基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方

基本がわかる!レイヤーの使い方
prevnext
CHAPTER-08

レイヤーの不透明度

レイヤーの不透明度は、レイヤーのマスター不透明度を設定する [不透明度] と、レイヤーの内部不透明度を設定する [塗り] の 2 種類があります。
これらの違いは、レイヤースタイルの有無によって現れます。ここでは、[不透明度] を「マスター不透明度」、[塗り] を「塗りの不透明度」として表記しています。

マスター不透明度

[不透明度] は、レイヤーのマスター不透明度を設定することができます。つまり、レイヤーに付属するレイヤースタイルの効果も含め、設定した不透明度の値が均等に反映されます。
[塗り] がレイヤースタイルの効果に影響を与えない不透明度であるのに対し、通常の働きをするのが [不透明度] です。
[不透明度] に「100%」を設定 → [不透明度] に「50%」を設定
【操作方法】
選択レイヤーの不透明度をダイレクトに指定できます。[ (設定値) ] キーの [ 1 ] は 10%、[ 0 ] は 100% です。
[ (設定値) ] キーを2回連続して押すと、1桁めの数値も設定することが可能です。たとえば、[ 7 ]、[ 0 ] は 70%、[ 0 ]、[ 1 ] は 1% です。
1桁めの数値 [5] キーを押す → [不透明度] に「20%」が設定される
設定値をキーで調整!
[不透明度] の入力ボックスをクリックしてアクティブ表示、またはスライダ表示中に [↑] キー、または [↓] キーを押すと 1% ずつ、[shift] キーを押しながら [↑] キー、または [↓] キーを押すと 10% ずつ数値を調整できます。
[不透明度] の入力ボックス
[不透明度] の入力ボックス

塗りの不透明度

[塗り] は、レイヤーの内部不透明度を設定することができます。つまり、レイヤースタイルの効果には影響を与えず、ピクセルがある塗りの部分だけに設定できる不透明度です。
レイヤースタイルが設定されていなければ、表面上は [不透明度] と変わりありません。
[塗り]に「50%」を設定 → [塗り] に「20%」を設定
【操作方法】
選択レイヤーの塗りの不透明度をダイレクトに指定できます。設定値には [shift] キーを併用します。[ (設定値) ] キーの [ 1 ] は 10%、[ 0 ] は 100% です。
[ (設定値) ] キーを2回連続して押すと、1桁めの数値も設定することが可能です。たとえば、[ 5 ]、[ 0 ] は 50%、[ 0 ]、[ 1 ] は 1% です。
[shift] キーと1桁めの数値 [ 2 ] キーを押す → [塗り] に「20%」が設定される
設定値をキーで調整!
[塗り] の入力ボックスをクリックしてアクティブ表示、またはスライダ表示中に [↑] キー、または [↓] キーを押すと 1% ずつ、[shift] キーを押しながら [↑] キー、または [↓] キーを押すと 10% ずつ数値を調整できます。
[塗り] の入力ボックス
[塗り] の入力ボックス
基本がわかる!レイヤーの使い方
prevnext

スポンサード リンク