がそのまま、壮大な青空に変身しますよ。
ベースの[雲模様 1]を生成→何もない状態から雲を描く
雲のベースをつくる
[幅:1280 pixel][高さ:720 pixel][解像度:72 pixel/inch][モード:RGBカラー]の新規ドキュメントを開きます。
新規ドキュメントを開く
新規ドキュメントを開く
描画色に[ブラック]、背景色に[ホワイト]を設定し、[フィルター]メニューから[描画]→[雲模様 1]を選択して適用します。
[雲模様 1]を適用
[雲模様 1]を適用
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
スマートオブジェクトとは?
[スマートオブジェクトに変換]を適用すると、[背景]やレイヤーが「スマートオブジェクト」に変換されます。スマートオブジェクトにすることで、切り抜き後の画像が再編集できます。[背景]に適用すると、レイヤー名が[レイヤー 0]に変更され、[背景]では設定できなかった[描画モード]や[不透明度]、[位置をロック]などが有効になります。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
雲模様に遠近感をつける
ドキュメントウィンドウの表示倍率を25%に縮小し、画像の周囲に作業領域を確保します。
画像の周囲に作業領域を確保する
画像の周囲に作業領域を確保する
[編集]メニューから、[変形]→[遠近法]を選択して、変形のバウンディングボックスを表示します。
変形のバウンディングボックスを表示
変形のバウンディングボックスを表示
右上のハンドルを水平方向に右側へドラッグして、[enter]キーを押して変形を確定します。
ハンドルを右側へドラッグ
ハンドルを右側へドラッグ
適切な変形角度は?
[遠近法]の操作は、ドラッグする位置が遠いほどワイド端(広角側)になります。しかし、あまり変形率が高いと画質が劣化してしまうのでほどほどに。作例では、標準の「-45°」に設定しています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
空と雲の領域をハッキリさせる
[イメージ]メニューから、[色調補正]→[トーンカーブ]を選択します。[トーンカーブ]ダイアログで、右上の調整ポイントをクリックして選択します。
右上の調整ポイントをクリックして選択
右上の調整ポイントをクリックして選択
[入力]に「191」、[出力]に「255」を入力します。
選択した調整ポイントの設定値を入力
選択した調整ポイントの設定値を入力
トーンカーブ上をクリックして調整ポイントを追加し、[入力]に「173」、[出力]に「191」を入力します。
追加した調整ポイントの設定値を入力
追加した調整ポイントの設定値を入力
すべての設定ができたら、[OK]をクリックします。
[トーンカーブ]ダイアログを設定
[トーンカーブ]ダイアログを設定
STEP 2→空と雲の領域をハッキリさせる
雲の領域に階調を残す!
[トーンカーブ]の設定では、白い部分が空の領域、黒い部分が雲の領域になります。白い部分の階調を飛ばすことで、フラットな青空のベースを表現し、黒い部分の階調を残すことで雲を表現します。いい結果が出ない場合は、設定の微調整を行ってください。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
着色で逆光の雲形を起こす
[レイヤー]パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成]をクリックし、メニューから[グラデーションマップ]を選択して、[グラデーションマップ 1]を作成します。
[グラデーションマップ 1]を作成
[グラデーションマップ 1]を作成
[属性]パネルで、[クリックでグラデーションを編集]をクリックして、[グラデーションエディター]ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[クリックでグラデーションを編集]をクリック
[グラデーションエディター]ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK]をクリックします。
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
[グラデーションエディター]ダイアログを設定
【設定値】
[位置:0%][不透明度:100%]
[位置:100%][不透明度:100%]
[位置:0%][カラー:(H:205° S:30% B:60%)]
[位置:50%][カラー:(H:27° S:5% B:95%)]
[位置:100%][カラー:(H:210° S:70% B:50%)]
STEP 3→着色で逆光の雲形を起こす
[属性]パネルで、[ディザ]にチェックマークを入れます。
[ディザ]にチェックマークを入れる
[ディザ]にチェックマークを入れる
空色はちょっと濁らせて
リアルな空色を表現するには、あまり鮮やかになりすぎないことがポイントです。ベースになるH(色相)を決めたら、S(彩度)、B(明るさ)を最大75%程度に抑えて調整していきます。作例では、H205°〜H210°の色相で、中間調に補色(反対色)のH27°を設定しています。
空間の色の変化を演出する
[レイヤー]パネルで、「グラデーションマップ1」レイヤーマスクサムネールを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、 ドキュメントウィンドウをレイヤーマスクモードに切り替えます。
[option(Alt)]+クリック
[option(Alt)]+クリック
レイヤーマスクモードに切り替える
レイヤーマスクモードに切り替える
[ツール]パネルから、[グラデーションツール]を選択します。
[グラデーションツール]を選択
[グラデーションツール]を選択
オプションバーで、[クリックでグラデーションピッカーを開く]をクリックして、 グラデーションピッカーからプリセット[黒、白]を選択します。
グラデーションモードに[線形グラデーション]を選択します。
プリセット[黒、白]を選択
プリセット[黒、白]を選択
[shift]キーを押しながら、ドキュメントの下側面から上側面までドラッグして、グラデーションを作成します。
[shift]+ドラッグ
[shift]+ドラッグ
グラデーションが作成できたら、[レイヤー]パネルで、[グラデーションマップ 1]レイヤーマスクサムネールをダブルクリックして、[属性]パネルを表示します。
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
レイヤーマスクサムネールをダブルクリック
[属性]パネルで、[濃度]に「50%」を入力します。
[濃度]に「50%」を入力
[濃度]に「50%」を入力
グラデーションの濃度が薄くなった
グラデーションの濃度が薄くなった
[レイヤー]パネルで、[グラデーションマップ 1]レイヤーサムネールをクリックして、ドキュメントウィンドウを画像描画モードに戻します。
レイヤーサムネールをクリック
レイヤーサムネールをクリック
STEP 4→空間の色の変化を演出する
着色の影響力を変える!
レイヤーマスクの[濃度]が50%になると、ドキュメントの上部はそのままで、下部は50%の適用度になります。グラデーションマップの影響力は、この[濃度]の調整で行うことができ、作例では中間値の「50%」を設定しました。
太陽の位置を読み取る
[レイヤー]メニューから、[新規]→[レイヤー]を選択します。[新規レイヤー]ダイアログで、[描画モード]に[スクリーン]を設定し、[スクリーンの中性色で塗りつぶす(黒)]にチェックマークを入れて、[OK]をクリックします。
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[新規レイヤー]ダイアログを設定
[レイヤー]メニューから、[スマートオブジェクト]→[スマートオブジェクトに変換]を選択して適用します。
スマートオブジェクトを確認
中性色だから影響しない!
新しく作成した[レイヤー 1]は、後に適用する[逆光]の描画を行うためのピクセル領域をつくるものです。ドキュメント全体が黒色で塗りつぶされているのに、下のレイヤー(基本色)にはまったく影響しません。これは、描画モード[スクリーン]の中性色(基本色に影響しない色)が黒色に設定されているためです。
[ウィンドウ]メニューから、[情報]を選択して、[情報]パネルを表示します。
[情報]パネルを表示
[情報]パネルを表示
太陽の位置を示すもっとも輝かせたい箇所にマウスカーソルを合わせ、X、Y座標を読み取ります。
太陽の位置にマウスカーソルを合わせる
太陽の位置にマウスカーソルを合わせる
光源の位置を正確にする!
太陽の位置を読み取るのは、後に適用する[逆光]の位置を正確にするためです。雲の切れ間から輝く太陽を表現したいとき、青空と雲の境界線の正確な位置に設定したいですよね。厚い雲の真ん中にあってもヘンでしょ? そんなときは、[詳細な光源の位置]オプションを活用しましょう。
太陽の拡散する光を作成する
[フィルター]メニューから、[描画]→[逆光]を選択します。[逆光]ダイアログで、プレビューを[option(Alt)]キーを押しながらクリックして、[詳細な光源の位置]ダイアログを表示します。
プレビューを[option(Alt)]+クリック
プレビューを[option(Alt)]+クリック
[詳細な光源の位置]ダイアログで、[光源の位置の設定]に[X:341.0 pixel]、[Y:526.0 pixel]を入力して、[OK]をクリックします。すると、プレビューの[光源の位置]が、指定した座標に配置されます。
[詳細な光源の位置]ダイアログを設定
[詳細な光源の位置]ダイアログを設定
[逆光]ダイアログで、[明るさ]に「150」%を入力し、[レンズの種類]に[105mm]を選択して、[OK]をクリックします。
[逆光]ダイアログを設定
[逆光]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[不透明度]に「50%」を入力します。
[不透明度]に「50%」を入力
[不透明度]に「50%」を入力
STEP 6→太陽の拡散する光を作成する
拡散する光は幅広く!
[逆光]の[105mm]は、望遠レンズで撮影したときのフレア効果です。焦点距離を長くした状態なので、被写体に対して画角は狭くなり、拡散する光が幅広く描画されるのが特徴です。太陽の光が同心円状に、画角いっぱい広がるように[明るさ]を調整しましょう。適用度は[不透明度]で調整します。
キラリと輝くフレアを作成する
[レイヤー]パネルで、[レイヤー 1]を[新規レイヤーを作成]にドラッグして、[レイヤー 1のコピー]を作成します。
[レイヤー 1のコピー]を作成
[レイヤー 1のコピー]を作成
[レイヤー 1のコピー]の[スマートフィルター]→[逆光]をダブルクリックして、[逆光]ダイアログを表示します。
[逆光]をダブルクリック
[逆光]をダブルクリック
[逆光]ダイアログで、[明るさ]に「127」%を入力し、[レンズの種類]に[50-300mm ズーム]を選択して、[OK]をクリックします。
[逆光]ダイアログを設定
[逆光]ダイアログを設定
[レイヤー]パネルで、[不透明度]に「95%」を入力します。
[不透明度]に「95%」を入力
[不透明度]に「95%」を入力
STEP 7→キラリと輝くフレアを作成する
何もない状態から雲を描くことができた
何もない状態から雲を描くことができた
トーンジャンプをノイズで防ごう!
グラデーションや[逆光]の効果は、幅広い階調の変化で表現するものなので、トーンジャンプ(階調が縞状に見える現象)が現れます。これを防ぐには、グラデーション作成時に[ディザ]を有効にします。[ディザ]を設定してもトーンジャンプが現れる場合は、最前面に50%グレーで塗りつぶしたレイヤーを作成し、そこにノイズを適用して、描画モード[オーバーレイ]で合成します。

スポンサード リンク