写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

写真をイラスト調に!変幻自在の抽象イメージ

【Photoshop講座】Photoshop の描画モードは、キー操作で順番に切り替えられます。思わぬ効果や発見がある変幻自在の画像合成は、簡単でスピーディーな操作ができてこそ活かされるのではないでしょうか。次々に繰り出される適用結果から選出し、花の画像から抽象イメージを作成しましょう。


グラデーション同士の合成技!
描画モードによる画像合成は、それぞれが対等である1対1で考えるよりも、基本色と合成色という関係性で捉えた方が、より結果色を予測しやすくなります。
写真素材をキーヴィジュアルとして使用する場合は、上から重ねて行く合成ではなく、複数のレイヤーからなるバックグラウンドを敷くという発想の転換も必要です。グラデーション同士の合成技に着目しましょう!

写真を抽象イメージに加工

これから行う操作は、写真をグラデーションの抽象イメージ (アブストラクト) に加工する方法です。カラフルなグラデーションを重ね合わせて、その上から、写真素材を描画モードで合成します。
元画像 → 変幻自在の抽象イメージに加工
描画モードを活用する方法なので、画像解像度やドキュメントサイズには直接影響しません。他の素材に応用する場合は、そのドキュメントサイズをそのまま使用してください。

素材画像を開く

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 853 pixel] 、[解像度 : 300 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。加工する素材は、コントラストが強く滑らかな階調がある花や小物など、ディテールが単純な写真が好ましいです。
素材画像を開く

素材画像を開く
素材画像が開けたら、[レイヤー] パネルで、[背景] を [option (Alt)] キーを押しながらダブルクリックして、[レイヤー 0] に変換します。
[option (Alt)] + ダブルクリック → [レイヤー 0] に変換
背景からレイヤーに変換!
[背景] とは、ドキュメントサイズと同じ大きさを持つピクセル領域で、ドキュメントの基礎となる部分です。JPEG 形式などで保存された画像を開くと、そのピクセル領域はすべて [背景] として読み込まれます。
Photoshop では、ドキュメントにレイヤーを追加することができますが、[背景] の下層に作成することはできません。[背景] から [レイヤー 0] に変換することで、重ね順を自由に入れ替えることが可能になります。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク