【ロゴ】フォントでつくる!サイケな変形文字

【ロゴ】フォントでつくる!サイケな変形文字

【Photoshop講座】1960年代後半に流行した「ヒッピー」や「サイケデリック」は、ロゴデザインにおいても、特徴的な影響を与えました。大きく歪ませた文字列を組み合わせて、文字型を利用した極彩色の模様を入れましょう。



負の設定値で形状を整える!
大きく歪曲した文字列の形状は、[ワープテキスト] という機能を使って変形します。[ワープテキスト] は、文字をさまざまな形に変形できる15種類のワープスタイルが搭載された、テキストレイヤー限定のオプション機能です。ユニークな変形を維持したまま、テキスト内容だけが変更できたり、負の設定値を入力することで、正反対の変形にも簡単に編集できます。

背景用のグラデーションを作成する

[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規] ダイアログで、[幅] に「1024」pixel、[高さ] に「640」pixel、[解像度] に「72」pixel/inch、[カラーモード] に [RGB カラー] 8 bit を設定して、[OK] をクリックします。
新しいドキュメントを作成
新しいドキュメントを作成
[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [グラデーション] を選択して、[グラデーション 1] を作成します。
[グラデーション 1] を作成
[グラデーション 1] を作成
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[クリックでグラデーションピッカーを開く] をクリックします。
[オレンジ、イエロー、オレンジ] を選択します。
[オレンジ、イエロー、オレンジ] を選択
[オレンジ、イエロー、オレンジ] を選択
[ディザ] にチェックマークを入れて、[OK] をクリックします。
[ディザ] にチェックマークを入れる
[ディザ] にチェックマークを入れる
背景用のグラデーションを作成することができました。
背景用のグラデーションを作成することができた
背景用のグラデーションを作成することができた
ディザとは?
[ディザ] にチェックマークを入れると、グラデーションの階調が段階的な縞状になってしまう現象「バウンディング」を防げます。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!サイケな変形文字
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

ベースのフォントを入力する

[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックします。
[グループ 1] が作成されたことを確認します。
[グループ 1] を作成
[グループ 1] を作成
[ツール] パネルから、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択
[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定します。
[フォントサイズを設定] に「250 pt」を入力します。
オプションバーを設定
任意のフォントを設定!
作例では、「Davida BT Bold」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。これから適用する効果には、ユニークな形状が活かせるセリフ系のフォントが適しています。
[アンチエイリアスの種類を設定] に [滑らかに] を選択します。
オプションバーを設定
テキストカラーは、初期設定のブラック、または背景色から見やすい色に設定しておきます。
ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。作例では、「BLACK」を入力しました。
文字が入力できたら、[enter] キーを押して、文字の入力を確定します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
同じ要領で文字を入力します。
文字が入力できたら、[enter] キーを押して、新しいテキストレイヤー [JACKS] を作成します。
ドキュメントに文字を入力
ドキュメントに文字を入力
文字の位置の調整は、[command (Ctrl)] キーを押しながらドラッグして行います。
[レイヤー] パネルで、[command (Ctrl)] キーを押しながら、ふたつのテキストレイヤーを選択します。
ふたつのテキストレイヤーを選択
ふたつのテキストレイヤーを選択
オプションバーで、[文字パネルと段落パネルの切り替え] をクリックして、[文字] パネルを表示します。
[文字パネルと段落パネルの切り替え] をクリック
[文字] パネルで、[文字間のカーニングを設定] に [オプティカル] を選択します。
[オプティカル] を選択
[オプティカル] を選択
すると、文字間のカーニングが自動設定されます。
文字間を自動カーニングで調整
オプティカルとは?
[オプティカル] を選択すると、文字の形状に対して、隣り合う文字のカーニング値が自動的に設定されます。文字間が均等に空くので、アウトラインやシャドウなどの処理を行う場合に効果的です。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字に変形を加える

[編集] メニューから、[変形] → [ゆがみ] を選択します。バウンディングボックスの右側面のハンドルを「-10.0°」までドラッグして、文字組みを少し斜めに変形し、[enter] キーを押して、変形を確定します。
右側面のハンドルをドラッグ → 文字組みを少し斜めに変形
オプションバーで、[ワープテキストを作成] をクリックして、[ワープテキスト] ダイアログを表示します。
[ワープテキストを作成] をクリック
[ワープテキスト] ダイアログで、[スタイル] に [魚形] を選択して、[OK] をクリックします。
[スタイル] に [魚形] を選択
[スタイル] に [魚形] を選択
ふたつのテキストレイヤーに [魚形] が適用された
ふたつのテキストレイヤーに [魚形] が適用された
[レイヤー] パネルで、[JACKS] を選択します。
[JACKS] を選択
[JACKS] を選択
オプションバーで、[ワープテキストを作成] をクリックして、[ワープテキスト] ダイアログを表示します。[ワープテキスト] ダイアログで、[カーブ] に「-38」% を入力して、[OK] をクリックします。
[カーブ] に「-38」% を設定
[カーブ] に「-38」% を設定
歪曲するカーブの形状を整える
歪曲するカーブの形状を整える
[command (Ctrl)] キーを押しながらドラッグして、文字の位置を調整します。
文字の位置を調整
文字の位置を調整
文字列により形状が変わる!
歪曲するカーブの形状は、[カーブ] の設定値が同じでも、適用する文字列の長さによって変わります。作例は上段が5文字、下段も5文字なので、ほぼ同じ負の設定値で、論理的には正反対の効果が適用できます。

文字にグラデーションの効果をつける

[レイヤー] パネルで、[JACKS] を非表示にします。
続いて、[BLACK] を選択します。
[BLACK] を選択
[BLACK] を選択
他のテキストレイヤーを非表示
他のテキストレイヤーを非表示
[レイヤー] パネルで、[レイヤースタイルを追加] をクリックします。
メニューから [グラデーションオーバーレイ] を選択します。
[グラデーションオーバーレイ] を選択
[グラデーションオーバーレイ] を選択
[レイヤースタイル] ダイアログで、[ディザ] にチェックマークを入れます。[グラデーション] の [クリックでグラデーションピッカーを開く] をクリックし、[青、赤、イエロー] を選択し、[逆方向] にチェックマークを入れます。[角度] に「103」°を入力します。[比率] に「75」% を入力します。
[グラデーションオーバーレイ] を設定
[グラデーションオーバーレイ] を設定
[グラデーションオーバーレイ] が適用された
[グラデーションオーバーレイ] が適用された
[グラデーションオーバーレイ] の初期設定では、[描画モード] に [通常] が設定されているので、テキストカラーに関係なく、新しい設定色が上塗りされます。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

境界線とドロップシャドウを加える

[レイヤースタイル] ダイアログで、[レイヤースタイルを追加] をクリックします。
メニューから [境界線] を選択します。
[塗りつぶしタイプ] セクションの [カラー] に [ホワイト] を設定します。[構造] セクションの [位置] に [中央] を選択し、[サイズ] に「3」px を入力します。
[境界線] を設定
[境界線] を設定
[境界線] が適用された
[境界線] が適用された
視認性を高める効果!
文字型のエッジに[境界線]を設定すると、文字列の視認性を高める効果があります。[境界線] の [位置] は、[内側] より [中央] が適しています。[サイズ] が大きくなると、隣接する境界線が不鮮明になるので、その場合は [外側] に設定しましょう。
[レイヤースタイルを追加] をクリックします。
メニューから [ドロップシャドウ] を選択します。
[構造] セクションの [描画モード] に [通常] を選択し、[シャドウのカラーを設定] に [ブラック] を設定します。[不透明度] に「100」% を入力します。[距離] に「20」px、[スプレッド] に「100」%、[サイズ] に「24」px を入力します。
[ドロップシャドウ] を設定
[ドロップシャドウ] を設定
[ドロップシャドウ] が適用された
[ドロップシャドウ] が適用された
スプレッドで膨らます!
作例の効果は、[スプレッド] を「100」% に設定することで、シャドウのぼかしをハッキリさせています。放射状に拡がったシャドウのぼかしがハッキリすると、ベースの文字型より大きなドロップシャドウをつくることができます。

幾何学模様を作成する

[レイヤースタイル] ダイアログで、[レイヤースタイルを追加] をクリックします。
メニューから [サテン] を選択します。
[描画モード] に [差の絶対値] を選択し、[効果のカラーを設定] に [ホワイト] を設定します。[角度] に「19」°、[距離] に「40」px、[サイズ] に「0」px を入力します。
すべての項目が設定できたら、[OK] をクリックします。
[サテン] を設定
[サテン] を設定
[サテン] が適用された
[サテン] が適用された
作例の効果は、[サテン] の [距離] を変更することで、模様の位置を調整することができます。[角度] は、模様が移動する角度を示しています。

効果をコピー&ペーストする

[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [レイヤースタイルをコピー] を選択します。[レイヤー] パネルで、[JACKS] を表示して選択します。[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [レイヤースタイルをペースト] を選択します。
[JACKS] を表示して選択
[JACKS] を表示して選択
[JACKS] を表示して選択 → レイヤースタイルをペースト
レイヤースタイルの効果は、コピー&ペーストで他のテキストレイヤーに適用することができます。
[レイヤー] パネルで、[効果] の [グラデーションオーバーレイ] をダブルクリックして、[レイヤースタイル] ダイアログを表示します。
[グラデーションオーバーレイ] をダブルクリック
[グラデーションオーバーレイ] をダブルクリック
[レイヤースタイル] ダイアログで、[グラデーション] の [逆方向] のチェックマークを外します。
[逆方向] を無効
[逆方向] を無効
[レイヤー効果] メニューから、[サテン] をクリックして選択します。[構造] セクションの [描画モード] に [オーバーレイ] を選択して、[OK] をクリックします。
[描画モード] に [オーバーレイ]を選択
[描画モード] に [オーバーレイ] を選択
サイケな変形文字が完成しました。
サイケな変形文字が完成
サイケな変形文字が完成

スポンサード リンク