【テクスチャ】ゼロからつくる!天然コルクボード

【テクスチャ】ゼロからつくる!天然コルクボード

【Photoshop講座】温かみがある天然素材のコルクボードは、カードや小物をピンナップしたり、グラフィックデザインでは、写真やイラストをコラージュする背景画像としてよく使われています。どんな画像サイズでもたった5分で完成できる、粗い質感のコルクボードを作成しましょう。


使い勝手と品質の良さを目指そう!
コルクの写真やパターンの素材は、わざわざ自身でつくらなくても、カンタンに入手できますよね? でも、いい素材がなかなか見つからなかったり、思わぬ使用料がかかったりと、それなりに問題も多いハズ。
どんな画像サイズでもたった5分でつくれる素材があれば、そんな面倒なこととはおさらばです。使い勝手の良さと品質のクオリティを両立させるのも、デザイナーに求められる技量だったりします。

何もない状態からコルクを描く

こらから行う操作は、Photoshop の機能だけを使って、何もない状態からコルクを描く方法です。といっても、フリーハンドで描くような操作は一切ありません。ステップ・バイ・ステップ方式で、手順どおりに操作すれば、誰でも「天然コルクボード」が作成できます。
ベースカラーを設定 → 何もない状態からコルクボードを描く

ベースを作成する

[ファイル] メニューから、[新規] を選択します。[新規] ダイアログで、[幅] に「1024」pixel、[高さ] に「768」pixel、[解像度] に「72」pixel/inch、[カラーモード] に [RGB カラー] 8 bit を設定して、[OK] をクリックします。
新しいドキュメントを作成

新しいドキュメントを作成
どんなドキュメントサイズにも対応!
このレッスンは、ドキュメントサイズに関係なく作成することが可能です。たとえば、[幅 : 256 pixel]、[高さ : 256 pixel]でも、[幅 : 1600 pixel]、[高さ : 1200 pixel] でも、同じ手順で同じ結果が出ます。
[編集] メニューから、[塗りつぶし] を選択します。[塗りつぶし] ダイアログで、[内容] に [50% グレー] を選択して、[OK] をクリックします。
[50% グレー] を選択

[50% グレー] を選択
新規ドキュメントをグレーで塗りつぶすことができました。
新規ドキュメント → [50% グレー]で塗りつぶす
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】ゼロからつくる!天然コルクボード
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

粗い粒子の生成

[フィルター] メニューから、[ノイズ] → [ノイズを加える] を選択します。[ノイズを加える] ダイアログで、[グレースケールノイズ] にチェックマークを入れ、[分布方法] に [均等に分布] を選択します。[量] に「25」% を入力して、[OK] をクリックします。
[ノイズを加える] ダイアログを設定

[ノイズを加える] ダイアログを設定
分布方法の違いは?
[分布方法] の [均等に分布] と [ガウス分布] の違いは、ノイズの階調をつくり出す方法にあります。設定値の [量] に対して、一定幅に分布された比較的きれいなノイズが [均等に分布]、大から小へ分散した乱れたノイズが [ガウス分布] です。
[フィルター] メニューから、[ピクセレート] → [面を刻む] を選択して適用します。
[ノイズを加える] を適用 → [面を刻む] を適用
[面を刻む] でノイズを粗くする!
[ノイズを加える] で生成された 1 pixel 単位のノイズを、[面を刻む] の適用で、直径約 4 pixel の粗い粒子にすることができます。
続きは↓下の番号をクリック!

12345

スポンサード リンク