基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方「知っておきたいパネル操作と時短技」

基本がわかる!レイヤーの使い方
prevnext
CHAPTER-07

描画モードの変更

レイヤーの重なり条件を選択できる高度な機能で、画像合成のさまざまな表現が設定できます。
描画モードを設定できる画像は、Photoshop で現在作業中のレイヤーを含む画像、または、Photoshop 形式 ( .psd ) で保存されたレイヤーを含む画像に限られます。
基本がわかる!描画モードの種類と特性
描画モード [ 通常 ] → 描画モード [ ハードライト ]
【操作方法】
[ shift ] + [ + ] キーを押すと、メニューの順に描画モードが変更できます。
[ shift ] + [ – ] キーを押すと、メニューの逆順に描画モードが変更できます。2つのショートカットキーで、次々に繰り出される適用結果からすばやく選出しましょう。
[ shift ] + [ + ] キーでメニュー順に変更 → [ shift ] + [ - ] キーで逆順に変更
ショートカットが使えない?
描画モードを変更するショートカットキーは、ペイント系ツールの選択時には使用できません。これは、描画モードの操作が重複するためで、オプションバーの選択が優先されるからです。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!
基本がわかる!レイヤーの使い方
prevnext

スポンサード リンク