【ロゴ】フォントでつくる!夜を彩るネオンサイン

【ロゴ】フォントでつくる!夜を彩るネオンサイン

【Photoshop講座】ネオンサインは、チューブ状のネオン管で作られた電飾看板です。さまざまな色のネオン管を組み合わせることで、独特な文字や絵柄が表現されています。ネオンをモチーフにしたデザインフォントを発光させましょう。



ネオン管のエッジを発光させよう!
ネオン管のように、自ら発光するオブジェクトのエッジは、少し色がにじんだように見えるものです。明るさの最大値は白色なので、このにじませたエッジに色を付けることで、ネオン管のカラーが表現できます。オブジェクトを塗り分ける平面的な色付けでは、このような効果がなかなか出しにくいので、「シェイプバースト」というグラデーション機能を用います。

テキストをネオンサイン風に加工

これから行う操作は、入力したテキストをネオンサイン風に加工する方法です。レイヤースタイルに特定の設定値を入力するだけで、リアルに発光するネオン管を表現します。使用するフォントは任意で設定しますが、ネオン管をイメージしたデザインフォント、または同じ線幅の細い書体を選んでください。
画像にテキストを入力 → テキストをネオンサイン風に加工

ベースのフォントを入力する

素材画像をダウンロードして開きます。素材画像は、[幅 : 1280 pixel]、[高さ : 720 pixel] 、[解像度 : 72 pixel/inch]、[モード : RGB カラー] を使用しています。背景に敷く素材は、ネオン管の発光が強調できる暗い情景写真、または黒っぽい壁面が好ましいです。
素材画像を開く
素材画像を開く
[レイヤー] パネルで、[新規グループを作成] をクリックして、[グループ 1] を作成します。
[グループ 1] を作成
[グループ 1] を作成
[ツール] パネルで、[横書き文字ツール] を選択します。
[横書き文字ツール] を選択
[横書き文字ツール] を選択
オプションバーで、任意のフォントを設定し、[フォントサイズを設定] に「375 pt」を入力します。
[フォントサイズを設定] に「375 pt」を入力
[フォントサイズを設定] に「375 pt」を入力
任意のフォントを設定!
作例では、「Las Enter」を設定していますが、フォント環境はご使用のパソコンによって異なります。リスト表示される任意のフォントを設定してください。
[アンチエイリアスの種類を設定] に [滑らかに] を選択します。
[テキストカラーを設定] をクリックします。[カラーピッカー] ダイアログを表示し、[テキストカラー : ホワイト] を設定して、[OK] をクリックします。
アンチエイリアスとテキストカラーを設定
アンチエイリアスとテキストカラーを設定
ドキュメント内をクリックして、文字を入力します。
ドキュメント内で文字を入力
ドキュメント内で文字を入力
同じ要領で文字を入力し、新しいテキストレイヤー [Song] を作成します。
ドキュメント内で文字を入力
ドキュメント内で文字を入力
[レイヤー] パネルで、[Love]、[Song] という2つのテキストレイヤーが作成できたことを確認してください。
2つのテキストレイヤーを確認
2つのテキストレイヤーを確認
文字の間隔を空けよう!
作例では、アンダーラインで繋がったデザインフォントを使用していますが、一般的なフォントの場合、文字の間隔が少し詰まり気味になります。ネオンサインの効果は、文字の周囲に光が拡散するものなので、隣接する文字が近いとスペースが足りなくなってしまいます。あらかじめ、トラッキングなどで、文字の間隔を少し空けておくと効果的です。
カーニングとトラッキングを設定
カーニングとトラッキングを設定
文字列が欧文の場合は、[文字のカーニングを設定] に [オプティカル]、[選択した文字のトラッキングを設定] に [50] を設定しておくといいでしょう。
このレッスンの動画を配信中!
【Photoshop講座】フォントでつくる!夜を彩るネオンサイン
サムネールをクリックすると、YouTube 動画にリンクします。

文字の位置を調整して回転する

[command (Ctrl)] キーを押しながらドラッグして、文字の位置を調整します。
[command (Ctrl)] + ドラッグ → 文字の位置を調整
文字組みができたら、[レイヤー] パネルで、[グループ 1] を選択します。
[グループ 1] を選択
[グループ 1] を選択
[編集] メニューから、[変形] → [回転] を選択します。バウンディングボックスのコーナー外側を「-15.0°」までドラッグして、文字組みを少し右上りに回転し、[enter] キーを押して、変形を確定します。
[shift] + ドラッグで -15°回転
[shift] + ドラッグで -15° 回転
15°単位の回転
[shift] キーを押しながらドラッグすると、15° 単位の回転が行えます。回転ができたら、変形を確定する前にバウンディングボックスをドラッグするか、[command (Ctrl)] キーを押しながらドラッグして、文字の位置を調整しましょう。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

文字の境界線を設定する

[レイヤー] パネルで、[レイヤーを表示 / 非表示] をクリックして、テキストレイヤー [Song] を非表示にします。
テキストレイヤー [Love] を選択します。
[塗り] に「0%」を入力します。
[塗り] に「0%」を入力
[塗り] に「0%」を入力
テキストレイヤー [Song] を非表示、テキストレイヤー [Love] の [塗り] を「0%」にすることで、2つのテキストレイヤーが非表示になったことを確認してください。
2つのテキストレイヤーを非表示
2つのテキストレイヤーを非表示
[レイヤー] パネルで、[レイヤースタイルを追加] をクリックし、メニューから [境界線] を選択します。すると、[レイヤースタイル] ダイアログが表示されます。
[境界線] を選択
[境界線] を選択
[レイヤースタイル] ダイアログを表示
[レイヤースタイル] ダイアログを表示
[レイヤースタイル] ダイアログで、[構造] セクションの [位置] に [中央]、[描画モード] に [スクリーン] を選択し、[サイズ] に「48」px を入力します。
[境界線] の [構造] セクションを設定
[境界線] の [構造] セクションを設定
[塗りつぶしタイプ] に [グラデーション]、[スタイル] に [シェイプバースト] を選択し、[ディザ] にチェックマークを入れます。
[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、グラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 50%] [カラー : RGB レッド]
[位置 : 55%] [カラー : RGB イエロー]
[位置 : 60%] [カラー : パステルイエロー]
[位置 : 0%] [不透明度 : 0%]
[位置 : 60%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 85%]
文字の境界線を設定することができた
文字の境界線を設定することができた
シェイプバーストとは?
シェイプバーストとは、オブジェクトの境界線に沿った放射状のグラデーションです。放射状のグラデーションは、レイヤースタイルの [境界線]、[光彩 (内側)]、[光彩 (外側)] で設定できますが、[シェイプバースト] という名前のグラデーションスタイルは [境界線] のみで使用されています。
基本がわかる動画を配信中!
チャンネル登録をお願いします!

ドロップシャドウを加える

[レイヤースタイル] ダイアログで、[スタイル] メニューから、[ドロップシャドウ] を選択します。
[ドロップシャドウ] を選択
[ドロップシャドウ] を選択
[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト] のチェックマークを外します。
[構造] セクションの [描画モード] に [スクリーン] を選択し、[シャドウのカラーを設定] に [RGB レッド] を設定します。[不透明度] に「50」% を入力します。[距離] に「60」px、[サイズ] に「36」px を入力して、[OK] をクリックします。
[ドロップシャドウ] を設定
[ドロップシャドウ] を設定
ドロップシャドウを加えることができた
ドロップシャドウを加えることができた
ノックアウトとは?
[レイヤーがドロップシャドウをノックアウト] が有効の場合、オブジェクトと重なる部分のドロップシャドウが取り除かれます。作例の場合、オブジェクトに透明部分を含んだグラデーションが設定されているため、無効にしてドロップシャドウを表示します。

レイヤースタイルをペーストする

[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [レイヤースタイルをコピー] を選択します。[レイヤー] パネルで、[Song] を表示して選択します。
[Song] を表示・選択
[Song] を表示・選択
[レイヤー] メニューから、[レイヤースタイル] → [レイヤースタイルをペースト] を選択します。
[Song] を表示して選択 → レイヤースタイルをペースト
[レイヤー] パネルで、[効果] の [境界線] をダブルクリックして、[レイヤースタイル] ダイアログを表示します。
[境界線] をダブルクリック
[境界線] をダブルクリック
[レイヤースタイル] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックして、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
グラデーションを再編集して色を変更する
グラデーションを再編集して色を変更する
[グラデーションエディター] ダイアログで、グラデーションのカラーを変更して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログのカラーを変更
[グラデーションエディター] ダイアログのカラーを変更
【設定値】
[位置 : 50%] [カラー : RGB ブルー]
[位置 : 55%] [カラー : CMYK シアン]
[位置 : 60%] [カラー : ホワイト]
[位置 : 0%] [不透明度 : 0%]
[位置 : 60%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 85%]
[レイヤー効果] メニューから、[ドロップシャドウ] をクリックして選択します。
[ドロップシャドウ] を選択
[ドロップシャドウ] を選択
[構造] セクションの [シャドウのカラーを設定] を [RGB レッド] から [RGB ブルー] に変更して、[OK] をクリックします。
[RGB ブルー] に変更
[RGB ブルー] に変更
ネオンサインの色を変更することができた
ネオンサインの色を変更することができた
レイヤースタイル適用を効率化!
レイヤースタイルの効果は、ドキュメント内のレイヤー、他のドキュメント間でコピー&ペーストできます。コピー先に別のレイヤースタイルが設定されている場合は、ペーストするレイヤースタイルにすべて置き換えられるので注意が必要です。

周辺に色を拡散する

[レイヤー] パネルで、[背景] を選択します。
[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [グラデーション] を選択して、[グラデーション 1] を作成します。
[グラデーション 1] を作成
[グラデーション 1] を作成
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[クリックでグラデーションを編集] をクリックし、[グラデーションエディター] ダイアログを表示します。
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[クリックでグラデーションを編集] をクリック
[グラデーションエディター] ダイアログで、[RGB レッド] から [ブラック] のグラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [カラー : RGB レッド]
[位置 : 100%] [カラー : ブラック]
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログで、[スタイル] に [円形] を選択します。[角度] に「0」°を入力します。[ディザ] にチェックマークを入れます。
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを設定
ドキュメント上でドラッグし、グラデーションの位置を調整して、[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログの [OK] をクリックします。
ドキュメント上でドラッグ → グラデーションの位置を調整
効果を移動する!
[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログを表示中に、ドキュメント上でドラッグすると、グラデーションの効果が移動できます。
[レイヤー] パネルで、描画モードに [スクリーン] を選択します。
[不透明度] に「35%」を入力します。
[スクリーン] と「35%」を設定
[スクリーン] と「35%」を設定
周辺に色を拡散する [レッド] の設定ができた
周辺に色を拡散する [レッド] の設定ができた
同じ要領で、周辺に色を拡散する [ブルー] の設定を行います。[レイヤー] パネルで、[塗りつぶしまたは調整レイヤーを新規作成] をクリックし、メニューから [グラデーション] を選択して、[グラデーション 2] を作成します。
[グラデーション 2] を作成
[グラデーション 2] を作成
[グラデーションエディター] ダイアログで、[RGB ブルー] から [ブラック] のグラデーションを設定して、[OK] をクリックします。
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
[グラデーションエディター] ダイアログを設定
【設定値】
[位置 : 0%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 100%] [不透明度 : 100%]
[位置 : 0%] [カラー : RGB ブルー]
[位置 : 100%] [カラー : ブラック]
ドキュメント上でドラッグし、グラデーションの位置を調整して、[グラデーションで塗りつぶし] ダイアログの [OK] をクリックします。
ドキュメント上でドラッグ → グラデーションの位置を調整
[レイヤー] パネルで、描画モードに [スクリーン] を選択し、[不透明度] に「35%」を入力します。フォントの文字にネオンサインの効果をつけることができました。
ネオンサインの効果ができた
ネオンサインの効果ができた
ネオン管の太さが調整できる!
このレッスンの技法では、フォントの骨格を中心にシェイプバーストを設定しているため、ネオン管の太さをさらに細く調整できます。方法はカンタン。STEP 3、STEP 5 の [グラデーションエディター] で設定するカラー分岐点の位置を 100% 側へ移動するだけです。
カラー分岐点を 100% 側へ移動 → フォントの骨格を中心として細くなる

スポンサード リンク