CC 2018」タグアーカイブ

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【画像の配置】Illustratorのアートワークをコピー&ペーストする方法【ペースト形式】

【Photoshop基本操作】Illustrator で作成したアートワークは、Photoshop へコピー&ペーストして配置することができます。しかし、「ベクトル」と「ビットマップ」といった異なる画像形式であるため、用途に応じて4つのペースト形式が用意されています。それぞれの用途と特徴をご紹介しましょう。

続きを読む

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【色の校正】CMYK変換で再現できない色を確認する方法【色域外警告】

【Photoshop基本操作】CMYK カラーモード変換で失われた鮮やかな色は、RGB カラーモード変換だけでは再現できません。補正で彩度を高めようとすると、引き換えにコントラストが弱くなってしまい、思うような仕上がりに近付けるには大変苦戦します。そんなときは、Lab カラーモードを試してみましょう。今までの悩みが一気に解消できるかも?

続きを読む

【画像の配置】複数のオブジェクトを中央に揃える方法【整列】

【画像の配置】複数のオブジェクトを中央に揃える方法【整列】

【Photoshop基本操作】ドキュメントに配置したオブジェクト (画像・図形・文字等) は、[移動ツール] で自由に動かすことができますが、たとえば、複数のレイヤーオブジェクトをアートボード (カンバス) の中央に揃えたい場合は、[整列] オプションを使用すれば、正確で効率的な操作が行えます。

続きを読む

【ガイド】ドキュメントサイズに最適なマージンを素早く作成する方法【スナップ】

【ガイド】ドキュメントサイズに最適なマージンを素早く作成する方法【スナップ】

【Photoshop基本操作】ドキュメントの四方にマージン (余白) を設ける場合、[新規ガイドレイアウトを作成] を使用すれば、ピクセル単位の設定値でカンタンにガイドを作成することができます。しかし、レイアウトを比率で割り出したい場合には、マージンの最適な距離が予測しづらいかも知れません。ドキュメントサイズから縮小したオブジェクトにスナップさせながら、マージンガイドを素早く作成しましょう。

続きを読む

【描画色】Webブラウザからカラーをサンプリングする方法【スポイトツール】

【描画色】Webブラウザからカラーをサンプリングする方法【スポイトツール】

【Photoshop基本操作】[スポイトツール] で画像内をクリックすると、カラーはカンタンに採取できますが、Photoshop 以外の表示領域では、同様にサンプリングできません。たとえば、Web ブラウザに表示されているカラーをすばやく調べたい…そんなときは、この裏技が大変便利です。

続きを読む

【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【選択範囲】正確な開始点をすばやく見つける方法【楕円形選択ツール】

【Photoshop基本操作】選択範囲の開始点は、四角形のコーナーに設定されているため、球体などの円形を選択する場合は、オブジェクトの境界から離れた何もないところを探さなくてはなりません。[定規] の交差点をドラッグすると表示される十字線を活用すれば、見つけにくい開始点を正確に知ることができます。

続きを読む

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【カラー設定】どうする?埋め込まれたプロファイルの不一致【カラーマネジメント】

【Photoshop基本操作】画像を開くと表示されるアラート [埋め込まれたプロファイルの不一致]。そのまま [OK] していませんか? 初期設定では、その画像に含まれる埋め込みプロファイルを使用することが選択されていますが、色が合わないトラブルに発展する危険性も持っています。

続きを読む

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【効果】別画像の色調に一発変換する方法【カラーの適用】

【Photoshop基本操作】一般的な色調補正は、元画像のカラー情報を増減させて行いますが、別画像のカラー情報に置き換えて色調変換するのが [カラーの適用] です。たとえば、静寂な青い海を、エネルギッシュな夕景に変えることだって可能です。

続きを読む

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【レタッチ】青空から鳥影を瞬時に消す【スポット修復ブラシツール】

【Photoshop基本操作】バージョンアップを重ねるごとに精度を増したスゴイ機能 [コンテンツに応じる]。これは Photoshop が自動的に周囲のカラー情報を解析し、いいカンジに修復してくれるというものです。その [コンテンツに応じる] を搭載した [スポット修復ブラシツール] を使って、青空から鳥影を瞬時に消してみましょう。

続きを読む

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【レタッチ】画像内の人物を移動して自動修復する方法【コンテンツに応じた移動ツール】

【Photoshop基本操作】画像内の対象物が切り抜きオブジェクトのように移動できれば、デザインの自由度は広がります。[コンテンツに応じた移動ツール] は、移動元の穴埋めと移動先の境界線を一度に自動修復してくれるツールです。意図したレイアウトに合わせて、計画的に画像内の主体を移動させましょう。

続きを読む