【画像の合成】スマホ画面にピッタリはめ込む【ガイドにスナップ】

【Photoshop基本操作】スマートフォン画面のはめ込み合成は、選択範囲内にペーストする方法がポピュラーです。しかし、角度を合わせた変形を行ったり、エッジに合わす作業はとても面倒なものです。そんなときは、ガイドのスナップ機能を利用すれば、正確な変形はもちろん、すばやく効率的な作業が行えます。
計画が効率化を生む!
「急がば回れ」ということわざがありますが、画像のはめ込み合成はまさにその通り。画面比率に合わない画像を感覚だけで変形するなんて、余計に時間がかかるものだと思いませんか?
スマートフォン画面には規格があるので、その比率を算出して、はめ込み合成用の画像 ( 正面方向 ) をトリミングしておきます。

画面のはめ込み合成

これから行う操作は、スマートフォン画面へのはめ込み合成を正確にする方法です。はめ込み合成でよく見られる失敗は、パース変形による違和感です。
元画像 → スマートフォン画面へのはめ込み合成
Photoshop の遠近法による変形は精度が高いので、その原因のほとんどは、はめ込む画像と画面比率が合致していないことです。ガイドにスナップして、スマホ画面にピッタリはめ込みましょう。スナップ:オブジェクトの端をガイドなどに吸着させる機能

画像をトリミングする

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[ 幅 : 1920 pixel ]、[ 高さ : 1280 pixel ] 、[ 解像度 : 72 pixel/inch ]、[ カラーモード : RGB カラー ] を使用しています。
素材画像を開く
素材画像を開く
[ ツール ] パネルで、[ 切り抜きツール ] を選択します。
[ 切り抜きツール ] を選択
[ 切り抜きツール ] を選択
オプションバーで、プリセットメニューから、[ 幅 x 高さ x 解像度 ] を選択します。
[ 切り抜く画像の幅を設定 ] に [ 720 px ]、[ 切り抜く画像の高さを設定 ] に [ 1280 px ]、[ 切り抜く画像の解像度を設定 ] に [ 72 ] px/in を入力します。
切り抜きサイズと解像度を入力
切り抜きサイズと解像度を入力
スマホ画面の比率でトリミング!
スマホ画面にはめ込む画像は、あらかじめスマホ画面の比率でトリミングしておきます。作例は、HD サイズの原寸 [ 幅 : 720 pixel ]、[ 高さ : 1280 pixel ] を設定していますが、対象の素材がこれより低解像度の場合は、16 : 9 の比率を設定してください。
バウンディングボックスをドラッグして、切り抜き領域を調整します。
切り抜き領域を調整
切り抜き領域を調整
オプションバーで、[ 現在の切り抜き操作を確定 ] をクリック、または、[ enter ] キーを押して、現在の切り抜き操作を確定します。
はめ込み画像をトリミングすることができた
はめ込み画像をトリミングすることができた
ピクセルは削除しない?
オプションバーで、[ 切り抜いたピクセルを削除 ] にチェックマークを入れると、切り抜いたピクセル ( 切り抜き以外の領域 ) が削除されます。無効 ( 初期設定 ) の場合は、切り抜いたピクセルが保存され、[ 移動ツール ] で画像を移動すると、切り抜き以外の領域がドキュメント内に現れます。
[ 切り抜いたピクセルを削除 ] が無効の場合→[ 切り抜いたピクセルを削除 ] が有効の場合
続きは↓下の番号をクリック!
12345

スポンサード リンク